帽子の色褪せを直す方法!自分でできるやり方と色褪せ防止対策

2つの黒い帽子

黒や紺色の帽子が色褪せして薄茶色に変色してしまった…そうなると被るのが嫌になり捨てていませんか?でも、色褪せした帽子を復活させる方法があるんです!今回は帽子の色褪せを元に戻す方法、帽子の洗い方、色褪せの原因と色褪せを防止する方法などを説明します。お気入りの帽子を復活させたい方はぜひ読んでくださいね。

帽子の色褪せは修正できる?

紺の帽子

お気に入りの帽子が色褪せしてがっかり…なんとか元に戻せないか?と悩んでる方に、色褪せした帽子を復活させる方法を説明します。

色褪せした帽子を復活させる方法として、「染め直しをする方法」を説明します。色褪せした帽子は、自宅で染料スプレーを使って染め直しすることができます。

流れとしては

  • 【ステップ1】帽子を洗う:帽子の染め直しをする前に帽子に付いた汚れを落とします。
  • 【ステップ2】帽子を染め直す:帽子の色褪せを染め直します。
    ※今回は「染めQスプレー」を使って染めます。

ステップ1:帽子を洗う方法

洗濯機で帽子を洗うと形崩れしたり、帽子に負荷がかかり傷んでしまいますので、優しく手洗いします。

準備するもの

  • 中性洗剤
  • 洗面器
  • 歯ブラシ
  • タオル(大きめ)
  • ザル(無くてもOK。帽子を被せるサイズがあれば用意)

帽子を洗う手順

  1. 洗濯液を作る
    器にぬるま湯を入れ、中性洗剤を適量混ぜます。
  2. 押し洗いする
    洗面器に入れたぬるま湯に、帽子を浸して優しく押し洗いします。
  3. 歯ブラシを使う
    汚れがこびりついている部分は歯ブラシで優しくこすって汚れを落とします。
  4. すすぐ
    器の洗濯液を捨て、洗剤が落ちるまで水を取替えながらしっかりすすぎます。
  5. 水分を取る
    タオルで帽子を包んで水分をしっかり吸い取ります。
  6. 干す
    帽子を風通しの良い日陰に干し、しっかり乾燥させます。

これで帽子の洗濯は完了です。

ステップ2:色褪せした帽子を染め直す方法

今回は「染めQスプレー」というものを使った染め直しの方法を説明します。

染めQスプレーの特徴

色褪せしたものを再度染め直すことができるカラースプレーです。

普通のカラースプレーは塗料の粒子も大きく、ティッシュに噴射した場合はティッシュが溶けてしまいますが、それとは違い染めQスプレーの粒子はナノ単位でとても小さくティッシュに噴射しても溶けることなく塗料をつけることができます。

用途も色々あり革製品やゴム製品やTシャツなどの衣類まで使用できます。

染めQエアゾール ブラック 264ML

準備するもの

  • 染めQスプレー(カラースプレー)
  • 新聞紙やマットなどの敷き物
  • マスキングテープまたはガムテープなど

帽子を染め直す手順

  1. マスキングテープを貼る
    帽子のロゴなど染めたくない部分に、マスキングテープまたはガムテープを貼ります。
  2. 新聞紙を敷く
    屋外に新聞紙やマット、またはダンボールを敷きます。これはカラースプレーが地面に付かないためです。
  3. スプレーする
    帽子から約15cm位離して、帽子全体にまんべんなくスプレーをします。
  4. 染めムラを確認する
    染めムラなどがないように、確認しながら数回スプレーします。
  5. 乾燥させる
    染めた帽子を風通しの良い場所で乾燥させます。

色褪せていた帽子がムラなく染まっていれば完了です。

《 ポイント 》

  • 帽子の染め直しをする前に帽子に付いた汚れを落とす。
  • 帽子は洗濯機ではなく手洗いする。
  • 帽子の染め直しは染めQでスプレーするのがおすすめ。

帽子が色褪せる原因と防止方法

帽子をかぶって自転車に乗る女性

帽子が色褪せる原因

紫外線

紫外線で帽子が色褪せするのは、繊維に紫外線があたることでおこる化学変化です。帽子に含まれる染料は紫外線に弱く、日差しにあたることで、変色したり色褪せをしてしまいます。

汗ジミ

帽子の中でムレて出た頭皮の汗には、皮脂、垢、水分などが含まれています。

その汚れた汗が帽子に吸収され酸化し、汗ジミとなり色褪せの原因になります。酸化した汚れは雑菌を繁殖させ、生地の染料を変色させます。

たとえば、黒い帽子が薄茶色に色褪せしたことはありませんか?その箇所が、汚れた汗が酸化した部分です。

汚れの蓄積

普段帽子をかぶっていると当然ホコリや砂や外気中の汚れなどが積み重なります。

また、帽子を雨に濡れたままにしておくと、雨に含まれていたホコリや砂などの汚れが生地に浸透して色褪せてしまう原因になります。

帽子の色褪せを防止する方法

紫外線防止

UVカットのスプレーを帽子の表裏に吹きかけてコーティングしましょう。紫外線での帽子の色褪せを防止することができます。

防水スプレー

防水スプレーを帽子の裏表に吹きかけてコーティングしましょう。汗や雨などの水分や、汚れやホコリを防止することができます。

UVカットスプレーや防水スプレーは布用があります。

リシャン 大容量UVスプレー フルーティーフローラル 250g
スリーエム(3M) 防水スプレー 防水 UVカット 衣類 布製品用 300ml スコッチガード SG-V300i

《 ポイント 》

  • 普段帽子をかぶっているとホコリや砂や外気などで帽子が汚れる。
  • 帽子に含まれる染料は紫外線に弱く色褪せする。
  • 帽子を雨に濡れたままにしておくと色褪せする。
  • 帽子は人の頭皮や皮脂などで汗ジミや色褪せする。

帽子の色褪せを修正するときのコツ

白と黒の帽子

塗り残しが無いようにする

カラースプレーを帽子の色褪せ部分にスプレーする際、あまり厚くスプレーしすぎると帽子に色むらが出てしまいます。

一度に大量のスプレーー噴射はしないで、薄く何度も繰り返すように帽子にスプレーするのが上手に修正するコツです。

帽子の色褪せをクリーニングで修正した場合の料金

財布を持つ女性

お気に入りの帽子を自分で染め直して失敗したらどうしよう…二度と手に入らない帽子や思い出の帽子などを自分で染めるのが心配な方は、クリーニングや帽子のリフォームに依頼することをおすすめします。

色褪せした帽子のクリーニング料金の目安

子供用帽子は600円位が料金の目安で、大人用帽子は2000円前後が料金の目安です。シルクハットや高価な帽子や特殊素材の帽子の場合は5000円以上かかることもあります。

クリーニングの店舗によって違いや、引き受けてくれないクリーニング店舗もありますので事前に確認してみて下さい。

最後に

色々な角度から見た黒い帽子

帽子の色褪せの復活方法は意外と簡単でしたね。

この記事では帽子の色褪せの染め直しとして染めQというカラースプレーを紹介しましたが、他にも布用のカラースプレーはありますので、自分にあったスプレーで試してみてください。

2つの黒い帽子

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる