割れたファンデーションを復活させる!簡単にできるやり方と注意点

色々なファンデーション

割れてしまったファンデーションを復活させる方法があるって知っていますか?メイクの必須アイテムであるファンデーションを普通に使っていただけなのに割れていたり、落として中身が割れて粉々になってしまったら、ポーチは汚れてしまうし使いにくいですよね?でも心配はいりません!そこで今回は、割れたファンデーションを簡単に復活させることができるやり方や注意点を紹介します。

割れたファンデーションは復活できる?

色々なファンデーション

軽いひび割れは少量の化粧水で応急処置

割れたファンデーションでも、元通りに近い状態に復活して以前と同じように使うことができます。割れたファンデーションを諦めて捨てたりする必要はありません。

ファンデーションが割れたといっても、それほどひどい状態ではない、軽いひび割れ程度であれば、少量の化粧水で復活してみましょう。

手順

  1. 割れたファンデーションの復活は、ひび割れた部分に、化粧水を少量たらし、湿り気を与えてからその上にラップをかぶせます。この時に気をつけたいのは水分量です。品質に影響しますので、化粧水は使いすぎないように気を付けてください。
  2. 割れたファンデーションの復活は、ひび割れ部分を優しく撫でたり軽く押したりしながら、指でならして馴染ませます。
  3. 割れたファンデーションの復活は、ひび割れが目立たなくなり、ファンデーションの表面が乾いたら出来上がりです。

化粧水とラップがあれば、数分程度で割れたファンデーションを復活できますので、軽い割れたファンデーションのひび割れが更にひどくなってしまう前に復活するようにしましょう。

粉々になったパウダーファンデーションでも復活できる!

ファンデーションは、残りが少なくなってくると割れてしまうことがありますが、落として衝撃を与えたりすることで、ひび割れだけでなく粉々になってしまいます。復活せずにそのまま持ち歩いていると、ポーチの中に粉が散らばり汚れがついてしまいます。

そんなひどい状態になる前に、粉々なった割れたファンデーションを復活させましょう。ただし、床などに落ちてしまった割れたファンデーションは復活しても、雑菌などがついていて劣化しやすくなっていますので、もったいないと復活せずに、捨てるようにしましょう。

割れたファンデーションを復活できたとしても、一度バラバラになってしまったファンデーションは、本来の品質が保たれているわけではありませんので、できるだけ早めに使い切るように心がけてください。

《 ポイント 》

  • 割れたファンデーションの復活は少量の化粧水で応急処置ができる。
  • 床に落ちた割れたファンデーションは、雑菌がついて劣化しやすいため復活しないで捨てる。

割れたファンデーションを復活させる方法

ラップ

用意するもの

  • ラップ
  • キッチンペーパー
  • 底が平たいスプレー缶など

手順

  1. 割れたファンデーションで台の上が、汚れないようにするためにキッチンペーパーを置き、その上に清潔なラップを敷きます。
  2. 割れたファンデーションをラップの上に出し、パウダー状になるまで手でつぶします。
  3. ファンデーションがこぼれないように注意しながら元の容器に戻します。
  4. その上からシワがつかないように、ピンと張ったラップをかけ、底が平らになっているスプレー缶などを利用してギューっと押しつけて固めます。
  5. 強度を出すためには縁部分の処理も重要です。全体的に固めたら、容器の縁も丁寧に押さえておきましょう。
  6. 平らに固めた後は、冷蔵庫へ入れて2~3時間冷やすことで、割れたファンデーションは元通りのファンデーションに戻ります。

《 ポイント 》

  • 割れたファンデーションの復活は底が平らになっているスプレー缶を押しつけて固める。
  • 割れたファンデーションを全体的に固めたら、容器の縁も丁寧に押さえて固める。
  • 割れたファンデーションの復活方法は冷蔵庫へ入れて2~3時間冷やす。

割れたファンデーションをリメイクする方法

ファンデーションのぱふ

ルースファンデーションにする

たとえ粉々になったとしても、割れたファンデーションを復活させることは可能ですが、元通りの完璧な状態にするまでにはいきません。

先に紹介した復活方法で、粉々になった割れたファンデーションをきれいに復活することができなかったり、残りの量が少ない場合には、ルースファンデーションにリメイクしてみましょう。

ルースファンデーションとは、粉末状のファンデーションのことで、色の付いた粉で肌の色ムラをカバーしたり凹凸を隠したりするファンデーションです。ブラシを使用するので、付け心地が軽く、パウダーファンデーションよりもナチュラルに仕上がるのが特徴です。

簡単にできるリメイクの一つが、このルースファンデーションに変身させる方法です。割れてしまったファンデーションをラップの上に出し、パウダー状になるまで手やスプーンを使って丁寧に砕いていきます。粉々になったら、フタがしっかり閉まる容器に入れてリメイクが完成です。元々がファンデーションなのでカバー力も期待できますし、ちょっとした化粧直しにも役に立ちますよ。

クリームファンデーションにする

割れたファンデーション復活は乳液など他の化粧品と混ぜてクリーム状にする、クリームファンデーションへのリメイクもできます。ただし、雑菌が繁殖しやすくなるので、短期間で使い切れるように少量ずつ作るようにしましょう。

容器の中に割れたファンデーションを入れ、大きなかたまりがあったら、つまようじやスプーンを使って砕きます。ルースファンデーションにリメイクする時のように、そこまで細かくしなくても大丈夫ですが、ある程度砕いたら、乳液、もしくはワセリンを加えて混ぜ合わせます。

乳液やワセリンはファンデーションの3分の1くらいの量から徐々に加えていき、様子を見ながら増やしましょう。粉っぽさがなくなるまで、しっかりと混ぜたら完成です。

《 ポイント 》

  • 割れたファンデーションは粉末状のルースファンデーションとして復活。
  • 割れたファンデーションの復活として、乳液やワセリンと混ぜ合わせてクリームファンデーションにリメイクする。

復活後のファンデーションを使う時に気を付けること

保存袋

復活させた割れたファンデーションは、見た目は元通りになったとしても、新品のようにしっかりと固まっているわけではないので、使うときには注意が必要です。市販のファンデーションは、20キロニュートン以上の力で押し固められているそうです。

これは軽乗用車2~3台分の重さでプレスされているのと同じことなので、自分でこの強度を出すのは不可能ですよね。なので、使っている最中に、また崩れてしまうこともあり得ますので、次のようなことに注意しましょう。

フェイスブラシを使用する

復活させた割れたファンデーションは崩れやすいため、力加減が難しいスポンジよりはフェイスブラシを使った方が無難でしょう。フェイスブラシに力を入れずに、ファンデーションの表面を優しく撫でるように扱うのがコツです。

持ち歩くときはチャック付きの袋に入れる

ファンデーションが、再び割れてしまうことを想定して、持ち歩かずに家の中、または会社に置いておくようにします。

できるだけ持ち運びの機会は減らした方がいいのですが、どうしても持ち歩く場合には、バックやポーチの中を汚すことがないよう、チャックが付いた袋に入れるようにしてください。

チャック付きの袋であれば、使うときにも取り出しやすく、割れてしまっても粉が漏れることがありません。

《 ポイント 》

  • 割れたファンデーションを復活させて、元通りに見えても新品のようにしっかりと固まっているわけではない。
  • 割れたファンデーションを復活させて使う場合は、スポンジよりフェイスブラシを使うようにする。
  • 復活させた割れたファンデーションは持ち歩かずに家の中や会社に置いて使うようにする。
  • 復活させた割れたファンデーションを持ち歩く場合には、チャック付きの袋に入れる。

割れたファンデーションに関するQ&A

化粧品

Q.粉々になったチークにも割れたファンデーションを復活させる方法は使えますか?

A.割れたファンデーションを復活させる方法を覚えておけば、チークを落として割ってしまっても同じやり方で、元通りに近づけることができます。

また、ワセリンを使って復活させる方法もあります。ワセリンとチークと完全に混ざるまで練り合わせたものを保存用の容器に移すだけの簡単な方法ですが、ワセリンの効果で伸びが良くなり使い勝手抜群です。

Q.乾燥したマスカラを復活させる方法を教えて下さい。

A.マスカラの容器の中に目薬を数滴たらして、キャップを閉めて何回か振って馴染ませるだけで、簡単に復活させることができます。

Q.リップが折れた時の対処法があれば教えて下さい。

A.二つの方法があります。

1、折れた部分を元の位置にぎゅっと固定し、真横からドライヤーで熱を与えて柔らかくなったら、綿棒などで丁寧に形を整えます。成形した口紅を冷蔵庫で3時間ほど冷やし固めます。

2、原型を留めていないようなリップなら、パレットに移し替える方法があります。スプーンにのせたリップをドライヤーで温め、溶けて液体状になったらケースに詰め替え冷やします。

Q.ルースパウダーとプレストパウダーの違いは何ですか?

A.ルース(loose)は、「緩んだ」「バラバラの状態」という意味で、粉状のサラサラしたパウダーのことです。プレスト(pressed)は「押し固められた」という意味で、粉状だったものをプレスして固形にしたパウダーのことです。両方とも、フェイスパウダーの部類に含まれます。

《 ポイント 》

  • 粉々になったチークはワセリンと練り合わせて保存用の容器に移す。
  • マスカラの容器の中に目薬を数滴たらして復活させる。
  • リップは固定して形を整えるか、溶かしてケースに詰め替える。
  • ルースパウダーは粉状のもの、プレストパウダーはそれを固めて固形にしたもの。

最後に

割れたファンデーション

万が一、ファンデーションが割れてしまっても、割れたファンデーションを復活させる方法と注意点を把握しておくことで、これからは割れたファンデーションを復活させれば捨てなくて済みますね。

割れたファンデーションを復活させても、購入時の硬さには戻りませんので、持ち歩かず自宅で使うようにすると、最後まで無駄なく使えるのではないでしょうか。

特別に必要な道具もなく、家にあるものや100均で購入できる容器で十分ですので、割れたファンデーションを諦めてゴミ箱に捨てるその前に、ぜひ試してみてくださいね。

色々なファンデーション

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる