ボディクリームにも使用期限がある!開封前・開封後の期限の目安

蓋の開いたボディクリーム

乾燥肌を潤してくれるボディクリームにも使用期限があるってご存知でしたか?ひとつ手元に置いておくと、肌の乾燥が気になる季節に心強いボディクリームには使用期限があり、いつまでも使えるわけではなく、年月がたてば劣化してしまいます。この記事ではボディクリームの「開封前」「開封後」の使用期限の目安や正しい保存方法と使い方について解説しますので自分の肌に合うボディクリームを使って素肌美人を目指しませんか!

ボディクリームにも使用期限がある

腕にボディクリームを塗る女性

ボディクリーム、ボディミルク、ボディローションなど、全身のスキンケアに使うアイテムは多数ありますが、ボトルに記載は無くてもそれぞれに使用期限があることを知っている人は少ないのではないでしょうか。

一般的なスキンケア用品の使用期限は、未開封のもので製造より約3年、開封したら約半年~1年と言われています。

ボディクリームのように直接肌につけるものは、悪影響があっては大変なので時間の経った使用期限切れものは避けたいところ。

ボディクリームの使用期限が分からないものでも、開封して時間が経つものや、ボディクリームが未開封でもいつからあるかわからないものは高い商品でも思いきって処分した方がよいでしょう。

《 ポイント 》

  • ボディクリームの使用期限は未開封で製造より約3年、開封したら約半年~1年。

ボディクリームの使用期限切れは使える?

ボディクリームを手のひらに出す女性

ボディクリームなどの化粧用品の使用期限というのは、先に述べてあるとおり、ボディクリームの使用期限は未開封で製造より約3年、ボディクリームを開封したら約半年~1年程度でしたね。

ボディクリームを温度の高い場所や日のあたる場所に置いてしまうとボディクリームが未開封であってもすぐに劣化してしまうので、ボディクリームの使用期限を延ばすには高温多湿な場所を避けるなど、保存方法に気を使わなくてはいけません。

ボディクリームの開封後は空気中に含まれている菌が入って酸化し、手で触ったところから入り込んだ雑菌が繁殖してしまいます。

ボディクリームの開封後は、酸化や分離が進み、それによって美容成分がしっかり得られないこともあるので、やはりボディクリームの使用期限内の約半年~1年程度以内に使い切るのが一番安全です。

もし、開封して1年以上たった使用期限が切れたボディクリームを使う場合は、顔ではなく目立たない部分に試してみて異常がないのを確認してから早めに使い切るようにしてください。

《 ポイント 》

  • ボディクリームの使用期限を延ばすには、高温多湿な場所を避けて保存には気をつかわなくてはいけない。
  • ボディクリームの開封後は、酸化や分離により美容成分がしっかり得られない。
  • 使用期限が切れたボディクリームを使うときは顔ではなく目立たない部分で試してみる。

使用期限が切れたボディクリームの使い方

髪を整える女性のイラスト

使用期限が切れたボディクリームは、直ぐに処分しなくても様々な使い道があります。

ヘアケアに使う

使用期限が切れたボディクリームは、お風呂上りの濡れた髪に、毛先を中心に少量ずつ薄く伸ばしてダメージヘアのアウトバストリートメントとして活用してみましょう。ツルツル、サラサラの毛先に仕上がります。

また、使用期限が切れたボディクリームを乾いた髪に使えば髪の毛の静電気防止にもなり、広がって困ったときには、ボディクリームを少量、薄く髪に塗り広げれば、スルッとまとまります。

シェービングクリームとして使う

使用期限が切れたボディクリームをシェービングに使う時は、シェービングする部分に、たっぷりとボディクリームを塗ってシェービングするだけです。あとはお湯でボディクリームを洗い流して完了です。

クレンジングクリームとして使う

旅行先などでクレンジングがない!そんな時には、使用期限が切れたボディクリームをたっぷり顔に満遍なく塗って、メイクと馴染ませた後はティッシュで優しく拭き取ります。

その後、ぬるま湯で洗顔します。使用期限が切れたボディクリームを顔に満遍なく塗った後に、10分ほど放置することで保湿パックにもなります。

衣類の静電気防止として使う

使用期限が切れたボディクリームを手のひらに取ってしっかり温めたら、ストッキングを穿いた足を2~3回撫でます。そうするだけで、スカートとストッキングの静電気による纏わりつきを解消できます。

靴磨き用のクリームとして使う

使用期限が切れたボディクリームを使って、リアルレザーの靴のお手入れもできます。

使用期限が過ぎたものや、ニオイや刺激が強すぎるなどの理由で使用を中止したボディクリームの使い道としていかがでしょうか?

もちろん、靴以外でもバッグや財布、ペンケース、パスケースなどの革小物のメンテナンスにも使えます。お気に入りの革小物に栄養を与えてツヤツヤにしてみましょう。

切れなくなってきたハサミに塗る

切れ味が悪くなってしまったハサミの刃の両面に使用期限が切れたボディクリームを塗り、10回程度ハサミを開け閉めして使用期限が切れたボディクリームを馴染ませます。

後はティッシュなどで使用期限が切れたボディクリームを拭き取るだけでハサミの切れ味が復活します。

鏡をキレイにして、曇り止めをする

眼鏡拭きのような柔らかい布に、使用期限が切れたボディクリームをつけて鏡を拭きます。その後、乾拭きすればピカピカになり、曇り止めと汚れ防止の両方で活躍します。

付きにくくなった吸盤を復活させる

吸盤を熱湯に1分付けたら、使用期限が切れたボディクリームを塗ってみましょう。取れやすくなっていた吸盤が、ピタッとくっ付くようになります。

ドアの蝶番をスムーズにする

開閉する度にキーキーと音を立てているドアの蝶番に、使用期限が切れたボディクリームを塗ってみてください。潤滑油の代わりになって、音がしなくなります。

剥がしにくいシールを剥がす

剥がしにくかったシールの上に使用期限が切れたボディクリームを塗り、3分程度放置します。

指で軽く擦るとスルッと剥がれてくるので、あとは使用期限が切れたボディクリームとシールの粘着部分を拭き取ればOKです。

《 ポイント 》

  • ダメージヘアのアウトバストリートメントとして使う。
  • シェービングクリーム、クレンジングクリームとして使う。
  • スカートとストッキングの静電気防止に使う。
  • 革小物に栄養を与えてメンテナンスするときに使う。
  • 切れ味が悪くなったハサミの刃を復活させるときに使う。
  • 鏡の曇り止めと汚れ防止に使う。
  • 付きにくくなった吸盤を復活させるときに使う。
  • ドアの蝶番をスムーズにする潤滑油に使う。
  • 剥がしにくいシールをスルッと剥がすときに使う。

ボディクリームの正しい保存方法と使い方

ボディクリームとアロマ

ボディクリームの使用期限を延ばす、正しい保存方法と使い方について知っていますか?

実は、塗るタイミングや塗り方にポイントがあって、部位ごとに塗る量や効果的なマッサージ方法が変わってくるんです。

今までなんとなく使っていた方人も、この記事を読んでより効果的に使用してみましょう。

使用期限をチェックする

ボディクリームは殆んどの場合、容量が大きいので、最後まで使い切らないうちに使用期限を過ぎてしまうことが多いようです。

ボディクリームには使用期限があるので、なるべく期間内に使うように心がけましょう。

食料品だと消費期限を気にしますが、ボディクリームはあまり使用期限を気にする人がいませんよね?

ボディクリームの使用期限は忘れてしまいがちなのですが、ボトルに記載が無かったとしても、ボディクリームの使用期限の目安として、開封した日にちをしっかりと書いておくか、覚えておくことが必要なのです。

高温多湿な場所を避けて保存する

高温多湿な場所を避け、できるだけ空気に触れさせないことが、ボディクリームを長持ちさせるポイントです。

空気中の酸素に触れて「酸化」が起きると、商品の変質や変色の原因となり、本来持っている効果が発揮されにくくなります。

また、異物混入を防ぐためにもフタはきちんと閉め、容器のフチに中身のクリームがついていたらこまめにふき取りましょう。

出した中身を戻さない

スキンケア用品を良い状態でキープするために必要なポイントは「清潔」「酸化防止」「適切な保管方法」です。

一度出した中身をもう一度容器に戻さない、フタをしっかりと閉じる、適切な方法や保管場所で保管するなど、基本的なことを守れば雑菌の繁殖を招くことなく、最後まで気持ちよく使用できるのです。

正しい使い方は適量を守る

ボディクリームは適量が決まっていて、それより少なすぎると期待どおりの効果を発揮してくれません。

一般的な量の目安は、1パーツあたり100円玉大~500円玉くらいなので、もったいぶらずにたっぷり使って全身を保湿してあげましょう。

手で温めてからこすらないように塗る

ボディクリームは、冷えているときは固く、体温で柔らかくなるものが多いので、全身に塗る前に、必ず手で温めてから使いましょう。

ゴシゴシこするように塗るのではなく、くるくると円を描くように優しく塗ると伸びが良くなり、浸透率もアップします。なでるようなイメージで、肌をいたわりながらこすらずに使っていくのがコツです。

お風呂上がりの柔らかい肌に

ボディクリームは、お風呂から上がったばかりのしっとりと柔らかい肌に塗るのが最適です。

肌の乾燥は体を拭いた瞬間からどんどん始まっていますので、お風呂上りのある程度水分が残っている体に塗るようにしましょう。

《 ポイント 》

  • 開封した日にちをしっかりと書いておくか、覚えておくこと。
  • 「清潔」「酸化防止」「適切な保管方法」がポイント。
  • 手で温めたものを塗ると浸透率がアップする。
  • お風呂上りのある程度水分が残っている体に塗る。

ボディクリーム以外のケア用品の使用期限

基礎化粧品

化粧水・乳液・ハンドクリーム

開封して半年~1年、未開封は3年が使用期限の目安です。

スキンケア用品は直接肌につけるので、時間の経ったものは避けたほうが無難です。古くなったものは劣化しやすく、肌に悪影響を及ぼす危険性があるので、高級な商品であっても勿体がらずに、開封後、半年~1年以内に使い終えるようにしましょう。

ヘアクリーム・ヘアスプレー

開封後、半年~1年が使用期限の目安です。

洗面所にさまざまな種類を溜めこんでしまうヘアケア用品ですが、使用期限はボディクリームと同様に、開封してから半年~1年、未開封なら3年です。使いきれる少量サイズを選ぶとよいでしょう。

カイロ

未使用なら何年でも保管して置けるように思えますが、パッケージには使用期限が表示されています。季節系アイテムはワンシーズンで使いきれる量を購入するようにしましょう。

マスク・コットン・綿棒

これらは直接肌に触れるものなので、約1年を使用期限の目安として処分しましょう。

マスクやコットン、綿棒といった衛生用品は、出しっぱなしにしているとホコリや湿気を吸い、雑菌の繁殖を招くことになってしまいます。

アロマオイル

開封したら半年~1年で変質することがあるので、いつまでもとっておかず、開封後は半年~1年、未開封なら3年で処分するように心がけましょう。

虫よけスプレー・日やけ止めクリームや虫よけスプレーや日やけ止めのような季節系アイテムの使用期限の目安は、開封後は半年~1年、未開封なら3年が目安です。

開封したものは翌年にもち越さず、ワンシーズンで使いきりましょう。

コンタクト用品

使い捨てコンタクトや洗浄液には、使用期限が明記されていますので、まとめ買いをする際には使用期限に注意する必要があります。

使用期限内に使いきれる量を購入し、過ぎたら速やかに処分するようにしてください。

《 ポイント 》

  • 化粧水、乳液、ハンドクリーム、ヘアクリーム、ヘアスプレー使用期限の目安は開封後半年~1年、未開封は3年。
  • カイロ、虫よけスプレー、日やけ止めクリームなど季節系アイテムは開封後ワンシーズンで使う。
  • マスク、コットン、綿棒など直接肌に触れるものは、1年を使用期限の目安に処分する。
  • アロマオイルの使用期限の目安は開封後半年~1年、未開封は3年。
  • コンタクト用品には使用期限が明記されている。

最後に

蓋の開いたボディクリームと花

ボディクリームにも使用期限があり、開封前と開封後の使用期限の目安について解説してきました。

ボディクリーム以外にも数多くのケア用品が店頭に並び、購買意欲をかきたてられてしまいますよね。ですが、ご自分の部屋を見渡してみてください。インテリアになりかけているコスメであふれていませんか?

ボディクリームは顔に塗るものではないので、ボディクリームには使用期間は明記されていませんが、それでも未開封のものでもボディクリームにの使用期限は3年を目安とします。

ただし、高温多湿な場所を避けてボディクリームを保存していた場合に限ります。ボディクリームの保存方法が悪い場合にはボディクリームが未開封でもすぐに劣化してしまうので気を付けましょう。

また、ボディクリームの使用期限が切れてしまったものは酸化してしまい、美容成分が得られない可能性があります。

ボディクリーム本来の美容効果を得るためには、ボディクリームの使用期限内の、開封後半年~1年程度を目安に使い切るように心がけましょう!

蓋の開いたボディクリーム

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる