食べてはいけない『ヨーグルト』の特徴6選

食べてはいけないヨーグルトとは

朝食に、おやつに、食後のデザートにと大活躍してくれるヨーグルトは、離乳食期から食べられるので、小さなお子様がいるご家庭にも人気の食品です。しかし、発酵食品のヨーグルトも、長期間保存しすぎると腐ってしまいます。今回は、食べてはいけないヨーグルトの特徴を紹介します。

家庭の冷蔵庫でよく見かける定番食品『ヨーグルト』

ヨーグルト

多くのご家庭にストックされているヨーグルトは、乳幼児期のお子様から、高齢者まで、幅広い世代の人が食べやすい食品なので、長い間不動の人気を誇っています。

また、フルーツを入れたりジャムを入れたりと、さまざまなアレンジができるため、自分の好きなヨーグルトを楽しめるのもポイントですよね。最近では、若い人を中心に、SNS映えするヨーグルトアレンジを楽しむ人も増えてきています。

栄養価も高いヨーグルトは積極的に食べたい食品

多くの人が大好きなヨーグルトは、すでにご存知の通り、栄養価も高い食品として知られています。健康にはもちろん、美容面でもサポートしてくれるため、特に女性を中心に人気が高いです。主な栄養素と効能は、以下の通りです。

  • 乳糖…整腸作用、ミネラル吸収促進
  • 乳酸菌…整腸作用、悪玉菌抑制、免疫力向上
  • カルシウム…精神安定
  • ビタミンB2…美肌・美髪効果

ストレス社会の現代には、欠かせない栄養素が多く含まれています。また、皮膚や髪の健康を維持してくれる作用も持っているため、毎日1食は食べたい食品です。

ヨーグルトが賞味期限切れ…食べられない?

賞味期限が切れたヨーグルト

ヨーグルトは、基本的に約2週間が賞味期限に設定されていることが多いです。そのため、大きめサイズのヨーグルトを購入してストックしていたら、賞味期限が切れしまったという経験を持つ人も多いでしょう。

では、賞味期限が切れてしまったヨーグルトは、食べられないのでしょうか。答えは「NO」です。賞味期限は、「この期限までは美味しく食べられますよ」という期限なので、賞味期限が切れてしまったからといって、すぐに食べられなくなるわけではありません。

ヨーグルトは発酵食品なので、数日であれば食べることは可能です。しかし、賞味期限を過ぎると、徐々に味や香り、食感などが劣化していくので、違和感を感じたら無理に食べることは控えましょう。

賞味期限から1ヶ月以上経過したヨーグルトは注意!

少しであれば賞味期限を過ぎても問題なく食べられるヨーグルト。賞味期限が過ぎると徐々に発酵していくため、味や食感などが変化していきますが、安全性には問題がありません。

しかし、だからといって永遠に保存できる食品ではありません。ヨーグルトの場合、賞味期限から2週間~1ヶ月ほど経過してしまったヨーグルトは、腐っている可能性があるため、ヨーグルトの状態を確認してから食べるようにしましょう。

食べてはいけない『ヨーグルト』6選

NGなヨーグルトとは

では、腐ってしまい食べられない状態となっているヨーグルトは、どのようなサインを出しているのでしょうか。以下のような特徴が出ているヨーグルトは、食べずに廃棄しましょう。

1.黄色く変色している

腐ってしまったヨーグルトは、黄色く変色することがあります。通常、皆さんもご存知の通り、真っ白くきれいな状態が正常です。しかし、腐ってしまったヨーグルトは、ところどころが黄色く変色してしまい、見た目からも違和感を感じるはずです。

2.容器の中の水分量があまりにも多い

元々水分量の多いヨーグルトは、発酵していく過程で『ホエー』と呼ばれる水溶液が浮き出ることがあります。少しであれば問題なく食べられますが、違和感を感じるほど多くの水溶液が浮き出ている場合、腐るほど古くなっている可能性が高いです。

また、水溶液が多く浮き出てくると、ヨーグルトの内容量も減っていますし、何より味や食感が明らかに劣化しています。後に紹介しますが、味にも変化が出ている可能性があるので、食べずに捨てるべきでしょう。

3.カビが生えている

ヨーグルトも腐ってしまうとカビが生え始めます。ヨーグルトのカビは、ピンク色から赤色へ、そして黒へと変色していきます。カビが生えたヨーグルトは、その部分から雑菌が繁殖している恐れがあるため、食べずに廃棄してください。

4.鼻につくような酸っぱい臭い

ヨーグルトは正常な状態で会っても酸味がありますが、パックの蓋を開けた瞬間、ツンと鼻につくような強烈な酸っぱい臭いがする場合は、発酵が進みすぎてしまい、腐っています。

鼻につくほど強烈な酸っぱい臭いを放っているヨーグルトは、食欲も失せてしまいますよね。このような状態になっているヨーグルトは、無理して食べようとはせず、廃棄してください。

5.酸味が食べにくいほどきつくなる

もしも腐っているヨーグルトを一口食べてしまった場合、違和感を感じるほど強い酸味を感じるはずです。通常、酸味の中にもほんのり甘さやまろやかさを感じられますが、腐ったヨーグルトは、酸味が強すぎて食べにくいです。一口食べて違和感を感じたら、食べずに廃棄しましょう。

6.苦みがある

また、腐ったヨーグルトは、強烈な酸味だけでなく、苦みが出てくることもあります。通常のヨーグルトは苦み成分がないため、苦みを感じたら明らかに異常が生じていると判断し、廃棄しましょう。

腐ったヨーグルトは悪い菌の温床…食べずに廃棄して

食べずに廃棄しよう

今回は食べてはいけないヨーグルトの特徴を紹介しました。賞味期限を少し過ぎても問題なく食べられますが、あまりにも時間が経過してしまったヨーグルトは危険です。今回紹介した特徴が表れていないか確認してください。

食べてはいけないヨーグルトとは

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる