セロリの代用品10選!食感・風味・効果、何を重視するかで代用品を選びましょう

セロリ

セロリの代用になる野菜は何があるかご存知ですか?セロリは強い香りと食感が特徴的な野菜でサラダやスープに入れるとその個性で料理の完成度を上げてくれます。今回はセロリを使った料理を作ろうとしたときにセロリのストックが無かったときや好みがわかれるセロリの香りが苦手な方がセロリの代用にできるものを紹介します。

セロリの代用品の選び方

セロリ

セロリは強い香りと食感が特徴的なセリ科の野菜でサラダやスープの具材などに入れるとその個性で料理の完成度を上げてくれます。

海外では薬用の他にも、その強い香りから肉の臭み消しとして煮込み料理やスープのベースなどに使われています。

そのような野菜のセロリの代用品を選ぶときのポイントは食感を重視するのか味や風味を重視するかによってセロリの代用品は異なります。

セロリの独特な香りが苦手という人も多いので、食感を重視して代用品を選びましょう。また見た目や色味だけでセロリの代用品を選んでも問題ありません。

《 ポイント 》

  • セロリの代用品を選ぶときは食感か味や風味か、どちらを重視するのかを決めてから代用品を選ぶ。

セロリの代用品10選

セロリの代用品を紹介します。食感、風味、見た目、色味のいずれかを重視した代用品となります。セロリの代用品を選ぶときの参考にしてください。

チンゲン菜【食感重視】

チンゲン菜

中華料理の炒め物でよく使われている野菜のチンゲン菜はしっかりした太い茎が特徴の野菜で、強い火力で調理される中華料理に使われているので加熱してもシャキッとした食感が損なわれてしまうことがありません。

チンゲン菜の茎の部分はセロリ食感の代用品としては最適と言っても過言ではありません。流通量も多く価格も安価で安定しているので購入しやすい野菜です。

小松菜【食感重視】

小松菜

和食や中華料理で活躍する小松菜は、見た目はほうれん草とよく似ていますが、アクが少ない扱いやすい野菜です。

小松菜は茎の部分がしっかりとしたシャキっとした食感なので、煮込みやスープなどの料理のときに代用品として活用できます。セロリのような香りはありませんが食感の代用に扱いやすい野菜です。好みのサイズにカットしてそのまま使用することができます。

大根の葉【食感重視】

大根の葉

さまざまな料理で使用できる上、栄養価も高い大根の葉なのですが、セロリを使用するレシピの風味までは再現することはできないのですが、食感や料理の持つ雰囲気を演出するのに適した野菜です。

大根の葉はクセが無いので香り付けなどの代用はできません。しかし栄養価はとても高いので、セロリを使わずにあえて大根の葉を使用して調理している人もいらっしゃいます。

白ネギ【食感重視・臭み取り】

白ネギ

焼いたり、炒めたり、鍋などの和食には欠かせない白ネギは、特有の香りから薬味として使用する人も多い野菜なので常備しているご家庭も多くいらっしゃると思います。

白ネギは臭みを取る役目と食感もあるので作る料理とカットの仕方を工夫することでセロリの代用品として使用することができます。

白ネギを使用する場合、白ネギには特有の香りがあるので、生のまま食べるサラダで代用することはおすすめしませんが、スープなどの煮込む料理を作る場合にはおすすめの代用品になります。

ネギの香りが強いため、ネギが嫌いな人には向いていません。

玉ねぎ【食感重視】

玉ねぎ

和食、洋食、中華料理どこの国の料理でも使用される玉ねぎは常備しているご家庭も多くいらっしゃると思います。

玉ねぎをセロリの代用として使用する場合は、用途が限られてしまいますが食感重視のときにみじん切りにして、煮込む料理やスープで食感を求める場合に使用できます。

みじん切りにしてスープに入れた場合、玉ねぎのシャキっとした食感が十分にセロリの代用となることを証明してくれます。

フェンネル【風味重視】

フェンネル

フェンネルは日本国内では聞きなれない野菜ですが、海外ではハーブとして古くから親しまれています。

見た目はセロリとかけ離れた姿をしていますが、独特の風味がセロリによく似ているので、料理にセロリの風味が足りなかった場合に代用品として使用しましょう。

代用品としての使用方法はフェンネルの茎の部分を煮込む料理やスープで使用することをおすすめします。食材の臭みを取り除く点がとても優れていますので、調理の際にセロリで臭み取りをしていた人も安心して使用することができます。

しかしセロリの代用品として考えるならば、フェンネルがお家にある人は少なく、入手することが難しいかも知れません。

パクチー【風味重視】

コリアンダー

タイ料理やベトナム料理などで多く使われているパクチーは、独特のクセのある強い香りがあり好きな人にはたまらない風味ですが、苦手な人はとことん苦手な食材で、クセのある香草としてセロリと肩を並べる好みが分かれてしまう野菜です。

パクチーもセロリの風味の香りづけの代用品として使用することができます。

代用するときはセロリの葉を使用するレシピのときに使用することをおすすめします。セロリの風味を重視する料理をつくるときに代用品として使用しましょう。

大葉【風味重視】

大葉

大葉は清涼感のある香りが特徴があります。大葉を料理で使用するときは刻んで薬味として使用するのですが、セロリの代用で使用する時も刻んでから料理の香りづけに使用します。

セロリの独読な香りが苦手な人におすすめします。

風味自体はセロリと違うものになるのですが、セロリの代用品として使用すると完成した料理が豊かな風味となって美味しく食べることができるので、セロリをきらしてしまった場合に試してみてください。

三つ葉【雰囲気重視】

三つ葉

セロリはセリ科のオランダミツバ属でミツバの名がある通り、三つ葉とセロリは似ている野菜となります。

特に葉の形がセロリに似ているのですが、セロリほど強い香りはしません。三つ葉を料理に加えるときは香りや食感を加えるための薬味として使用します。

セロリの代用として使用する時にはセロリでは香りが強すぎて苦手な人が三つ葉を選んで代用すれば、葉の形もよく似ていることから料理の見た目と食感をセロリを使用した場合によく似ている料理を楽しむことができます。雰囲気的な代用と考えて使用してください。

ほうれん草【雰囲気重視】

ほうれん草 冷凍

セロリが苦手な人が料理の色合いを重視した場合に、ほうれん草を代用している方も多くいます。これはほうれん草の栄養価がとても高いので、身体に良い成分が多く含まれています。強い香りは無いのでセロリを含んだ場合とは違うまろやかな仕上がりになります。

セロリの代用品としてほうれん草を使用する場合は、料理の色合いを合わせつつ多くの栄養を取り入れた雰囲気的な代用と考えて使用してください。

《 ポイント 》

  • セロリの代用品に何を使うかは料理の見た目や色合いなど雰囲気を考えてから何で代用するか選ぶ。

話題の燃焼スープ!ダイエット時におすすめのセロリの代用品

セロリスープ

燃焼スープダイエットとは、脂肪を燃やす効果がある野菜で作ったスープを1週間、決められたスケジュールで飲むというダイエット法ですが、空腹感やストレスをあまり感じずに実行できると話題です。野菜がたっぷり入っているスープを飲むのですが、その野菜の中にセロリが含まれています。

セロリの香りがどうしても苦手という人は、ほうれん草、モロヘイヤ、大葉、パセリで代用するとセロリの独特の香りを無くすことができるので、苦手な野菜を食べると言うストレスを感じてしまうことが無くなります。

《 ポイント 》

  • ダイエットをするときにはストレスは天敵です。
  • 苦手なものを食べるというストレスがあるとダイエットを続けることがむずかしくなる。
  • 苦手な野菜は代用品を使ってストレスなくダイエットを続けられるようにする。

最後に

セロリ

今回はセロリの代用品になるものを紹介しました。

セロリはクセのある独特な強い香りがある野菜なので、その香りが苦手な人が代用になるものを探すとき、純粋にセロリが家になかった場合に代用品になるものを探しているときという観点から、セロリの代用品に食感を重視するか風味を重視するか料理の見た目や色合いなど雰囲気を重視する代用品として10種類を紹介しました。

ご自身の好みに合う代用品で美味しい料理を作りましょう。

セロリ

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる