『頭がいい女性』と『頭が悪い女性』の違い4選!どうすれば賢くなれるの?

頭がいい女性とはどのような女性のことをさすのでしょうか?頭の回転が速い、記憶力がいい、ミスが少ない、など思い浮かぶ特徴は人によってさまざまでしょう。頭がいい賢い女性とは、単に成績が良い優等生、ということではないようです。参考にしたい特徴や頭が悪いと思われる人との違いは何かをまとめてみました。

『頭がいい女性』と『頭が悪い女性』の違い4選

1.人柄の違い

人柄の違い

頭のいい女性は強い信念を持ち、過去の経験や失敗も積み重ね成功へとつなげていきます。自信に満ちた魅力的な人柄で周囲から頼られたり、困ったときに相談をすれば的確なアドバイスをしてくれるでしょう。

自分に自信を持っていますが嫌味がない自信家のため、自然な余裕が生まれ周囲も頼りたくなります。一方で頭の悪い人は、自分の能力を過信してミスを連発したり、自画自賛で他人を非難したりする点があるようです。

自信に満ちているというよりは、独りよがりの自信満々な女性と周囲からは見られてしまいがちです。さらに、頭のいい女性は人の悪口を言い自分の評価を下げるようなことはしません。悪口を言って仲を深める女性は賢い女性とは言えないでしょう。

2.会話の違い

会話の違い

頭がいい女性は、自分の意見をしっかり持っていますが、必ず相手の話を最後まできちんと聞いたうえで、自分の話を分かりやすく伝えます。また、どんな年齢の人とでも相手に合わせた話題選びやコミュニケーション能力で会話を楽しむことができます。

言葉使いがなっていない、人見知りをして黙ってしまう、話が長すぎる、感情的な部分で話す、など相手の立場を考えずに会話を進める人は頭がいい女性とは思われないでしょう。

3.行動・態度の違い

態度の違い

頭がいい女性は職場においてもプライベートにおいても柔軟な思考や広い価値観を持ち、好奇心も旺盛です。客観的に物事をとらえ洞察力も優れているので、情報を鵜呑みにせずどんな時も正しい情報を追及できる姿勢です。そ

して、冷静で落ち着いた行動ができるため、やるべきことを効率的に行え、自分のミスや他者からの指摘も、素直に受け止めることができます。

一方、頭が悪い人は、向上心があまり見受けられず現状に満足する人が多いようです。そして視野が狭く人の意見を取り入れようとせず、自分の解釈で物事を決めてしまう傾向があるようです。

4.職場での違い

職場での違い

頭がいい女性は会社の利益を意識しながら仕事ができます。そして、周りのことを考えて行動できるため、他の社員に対しての配慮も行き届いています。

また、業務が効率的になるスケジュール管理もできるため、期限までに間に合わないということがありません。さらに、言われる前に、自分が何を求められているのか自分でしっかりと考えることができます。

もし頭がいい女性が職場でリーダーとなった場合、部下に対しての仕事の支持も曖昧ではなく的確で、先を見越したスケジュールを立てられるため「やっぱりこうして欲しい」というような変更などもないでしょう。

仕事の効率が悪く無駄な残業が多い、常に受け身で支持をされないと動かない、ミスが多い、などは頭が悪い女性と思われてしまうかもしれません。

頭がいい女性は自分らしく生きている

頭の良い女性は自分らしく生きる

頭がいい女性は、自分と他人を比較したり何かを否定的にとらえたりしません。個性を大切に、自然体で自分らしく生きています。自分の信念に揺らぎがありませんが、一人で強がってたくましく生きるのではなく、素直に人の助けを借りることもできる強さも持ち合わせています。

そして、厳しい状況でもポジティブ思考で自分を無理なくコントロールできます。いつも、どこであっても、他人の評価を気にせず自分らしさを大切に素敵に生きているのでしょう。

さいごに

頭がいい女性、賢い女性は、成績がいいとか高学歴であるということではなく、素晴らしい人間性や品格を兼ね備えているのですね。そして、何事も上手に立ち回れるため、同性からも男性からも好かれる女性が多いのでしょう。

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる