消費期限切れの化粧品を使うとどうなる?捨て時の見極め方

72869536

化粧品には消費期限があることを知っていますか?消費期限をすぎたまま使い続けていると肌あれなどのトラブルを引き起こすことも。この記事では化粧品の劣化サインを紹介します。

消費期限が過ぎた化粧品がまねくトラブル

206161192

肌に直接つける化粧品は、消費期限を過ぎると含まれている油脂が古くなって酸化してしまいます。その結果、肌を刺激して毛穴の開きやシワなど肌老化を促進させる原因になる場合があるのです。

化粧品の消費期限と劣化のサイン

168031780

化粧品には種類別に消費期限があることをご存知ですか?

ここからは種類別に消費期限と劣化したサインを紹介します。該当する項目がある場合は十分に注意しましょう。

化粧水や乳液

毎日使う化粧水や乳液などのスキンケアは、開封してから4~6カ月で使い切ることを前提に作られていますので、この期間を目安に使いきるのがベストです。また変色やイヤなにおいがした場合は劣化のサインです。

ファンデーション

ファンデーションは開封してから約6カ月ほどが消費期限とされています。また、パウダータイプが劣化すると表面が皮脂で固まってしまい、リキッドタイプは分離状態になります。ファンデーションがこのような状態になっていたら、消費期限内でも使用はひかえたほうがいいでしょう。

アイシャドウやチーク

アイシャドウやチークはなかなか減ることもないので、長い期間使っている人も多いのではないでしょうか。

パウダータイプの場合は12年、ジェルタイプは1年ほどが消費期限の目安です。発色が悪くなるのが劣化のサインです。しばらく買い替えていない方は一度チェックしてみましょう。

リップグロスや口紅

リップグロスや口紅は、皮が薄くとても繊細なくちびるに使用するものなので、消費期限が過ぎたものを塗ると荒れの原因になることも。

リップグロスや口紅の消費期限は約1年ほどです。変なにおいがする場合は劣化のサインなので使用するのをやめましょう。

未開封の化粧品にも寿命がある!

408443169

「未開封であれば消費期限は気にしなくてもいいの?」と疑問に思う人もいるでしょう。実は未開封の化粧品にも消費期限があるのです。

未開封の場合は3年ほどが目安ですが、保存状態が悪いと使えない場合もあります。悪臭や変色していないかなどよく確認しましょう。

消費期限が過ぎた化粧品は処分しよう!

95225062

せっかく購入した化粧品を大事に保管して捨てるのがもったいないと思っている方も多いでしょう。しかし消費期限が過ぎた化粧品を使い続けると肌トラブルを引き起こすこともあるのです。

消費期限が大幅に過ぎていたり劣化サインがある場合は、思い切って処分することをおすすめします。

この記事のタイトルとURLをコピーする
72869536

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる