園児のママ友を困惑させるかも?バレンタインチョコを渡すときの注意点

99386871

2月14日は大好きな人にチョコレートを贈るバレンタインデー。この日は園児にとっても特別な日なのです。なかには「手作りチョコを友達に渡したい!」と考える子もいます。ただし間違った渡し方をすると相手のママを困惑させることも。この記事ではバレンタインチョコを渡すときの注意点について解説します。

園児のバレンタイン事情とは

189686204

初めてバレンタインチョコを渡す場合、わからないことも多いはずです。まずは園児のバレンタイン事情をチェックしましょう。

男女問わず渡すのが一般的

大人の場合、バレンタインは女性から好きな男性にチョコを渡すのが一般的です。

しかし、園児の場合は仲の良い友達であれば男女関係なくチョコを渡す傾向があります。チョコを渡す人数は25人程度が多いようです。

定番の渡し方はあるの?

お菓子を持参することを禁止する幼稚園や保育園も少なくないので基本的に園内でチョコを渡すことはできません。

そのため相手の家まで行って渡したり、ママ同士が連絡を取り合いどこかに集合したりして渡すのが定番のようです。

バレンタインチョコを渡すときの注意点

134141518

それではバレンタインチョコを渡すときの注意点を紹介します。配慮に欠ける行動で相手のママを困らせることもあるので注意しましょう。

事前に相手の親へ打診するのがベスト

園児たちは「サプライズで渡したい」と考える子も多いようですが、ママ同士は事前に話をしておくのが望ましいです。

子どもによってはアレルギーがある場合もあります。何か問題が起きてからでは遅いのであらかじめ確認しておきましょう。

「お返しは不要」と伝えておく

園児の場合は幼稚園や保育園でママ同士が顔を合わせることもあるため「チョコを貰ったから何かお返ししないと」と考えるママもいます。

相手に負担をかけないためにもチョコを渡すときは「お返しは不要なので」と一声かけることが大切です。

値段が高すぎるものはさける

バレンタインに渡すチョコは値段が高すぎるものはさけましょう。渡すときにお返しは不要と伝えたとしても相手は負担に感じてしまいます。

園児におけるバレンタインチョコの予算は、1人あたり500円以下が相場です。この金額を大きく超えるものは控えたほうがよいでしょう。

園児ママに負担をかけないように配慮しよう!

201695638

子どもがバレンタインデーを認識すると、友達にチョコを渡したいと考える子も少なくありません。ただし、良かれと思って渡したチョコが相手のママを困らせてしまうこともあります。

ママ同士で連絡を取り合ったり「お返しは不要です」と一声かけたり、相手に負担をかけないように配慮することが大切です。

99386871

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる