ダイニングテーブルの寿命が縮まる『NG行為』5選

テーブルを拭き掃除しているところ

ファミリー世帯のリビングで多く見られるダイニングテーブルは、みんなで食卓を囲み、一家団欒する大切な場所です。そんなダイニングテーブルは、扱い方によって寿命が縮まってしまうことをご存知でしょうか。今回は、ダイニングテーブルの寿命が縮まるNG行為を解説します。

家族で食卓を囲むダイニングテーブルはリビングの定番家具

食事の準備がされたリビングダイニングの様子

ファミリー世帯のリビングには、ダイニングテーブルを設置しているというご家庭が多いですよね。家族全員で食卓を囲むダイニングテーブルは、思い出が多くあるため、耐久性の高い高級なダイニングテーブルであれば、一生使い続ける人も少なくありません。

しかし、一般的にダイニングテーブルの寿命は、約5~10年と言われています。ダイニングテーブルと言っても、素材やデザインは幅広いので、平均寿命の幅も広くなっています。

こんなサインが出たら寿命かも…買い替えを検討して

リビングダイニングルームの食卓の様子

では、ダイニングテーブルの寿命を判断するためには、どのような点を見るべきなのでしょうか。以下のようなサインが現れたら、寿命が来ている可能性が高いので、買い替えを検討しましょう。

  • 塗装が剥がれている
  • 脚の部分がぐらつき始める
  • 留め具が緩くなってきている
  • 家族が増えてダイニングテーブルが狭く感じる
  • 引っ越し先の家にサイズが合っていない

このように、ダイニングテーブルの異変はもちろん、家族で使うダイイングテーブルは、家庭環境の変化によって寿命が訪れることもあります。無理に合わないサイズのダイニングテーブルを使い続けていると、快適に食卓を囲めなくなってしまうので、思い切って買い替えを検討しましょう。

ダイニングテーブルの寿命が縮まるNG行為5選

天然木のダイニングテーブル

ダイニングテーブルは、素材やデザインによって寿命に幅があります。しかし、どのダイニングテーブルも、正しく安全に、そして丁寧に使ってあげなければ、買い換え時が早まってしまうのです。ここでは、ダイニングテーブルの寿命が縮まるNG行為を紹介します。

1.食事の汚れを拭き取らずそのまま放置する

食事で服を汚す小さな女の子

ダイニングテーブルは、主に家族で食事をする場所です。そのため、どうしてもダイニングテーブルには食事汚れが付着しがちです。特に、小さなお子様がいるご家庭は、お子様が遊び食べをしたりこぼしたりしてしまう頻度が高いため、汚れやすいですよね。

しかし、その食事汚れを拭き取らずにそのまま放置していると、汚れがダイニングテーブルにこびりついてしまったり、木材のダイニングテーブルであれば染み込んでしまい、落とせなくなってしまいます。

食事汚れをそのままにしていると、そこから雑菌が繁殖する原因にもなるため、衛生的にも良くありません。食事汚れは放置せず、食後はきちんとダイニングテーブルを拭く習慣を付けましょう。

2.頻繁に強い衝撃を加えてしまう

ダイニングテーブルにぶつかったり、物を当ててしまったりと、衝撃を加えることで、ダイニングテーブルの耐久性が衰える原因となります。

こちらも年齢の低いお子様がいるご家庭の場合は、ボールやおもちゃをぶつけたり、飛び乗ったりと、さまざまな衝撃を加える事態が頻繁にあるでしょう。

このように衝撃を頻繁に加えてしまうと、ダイニングテーブルへの負荷が大きくなってしまい、徐々に脚部分からがたつくようになります。さらに、天板部分も傷が目立つようになり、傷に汚れが挟まってしまうこともあります。

ダイニングテーブルには、なるべく衝撃を加えないよう大人はもちろん、お子様にも日頃から注意しておきましょう。

3.シールを貼ったり落書きをしてしまう

木目の上に置かれたクレヨン

お子様がいるご家庭では、何かとダイニングテーブルにイタズラをしがちですよね。シールを貼ってみたり、落書きをしてみたりするお子様はとても多いです。

好奇心旺盛なことは良いことですが、ダイニングテーブルを汚してしまうという点においては、寿命を縮める原因となるので、できるだけいたずらをしないように注意するべきでしょう。

まだ注意してもわからない年頃であれば、ダイニングテーブルに透明なテーブルクロスをしく手段もあります。そうすることで、衝撃から天板を守ることもできますし、いたずらされる心配もなくなります。

4.一箇所に集中して負荷をかけてしまう

ダイニングテーブルの一方にだけ身を乗り出し、重心をずらしてしまったり、ダイニングテーブルの一箇所に物を多く乗せ、集中して負荷をかけてしまう行為も、ダイニングテーブルのバランスを悪くさせる原因となります。

一方にのみ負荷をかけてしまうと、その負荷に耐えることができず、テーブルの脚からぐらつき始めます。置物も軽い物であれば問題ありませんが、重量のある物を一箇所にまとめておいていると、バランスが偏ってしまうので控えましょう。

5.埃が被っている箇所を拭かずに放置する

ダイニングテーブルを隅々まで掃除していますか。天板の裏や脚などを確認してみると、意外と埃が溜まっていることがあります。溜まっている埃を放置していると、湿気と混ざり合い、カビを発生する恐れがあります。

一度カビが生えてしまうと、ダイニングテーブルとして使うことに気が引けてしまいますし、そこから脆くなっていくこともあります。埃は放置せず、濡れ武器した後に乾拭きして対処しましょう。

ダイニングテーブルは負荷をかけずケアをして寿命を延ばそう

テーブルを拭き掃除しているところ

いかがでしたでしょうか。ダイニングテーブルは、日頃から負荷をかけたり、こまめにケアをしていないことが原因で寿命を縮めてしまいます。衝撃を加えたりせず、きれいを保つことを心掛けましょう。定期的にメンテナンスしてもらうことも大切ですよ。

テーブルを拭き掃除しているところ

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる