セーターが傷んでしまう『絶対NG行為』5選!寿命を縮めている間違い行動とは?

よれよれになったセーター

冬になると大活躍するセーターですが、そのお手入れ方法が難しいことは広く知れ渡っています。しかし、「面倒だから」と間違った行為をしていませんか。今回は、セーターが傷んでしまう絶対NG行為を解説します。当てはまる行為を行っている方は、すぐに改善してください。

冬に大活躍するセーターは何かとお手入れが大変

白とピンクのセーター

冬のおしゃれ着の中でも、セーターは男女共に人気ですよね。防寒対策にもなりますし、デザインのバリエーションが多いので、いろんなボトムスに合わせやすいという点もメリットです。

しかし、多くの人がご存知の通り、セーターは何かとお手入れが大変な洋服です。間違ったお手入れ方法をしてしまうと、セーターが伸びたり縮んだり、あるいは穴を開けてしまったりと、最初に購入した時とは別物になってしまうことも…。

「せっかくお気に入りのセーターだったのに」と残念な思いをする前に、セーターの正しいお手入れ方法と間違ったお手入れ方法を知っておくべきです。

セーターが傷んでしまう絶対NG行為5選

茶色のセーター

セーターはお手入れが大変ですが、間違ったお手入れをしていると、早々に傷めてしまう恐れがあります。ここではセーターが傷んでしまう絶対NG行為を紹介するので、今一度、セーターにしてはいけない扱い方をおさらいしましょう。

1.セーターをハンガーにかけっぱなしにする

ハンガーにかかっているセーター

最近では、すべての洋服をハンガーにかけて収納する人が増えてきました。セーターもハンガーにかけて収納している人がいますが、セーターの場合、ハンガーにかけっぱなしにしていると、重力に逆らえず伸びてしまう恐れがあります。

また、洗濯後に干す際も、他の洋服を同じようにハンガーにかけて干してしまうと、水分を吸収しているため、余計に伸びやすくなってしまいます。

セーターは基本的にハンガーにかけず畳んで収納するようにし、洗濯後は水分を吸収しているため、平になるように干してください。最近では、平に置いて干せる洗濯ネットハンガーも販売されているので、セーターの数が多いご家庭では、購入を検討してみても良いでしょう。

2.ブラッシングせずに電動毛玉取りで毛玉を取る

毛玉取りきと毛玉の付いたセーター

セーターは毛玉ができやすいですよね。最近では、簡単に毛玉を除去できる電動毛玉取り機も販売されていますが、基本的にセーターは相性が悪いです。セーターの毛玉はハサミでカットして取り除くようにしてください。

時間がないから電動毛玉取り気を使いたいという場合は、毛玉を取る前に必ずブラッシングをし、毛玉を少し浮かせてから取り除きましょう。そのままセーターに毛玉取り機を当ててしまうと、セーターを傷める原因となります。

3.洗濯機不可のセーターを洗濯機で洗う

ここからは重要な洗濯におけるNG行為です。まずはセーターの洗濯表示を確認し、洗濯機不可のセーターの場合は、絶対に洗濯機で洗わないようにしてください。洗濯機不可となっているセーターは、洗濯機の水圧などに耐えられないからです。

洗濯機不可のセーターを洗濯機で洗ってしまうと、伸びたり縮んだりしてしまうだけでなく、穴が開いたり、型崩れを引き起こす可能性が非常に高いです。必ず手洗いで対応しましょう。

4.ネットに入れず洗濯機で洗う

洗濯機から取り出したセーター

洗濯機可のセーターでも、必ずネットに入れて洗濯機で洗ってください。この時、他の洋服を同じネットに入れないようにしましょう。

ネットに入れずに洗濯機で洗ってしまうと、他の洋服のチャックや装飾品が引っかかり、破れたりほつれたりする原因となります。また、セーターによっては色移りしてしまう恐れがあり、綺麗なセーターが着られなくなってしまいます。

5.洗濯機の標準コースで洗濯する

セーターは繊細な洋服です。そのため、洗濯機で洗う場合は、標準コースではなく、おしゃれ着コースなどの優しく洗えるコースを選択してください。

標準コースで洗い続けていると、徐々にサイズが変わってしまったり、セーターの強度が弱くなり、いずれ穴が開いてしまう恐れがあります。また、型崩れや感触が硬くなってしまう恐れもあるので、必ずセーターに合ったコースを選びましょう。

セーターの正しいお手入れ方法は?洗濯機の機能もチェックして

洗濯ネットに入れたセーター

最後に、セーターの正しいお手入れ方法を解説します。ここでは洗濯機で洗えるセーターの洗濯ポイントから、干し方までを解説していきます。

  1. セーターにシミなどの目立つ汚れがある場合は、あらかじめ洗剤を直接塗り込んでおく
  2. セーターを裏返した状態で畳んで、ネットの中に入れる
  3. 洗濯機に入れ、セーターに合った洗濯コース(『おしゃれ着洗い』『手洗いコース』など)を選択
  4. 脱水に入ったら、1分ほど経過した時点で停止して取り出す
  5. 洗濯が終わったら、ハンガーを2つ使い、平になるように干す

洗濯機でセーター洗う場合、以上が洗濯の手順となります。洗剤は通常の洗剤ではなく、おしゃれ着専用の洗剤を使うことで、より傷みを軽減することができます。

また、洗濯する前に、洗濯機に優しく洗えるコースが搭載されているかどうかのチェックも大切です。もしも洗濯機がわに機能が搭載されていない場合は、洗濯機で洗えるセーターであっても、洗濯機での洗濯は控えてください。

繊細なセーターは正しい方法で洗濯・お手入れを

畳んで積み重ねたセーター

いかがでしたでしょうか。セーターはとても繊細な素材で作られているため、間違ったお手入れ方法を続けていると、すぐに着られなくなってしまいます。今回紹介したNG行為に気をつけ、正しい方法で洗濯・お手入れを行いましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
よれよれになったセーター

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる