縮んだセーターを元に戻す方法!身近なもので直す裏ワザ

ほかの洗濯物と一緒に誤ってセーターを洗ってしまい、縮んでしまい、どう対処していいかわからないままにした人にぴったりの記事。カシミヤやウールといった天然素材のほか綿や麻など素材ごとにどう対処するのかをわかりやすくご紹介。リンスやコンディショナーなど身近にあるものを使って縮んだセーターを蘇らせます。

縮んだセーターを戻す方法

縮んだセーターを着た女性

セーターをうっかり普通の洗濯物と一緒に洗ってしまい、セーターが縮んでしまったという経験をした方は多いのではないでしょうか。特に気に入っているセーターだとなかなか諦めがつかないですよね。

実は縮んだセーターは元に戻すことができる場合があります。素材によってやり方が変わってきますが、ダメ元で是非トライしてみましょう。それでは、縮んだセーターを元に戻す方法を詳しく説明していきます。

カシミヤやウールといった天然素材の場合

カシミヤのセーター

縮んだセーターの素材がカシミヤやウールなどの動物性の天然素材の場合は、髪の毛に使うリンスやヘアトリートメント(コンディショナー)が有効です。

このとき、選ぶのはシリコン入りのリンスやトリートメントにするのが大切なポイントです。さらにアモジメチコン(ジメチコン)成分が含まれているものに限られる点も注意しましょう。ジメチコンをポリマー状にした物がアモジメチコンですから、表記がどちらでも効果は変わりません。

リンスやヘアトリートメントで戻す手順

リンスとトリートメント

トリートメントは水に溶けにくいため、洗面器や洗面台にお湯を張ってトリートメントを適量溶かしてから水を加えて十分な量を溜めましょう。そして、そこに縮んだセーターを30分ほどつけ置きします。

軽く脱水してから干していきますが、干すときに少し工夫が必要です。元に戻したいサイズまで引っ張って干す必要があるため、ダンボールなどで戻したい大きさの型を作り、それに着せこんで洗濯ピンなどで固定してから干すようにしましょう。

腕の部分も戻りにくいので同様に型を作り、はめ込んで固定して乾かします。ただし袖口や襟口、裾のゴム編み部分は少し細くして、伸びすぎないように気をつけましょう。

ニット類は乾燥後にも1cmほど縮むことから、ダンボールの型は理想の形よりやや大きめに作るのがコツです。また、ダンボールが汚れているとセーターも汚れてしまいますから、あらかじめきれいに拭いておきましょう。

セーターを干すときに固定する洗濯ピンも小さな面のものではなく、できるだけ大きな面のものがおすすめです。洗濯用ではなくても、面の大きなクリップがあればぜひ活用してみましょう。

クリップ以外にも、スラックスやスカートをはさんで吊るすような大きな面の洗濯ハンガーを使ってセーターをダンボールに留めると、ピンで一部分だけヨレたり伸びたりしてしまうのを防ぐことができます。

このようなハンガーをセーターの裾部分に下から上に向けて留めるのに使えば、下を向いたハンガーのかけ口にかごや袋をかけて中に物を入れて重しとして使うことができます。

こうすることでセーターを縦方向に伸ばすこともできるようになり、元の大きさにより戻しやすくなるでしょう。

天然素材が縮んでしまう原因
そもそも天然素材のセーターが縮んでしまうのは、水に濡れると毛の表面のスケールと呼ばれるうろこが開いてしまい、さらに動かすことで縮んでしまうために起こります。

したがって、元の大きさに戻すためには縮んでしまった毛の表面の毛羽立ちが絡まっているのをほぐし、スケールを開いてから伸ばした状態でまた固定する必要があるのです。

このように絡んで縮んでしまったセーターの繊維をほぐすのに必要なのが、先に紹介したリンスやトリートメントなのです。

綿や麻、レーヨンやアクリルの場合

アクリル素材のセーター

綿や麻などの植物性の天然素材やレーヨンやアクリルなどの合成素材の場合は、アイロンを使って元の形に戻すことができます。

アイロンで縮みを戻す手順

脱水したセーターが9割ほど乾いた状態になったら、アイロンをかけていきましょう。

セーターをアイロン台に乗せて片方をアイロン台にクリップなどで固定したら、もう片方を少しずつしっかりと伸ばしながらゆっくりとスチームアイロンを1cmほど浮かせて当てていきます。

一気に伸ばすことはせず、少しずつ伸ばしながらアイロンを当てるというのを繰り返し、範囲を広げていくイメージで進めていきます。伸ばしたセーターをスチームで固定するようにかけていきましょう。

縦に横にと少しずつ根気よく伸ばしていかなければいけないので、大変な作業になります。きっちりと元通りに戻すのではなく、もう一度着られる大きさにしようというくらいの気持ちで気長にかけていきましょう。

柔軟剤で縮みを戻す手順

柔軟剤と洗濯機

綿や麻は洗濯の仕上げに使う柔軟剤を使ってみると、元の大きさまで伸びやすくなる可能性が高まります。

カシミヤやウールにトリートメント剤を含ませる時と同じ様に下処理を行います。洗面器や洗面台に柔軟剤を溶かしこんだ水を張り、綿や麻の素材のセーターをつけながら少しずつ引っ張って伸ばします。

全体を伸ばして形を整え終わったら軽く脱水し、少し大きめのダンボールの型にセーターをはめ込んでから日陰で乾かします。9割ほど乾いたところで浮かしたスチームアイロンをかけていくと元の大きさに戻ることが多いため、試してみる価値はあるでしょう。

スチーム機能がアイロンについていない場合は霧吹きをかけたり、完全に乾ききらないうちにアイロンをかけたりするのも有効です。アイロンを当てる時にはやけどに気をつけながらあて布をし、生地を傷めないようにしましょう。

動物性の天然繊維と合成繊維の混紡の場合

セーターを洗剤で洗う

100%動物性の天然繊維や合成繊維であるときは迷いませんが、ウール20%、アクリル80%などと表記がある場合はどうしたらいいのでしょうか。

素材を見て適切な処理をしよう

混紡素材の場合、なんとなく占める割合の高い素材を伸ばす方法を取りたい気持ちになるかもしれませんが、こういう時はデリケートな素材に合わせた方法を優先させましょう。ですからこの場合は、動物性の天然繊維に合わせて試してみるのがおすすめです。

動物性の天然素材にアイロンがけをするのはリスクがありますので、繊細な扱いを必要とするウールに合ったやり方で伸ばしてみる方法が安心です。それで100%動物性の天然素材と同じ効果が出るかはやってみないと分からない所ですが、うまくいく可能性はゼロではありませんので気を付けながらやってみましょう。

セーターを縮ませない仕組みが大事

セーターを着てOKサインを出す女性

このように洗濯によって縮んだセーターを元に近い大きさまで戻す方法は素材別にあることが分かりました。しかし、何といっても一番良いのは大切なセーターを初めから縮ませないように気を付けることです。

これらの方法を試しても以前と同じ大きさや風合いに完全に戻すことができるわけではありませんので、セーターを着る季節には洗濯時に他の洗濯物と同じに洗ってしまわないように十分気をつけましょう。

最近のおしゃれ着洗い用の洗濯洗剤はとても高性能なので、こういったおしゃれ着用の洗剤を使って手洗いコースで適正に洗うようにさえすれば、セーター類の風合いを損ねることはほとんどありません。

ですから脱衣時にはニット類は他の洗濯物と別に置いておくように習慣づけておくのが、一番失敗のない予防法と言えるでしょう。当然ながら、一度縮んだセーターはおしゃれ着用洗剤を使っても元に戻すことは不可能です。お気に入りを長く着続けるためにも、洗濯する際には気を付けましょう。

まとめ

縮んだセーター

リンスやコンディショナーを使って縮んだカシミヤやウールのセーターを戻す方法やアイロンを使って綿や麻、合成繊維のセーターを元通りの大きさにする方法は、うっかり洗濯機で洗ってしまった時の応急処置的な対応ではありますが、覚えておくと安心です。大切なセーターを縮ませてしまった時には、これらの方法を思い出してぜひ試してみてください。

縮んだセーター

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる