オイルヒーターの正しい使い方!メリットやデメリットから注意点まで

あなたはオイルヒーターを持っているでしょうか?そもそもオイルヒーターの使い方を知らないがゆえに持っている家庭は少ないかもしれませんが、使い方によっては暖房やこたつよりも便利になることを知っていますでしょうか?今回はオイルヒーターの使い方やメリット、デメリット、注意点について紹介していきます。

オイルヒーターの原理

複数の人がオイルヒーターで温まっている

オイルヒーターが温まる原理として密閉された容器に入ったオイルが電気によって温められます。温められた熱が放熱され、部屋を暖める仕組みです。特徴として空気を循環させて温める暖房とは違い、オイルヒーターは音がすることがほどんどありません。

また、オイルヒーターはストーブやヒーターのように一酸化炭素や二酸化炭素も放出しません。そして、触ってもやけどする心配がないため安全に使うことができます。オイルヒーターが静音性と安全性を兼ね備えている秘密は表面に多数の放熱フィンが取り付けられていることです。

放熱フィンが温められることにより熱エネルギーが空気に伝わる構造であるため、暖房のような風を送るための音やストーブのように火傷するくらい温度が高くなることがありません。

オイルヒーターのメリット

リビングにおいてあるオイルヒーター

オイルヒーターはオイルに電気エネルギーを加えることで空間を温めることは理解できましたのでオイルヒーターにはどのようなメリットがあるか紹介していきます。

メンテナンスが不必要

オイルヒーターはストーブのように燃料を加えたり交換作業が必要ないため、火事になる心配はほとんどありません。そのため、長期的に使われる場合、経済的にも安く済みます。

安全性抜群の暖房器具

燃料を使わないためオイルヒーターの表面温度は触っても火傷しないくらいの暖かさとなっている。万が一、お子さんやペットがオイルヒーターを触ったとしてもケガしませんので安全です。

オイルヒーターのデメリット

オイルヒーターで温まるのを待っている女性

メンテナンスが簡単で安全性抜群のオイルヒーターですが、もちろんデメリットも存在しますので解決策とともに紹介していきます。

電気代がかかる

オイルヒーターは暖房やストーブと比べて部屋を暖めるのに時間がかかるため電気代が高くなる傾向にあります。解決策として暖房を使う際に短時間で温め、オイルヒーターで暖かさを持続させることで電気代を削減することができます。

換気で効果が落ちる

空気を換気することで温度が下がり、オイルヒーターは温めるのに時間がかかってしまいます。
解決策として扉を開けたらすぐに閉めるなど暖かい空気が逃げないようにすることが大切です。

オイルヒーターの使い方

オイルヒーターによりかかっている女の子

オイルヒーターはフィンからの熱エネルギーによって温めることができますが、一体どのような場面が有効的なのかオイルヒーターの使い方を紹介していきます。

密閉された室内と相性抜群

オイルヒーターは寝室で寝るときに使うのがおすすめです。寝室で寝るときは窓やドアを閉めるため密閉された状態になります。これにより、暖かい空気が逃げないうえに音がしないため部屋を暖かくしつつ静かに寝ることができます。さらに、狭い部屋で使うとより効果を発揮します。

隙間風を利用する

よく扉を閉めていたとしても隙間風が入ることによって扉付近だけ寒くなることはありますが、そんな時にオイルーヒーターを使うことによって解決できます。オイルヒーターを扉付近に設置することで隙間風が温められ、部屋中の空気が循環して温めることができます。

オイルヒーターを利用する際の注意点

靴下とオイルヒータ

便利なオイルヒーターですが、使う際に気を付けなければならないこともありますので使う際の注意点についてお話していきます。

直接物を乾かさない

オイルヒーターの放射熱を使って衣類や布団など乾燥させるために使いたいと思った方はいるとは思いますが、衣類や布団の傷みの原因となりますのでやめましょう。

壁や電源コンセントに近づけない

壁や電源コンセントに近づけることによりコードが変質してしまったり壁が燃えて火事の原因になる可能性がありますので注意が必要です。オイルヒーターから20cm以内には物を置かないようにすることで快適に使うことができます。

逆さまや横向きで使用しない

逆さまや横向きに置くことで床とオイルヒーターの表面が密着することとなり、火事の床の変形や火事の原因となります。指定された置き方にして正しい使い方にしていきましょう。

まとめ

オイルヒーター

オイルヒーターの使い方や利便性について説明してきましたがご理解いただけましたでしょうか?
暖房やストーブは簡単に温めることはできますが、使う環境を整えることでオイルヒーターは安全で身体にも害がなく部屋を暖めることができます。

ぜひ、これを機にご購入を検討してみてはいかがでしょうか。オイルヒーターを使うことで部屋が快適になり、心も暖かくなることでしょう。

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる