妊娠中はNG?おなかの中の赤ちゃんに悪影響な食べ物・飲み物6選

56690628

妊娠中の食事はおなかの中の赤ちゃんに影響を与えることがあるので、食べ物や飲み物の選び方には注意が必要です。この記事では妊娠中に摂ってはいけない食べ物・飲み物を紹介します。

妊娠中に絶対NGな食べ物・飲み物3選

189680517

妊娠中に絶対に食べたり飲んだりしてはいけないものをまとめました。その理由もしっかり知っておきましょう。

生もの

生肉やナチュラルチーズにはリステリア菌が含まれており、赤ちゃんに影響を与えてしまうため、妊娠中に食べるのはNGです。また生卵や刺身、魚卵も食中毒の危険性が高いため避けたほうが無難です。妊娠中は完全に火を通してから食べるようにしましょう。

アルコール

アルコールはおなかの中の赤ちゃんの成長や発達に影響を与える可能性があります。妊娠中はなるべくお酒は飲まないようにしましょう。

栄養ドリンク

栄養ドリンクの中にはアルコールやカフェインが含まれている場合があります。種類にもよりますが、妊娠中は飲むのを控えましょう。

妊娠中に控えたい食べ物・飲み物3選

251666681

妊娠中になるべく食べたり飲んだりするのを控えたい食べ物や飲み物をまとめました。

辛い食べ物

基本的に食べても大丈夫ですが、胃に負担がかかるほど辛い食べ物は妊婦さんの体調に影響します。食べ過ぎは厳禁です。ほどほどにしましょう。

塩分や油分が多い食べ物

カップラーメンなどのインスタント食品やスナック菓子は、食べ過ぎると血圧が上がりやすくなったり体重増加につながるため、妊娠中の体に大きな負担をかける可能性があります。塩分の摂りすぎはむくみの原因にもなるので食べ過ぎには注意しましょう。

カフェイン

コーヒーに含まれるカフェインは、おなかの中の赤ちゃんの発育を妨げる可能性があります。飲むのであれば1~2杯程度が理想です。カフェインを気にせず飲みたいのであればカフェインレスコーヒーなどがおすすめです。

またコーラや紅茶、日本茶やウーロン茶にもカフェインが含まれています。コーヒーに比べるとやや少ないので、1日3~4杯程度までなら飲んでも大丈夫ですが、妊娠中の飲み過ぎには注意しましょう。

妊娠中の食事には最大限気を使いましょう

274892898

妊娠中に食べたり飲んだりするものは、おなかの中の赤ちゃんの成長に大きく影響します。
もちろん、お母さん自身の体に負担がかかるものも多いので食べ過ぎ飲み過ぎに気をつけて、健やかなマタニティライフを送りましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
56690628

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる