キウイで舌がピリピリするのはどうして?対処法はある?

キウイをスプーンで食べる

キウイを食べると舌がピリピリして痛く感じたことはありませんか?今回はキウイを食べた時に舌がピリピリと痛く感じる理由やアレルギーでは無いのか?という疑問やキウイを食べて舌がピリピリしたときの対処の方法や舌がピリピリしないキウイの選び方や舌がピリピリしてしまうキウイの活用方法について詳しく紹介するので参考にしてください。

キウイで舌がピリピリする理由

まるごとキウイとカットキウイ

キウイを食べると舌がピリピリして痛く感じることがあるのには理由があります。

これはアクチニジンというタンパク質分解酵素が原因となっています。キウイに含まれるアクチニジンは唾液に含まれているタンパク質を分解してしまいます。

このため味覚を感知するほどの敏感な器官である舌は、唾液の中に含まれているタンパク質に覆われて保護されているのですが、その保護が分解されてしまうので敏感になるので、食べ物による刺激でも舌がピリピリと痛く感じでしまう理由となっています。

ただし、キウイを食べた際に舌がピリピリと痛く感じることには個人差があり、1度にたくさんキウイを食べても舌がピリピリと痛く感じない人もいます。

この個人差は唾液やその中に含まれるタンパク質の量で起こっています。

唾液の量が多い人はアクチニジンである程度舌を保護しているタンパク質が分解されても舌をまだまだ保護できている状態になっているのでキウイを食べても舌がピリピリと痛く感じることがありません。

《 ポイント 》

  • キウイを食べて舌がピリピリして痛く感じる原因は、キウイに含まれているアクチニジンというタンパク質分解酵素が舌を保護している唾液に含まれるたんぱく質を分解してしまうため、敏感な器官である舌は刺激を感じやすくなってしまうためです。
  • 唾液の量は個人差があるのでキウイを食べた際に舌がピリピリして痛く感じる人もいれば、キウイを食べても舌にピリピリ感を感じない人もいます。

キウイで舌がピリピリするのはアレルギー?

首を押さえる女性

花粉症などの他のアレルギーを持っている方がキウイを食べて舌がピリピリするのは、タンパク質の分解が原因ではなく、アレルギーの可能性があります。

花粉症の人がキウイや野菜を食べた時には口の中や唇に違和感を感じて、しびれや呼吸がしづらくなると言った症状がでることがあります。

これはラテックスを含むゴムでも同じような症状が出ることもあるので、口腔アレルギー症候群やラテックスフルーツ症候群とも呼ばれています。

ほとんどの場合でキウイや野菜を食べた後15分以内に口の中や唇の粘膜が腫れて違和感を感じたり、しびれの症状が自覚できます。

キウイはリンゴやメロンやモモなどと同様にアレルギー反応が起こりやすいフルーツと言われています。キウイを食べて舌のピリピリ感以外の違和感や顔面の張れや呼吸のしづらさを感じた場合はアレルギーを疑って専門医を受診するようにしましょう。

《 ポイント 》

  • キウイを食べて舌がピリピリして痛く感じる以外に、口の中や唇の粘膜が腫れて違和感を感じたり、顔面の張れや呼吸のしづらさを感じた場合はアレルギーの可能性があるので専門医を受診して対応するようにしてください。

キウイで舌がピリピリしたときの対処法

キウイ

キウイを食べて舌がピリピリと痛く感じた時に、すぐそのピリピリを治めたい場合はヨーグルトや牛乳などの乳製品を食べることです。

乳製品には舌を保護しているタンパク質と同じ成分が含まれています。乳製品に含まれているタンパク質がアクチニジンを分解するため、舌のタンパク質が守られることになります。

乳製品のタンパク質の量が口の中に乗るアクチニジンよりも多くなれば、キウイを食べても舌のピリピリとした痛みは弱まるので感じづらくなります。

乳製品の摂取は即効性がある対策になるので、キウイを食べて舌がピリピリと痛く感じた場合にはすぐヨーグルトや牛乳といった乳製品をすぐ摂取するようにしましょう。

また、口の中の唾液をキウイを食べる前に多くすることで、キウイを食べても舌をピリピリと痛く感じなくすることができるので、キウイを食べる前にビスケットやクッキーといった固めの小麦で作られたおやつを食べることもおすすめです。

ビスケットやクッキーをよく噛んで食べることで、口の中の唾液の量が増えるだけではなく、ビスケットやクッキーにも小麦や牛乳や卵などのタンパク質が含まれているので効果的となります。

アクチニジンには熱に弱いという性質もあるのでキウイをジャムなどに加工すると、キウイを食べても舌がピリピリと痛く感じることは無くなります。

《 ポイント 》

  • キウイを食べてピリピリして痛く感じる場合、ヨーグルトや牛乳などの乳製品を摂取するようにしましょう。乳製品には舌を保護しているタンパク質と同じ成分が含まれています。
  • 口の中に舌を保護する成分が増えることでキウイを食べても舌のピリピリした痛みは弱まって感じづらくなります。
  • ビスケットやクッキーのような小麦でつくられた固いおやつを食べると唾液の量が増えるのでキウイを食べても舌にピリピリ感を感じづらくなります。

キウイの種類によっては舌がピリピリしない?!

カットキウイ

キウイは一般的にスーパーなどに出回っていて購入しやすいものには、グリーンキウイ、ゴールデンキウイ、レインボーキウイの3種類あります。

この中でもグリーンキウイは1番多くアクチニジンを含んでいるので、食べた時に舌がピリピリと痛く感じやすくなってしまいます。

ゴールデンキウイやレインボーキウイはアクチニジンを含んでいないわけではありませんが糖度がグリーンキウイよりも高いので、舌がピリピリと痛く感じることが少なくなります。

舌がピリピリ痛く感じることが苦手な方はキウイを購入するときはゴールデンキウイまたはレインボーキウイを選んで購入するようにしましょう。

《 ポイント 》

  • スーパーなどで購入することができるキウイは、グリーンキウイ、ゴールデンキウイ、レインボーキウイの3種類です。
  • この中でもグリーンキウイには1番多くアクチニジンを含んでいるので、キウイを食べた時に舌がピリピリと痛く感じやすくなってしまいます。
  • キウイを食べて舌がピリピリ痛く感じることが苦手な方はキウイを購入するときはゴールデンキウイまたはレインボーキウイを選びましょう。

舌がピリピリしないキウイの使い方

キウイ

グリーンキウイは食べるとアクチニジンによって、キウイを食べた際に舌がピリピリ痛く感じることが多くなってしまう食材ですが、このアクチニジンは肉のタンパク質を分解して柔らかくしてくれる働きがあります。

ステーキをするときなど肉の料理をするときに、この肉はちょっと硬そうだなというときにキウイをスライスして肉の上に並べて10分程度置いておくか、キウイをすりおろして肉の上に並べて10分程度置いておくと調理をするとアクチニジンの効果で肉を柔らかくしてくれます。

《 ポイント 》

  • グリーンキウイは普通に食べるとアクチニジンによって、キウイを食べた際に舌がピリピリ痛く感じることがありますが、アクチニジンは肉のタンパク質を分解して柔らかくしてくれる働きがあるので、ステーキをするときなど肉の料理をするときに、キウイをスライスやすりおろしてから肉の上に並べで10分程度置いておくと肉を柔らかくすることができます。

最後に

キウイを食べる所

キウイを食べた時に舌がピリピリと痛く感じてしまうとこがあります。

これはキウイに含まれているタンパク質分解酵素のアクチニジンが舌を保護しているタンパク質を分解してしまうので、敏感な舌がピリピリと痛く感じてしまいます。

キウイを食べて舌がピリピリして痛くなるのを防ぐにはヨーグルトや牛乳などの乳製品を一緒に食べるか、クッキーやビスケットを食べて唾液の量を増やしてから食べましょう。

キウイを食べた際に舌がピリピリするのが苦手な場合グリーンキウイにはアクチニジンが多く含まれているので、ゴールドキウイやレインボーキウイを選ぶことをおすすめします。

この記事のタイトルとURLをコピーする
キウイをスプーンで食べる

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる