クッションフロアの掃除方法!場所別の落とし方と役立つ用具

ビニール系の床シートのため、防水効果もある便利なクッションフロアですが、汚れが付きにくいというデメリットがあります。長年使っていると、黒ずみが目立つこともありますね。洗面所、トイレ、キッチンなどに多く使われていますが、基本のお掃除は同じですが、特に気になる汚れがあるとき、おすすめの掃除方法を場所ごとにご紹介します!

クッションフロアの掃除方法

クッションフロアを掃除する女性

基本的な掃除の手順

  1. 掃除機でほこりなどを取り除き、固く絞った雑巾で水拭きします。
  2. 水拭きで取れない場合は、中性洗剤を水で薄めたものを雑巾に含ませて、汚れをふき取ります。
  3. 最後に固く絞った雑巾で、水分や洗剤が残らないようにしっかりとふき取ります。

それでも汚れが落ちない場合は、床専用クリーナーでふき取ることもできます。

場所別!ナチュラル洗剤を使ったクッションフロアの掃除方法

トイレそうじ

洗面所の黒ずみには「重曹」や「セスキ炭酸ソーダ水」

洗面所の汚れは、足裏の皮脂や整髪料・化粧品の飛び散り、ほこりや衣類の繊維などが原因です。そして長年の汚れが蓄積されることで黒ずみとなってしまいます。また、クッションフロアの表面は凹凸のビニール製が多く、この中に汚れが入ると簡単な掃除では取りきれず黒ずみとなります。

皮脂汚れなどの酸性の性質をもつ汚れには、反対の性質である弱アルカリ性を用いると、中和反応が起きて汚れをゆるめてくれます。そこで弱アルカリ性の性質をもっている重曹やセスキ炭酸ソーダを用いるとキレイになります。

重曹を使った掃除の手順

  1. クッションフロアの黒ずみができてしまった部分に重曹をふりかけます。
  2. 水で濡らしたメラミンスポンジでくるくると、力を入れ過ぎずに優しくこすります。
  3. 固く絞った雑巾でふき取り、乾いた雑巾で乾拭きします。

重曹やメラミンスポンジには研磨作用がありますので、強くこするとクッションフロアの表面がきずついてしまうこともありますので、様子を見ながら少しずつ行ってください。

この方法でも落とせない黒ずみは、中性かアルカリ性の洗濯用または食器用洗剤と重曹を1:1の割合で混ぜたものをブラシなどで優しくこすっていくと落ちる場合もあります。強くこすり過ぎないよう注意してください。仕上げは水拭きと乾拭きでよくふき取ります。

セスキ炭酸ソーダを使った掃除の手順

  1. スプレーボトルに水500mlとセスキ炭酸ソーダ小さじ1を入れてよく溶かします。(セスキ炭酸ソーダ水)
  2. 黒ずみの汚れにセスキ炭酸ソーダ水をスプレーして、そのまま5分ほどおいておきます。
  3. メラミンスポンジで、優しくこすります。凹凸の中の黒ずみが気になる場合は、汚れを凹凸からかき出すように細かくこすってみてください。
  4. 仕上げは、固く絞った雑巾でふき取り、乾いた雑巾で乾拭きします。メラミンスポンジでこするときは、強くこすり過ぎないよう注意しましょう。

トイレの臭い汚れには「クエン酸」

クエン酸とレモン

トイレは、床や壁に付着してしまった尿が悪臭の原因となります。クエン酸は、トイレのツンとした嫌な臭いの原因であるアンモニアを中和できる性質をもっているので、臭いのあるところの汚れにはクエン酸が効果的です。

  1. スプレーボトルに水200mlとクエン酸小さじ2杯をいれてよく溶かします。
  2. ほこりがあったら簡単にホコリやごみを取り除き、クッションフロアにクエン酸スプレーをまんべんなくスプレーします。
  3. 固く絞った雑巾でしっかりと水分を拭き取ります。

キッチンの油汚れには「オキシクリーン」

出典:amazon.co.jp
OXICLEAN(オキシクリーン)
オキシクリーン 1500g
¥ 992(税込)
Amazonで見る

オキシクリーンとは、アメリカをはじめ全世界で大人気のブランドの洗剤です。塩素系の漂白剤とは異なり刺激臭もなく子供やペットのいる家庭でも安心して使えます。水に溶かすことで発生する酸素の泡が、頑固な汚れを落としてくれます。

  1. 40度くらいのお湯1リットルにオキシクリーン小さじ1程度を入れてよく混ぜます。
  2. ほこりやごみを取り除き、1の溶液に雑巾を浸してよく絞り、クッションフロアをふいていきます。
  3. 落ちない黒ずみは、浸したままの雑巾をクッションフロアの上に置いてパックすると、溝に入った汚れも浮き上がり、歯ブラシなどで優しくこするとキレイになります。
  4. お水で固く絞った雑巾でぬめりが無くなるまでしっかりと拭き、乾いた雑巾の乾拭きで仕上げます。

※光沢のあるクッションフロアやワックスを施されているクッションフロアは、溶液が付きすぎるとコーティングが取れてしまうこともありますので、オキシクリーンの量は少なくしてください。また、人によっては素手で行うと手が荒れる可能性もあるので、ゴム手袋など利用すると良いでしょう。

まとめ

メラミンスポンジ

素足で歩いたりすることが多いクッションフロアなので、ナチュラル洗剤でキレイにできると安心ですね。お手入れはしやすいですが、汚れやすいクッションフロア。汚れをそのままにしておくと、頑固な黒ずみ汚れになってしまうので、日ごろからの掃除が大切ですね。メラミンスポンジは黒ずみを落としてくれますが、こすり過ぎには気を付けましょう。

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる