ドラゴンフルーツの旬の時期と美味しい食べ方!

ザルにのったドラゴンフルーツ

ドラゴンフルーツは南国のイメージが強く、スーパーなどでもあまり見かけません。独特の見た目をしていますが、どんなフルーツなのか気になりますよね。実はドラゴンフルーツには、美容や健康をサポートする栄養素がたっぷり。積極的に食べほしい、とてもヘルシーなフルーツなんです。そこで今回は、ドラゴンフルーツの旬の時期や食べ方、保存方法などについて、じっくり解説していきたいと思います。

ドラゴンフルーツの特徴

テーブルの上のドラゴンフルーツ

ドラゴンフルーツはその果皮がドラゴンのうろこに似ていることから「ドラゴンフルーツ」とよばれていますが、正式な名前は「ピタヤ」です。

それでは、個性的なフルーツであるドラゴンフルーツの特徴について見ていきましょう。

熱帯地域のサンカクサボテンの果実

ドラゴンフルーツは、「サンカクサボテン」という名のサボテンの果実です。中南米やメキシコが原産で、主に3種類あります。

レッドピタヤ

レッドピタヤ

  • 果皮…鮮やかな赤(ピンク)
  • 果実…鮮やかな赤
  • 味…さっぱりとした甘み

ホワイトピタヤ

ホワイトピタヤ

  • 果皮…鮮やかな赤(ピンク)
  • 果実…白
  • 味…さっぱりとした甘み

イエローピタヤ

イエローピタヤ

  • 果皮…黄色、トゲがある
  • 果肉…白
  • 味…ほかの種類と比べて甘みが強い

イエローピタヤの果皮に生えているトゲは、すべて抜かれた状態で出荷されます。

《 ポイント 》

  • ドラゴンフルーツには色が微妙に異なる3タイプある
  • 果皮が黄色のドラゴンフルーツが一番甘い

さっぱりとした甘み

果肉には水分が多く、あっさりとした甘さが特徴です。酸味はなく、クセもありません

日本に出回っているドラゴンフルーツは輸入品が多いため、熟していない状態で収穫され、追熟もされません。糖度が上がらないまま店頭に並ぶので、フルーツとしては甘みが少ない、と感じられるようです。

《 ポイント 》

  • 日本で多く出回る輸入品のドラゴンフルーツは、甘みの少ない淡泊な味

日本国内のドラゴンフルーツ

日本に出回るドラゴンフルーツは、中央アメリカやベトナム、タイ、マレーシアなどからの輸入物が多いです。

しかし、日本でも沖縄や鹿児島、九州などの暖かい地域で栽培されるようになり、栽培地の付近では、糖度の高いドラゴンフルーツを食べられるチャンスがあります。

《 ポイント 》

  • 輸入物のドラゴンフルーツの産地…中央アメリカ、ベトナム、タイ、マレーシアなど
  • 国産のドラゴンフルーツの産地…沖縄、鹿児島、九州地方

台湾のドラゴンフルーツ

台湾はバラエティ豊かなフルーツの宝庫。もちろんドラゴンフルーツの出荷量も多く、ほとんどの地域で栽培されています。

台湾で栽培されているのは、ホワイトピタヤとレッドピタヤです。台湾へ観光に行くと、ドラゴンフルーツがたわわに実ったサンカクサボテンを見ることもできます。

《 ポイント 》

  • 台湾に行けば、収穫前のドラゴンフルーツに出会える可能性も!

ドラゴンフルーツの旬

たくさんのドラゴンフルーツ

南国育ちのドラゴンフルーツですが、旬の季節は一体いつなのでしょうか。国産&輸入物のドラゴンフルーツの旬の時期をまとめました。

国産ドラゴンフルーツの旬

沖縄や九州地方などで栽培される国産のレッドピタヤは、夏から秋にかけて出荷量が多くなります。イエローピタヤは、1月~3月、6月~10月頃が旬となります。

輸入物ドラゴンフルーツの旬

輸入のドラゴンフルーツは南米からのものが多く、国産のドラゴンフルーツのオフシーズンである1月~5月に多く出荷&輸入されます。

台湾のドラゴンフルーツの旬

台湾のドラゴンフルーツは、6月~10月にもっとも収穫量が多くなります。とくに狙い目は7月~9月。値段もお手頃で味も美味しいので、ドラゴンフルーツの旬の時期に台湾を旅行するのもおすすめです。

《 ポイント 》

  • 国産のレッドピタヤの旬…7月~11月
  • 国産のイエローピタヤの旬…1月~3月、6月~10月
  • 輸入物のレッドピタヤの旬…1月~5月
  • 輸入物のイエローピタヤの旬…8月~10月
  • 台湾に旅行に行くなら、ドラゴンフルーツの旬である7~9月がおすすめ!

ドラゴンフルーツの食べ方

食べやすくカットしたドラゴンフルーツ

ドラゴンフルーツを初めて食べる方は、どうやって食べればいいのかわからず、とまどってしまうこともあるかもしれません。

そこで、ドラゴンフルーツの食べ方とアレンジ方法を紹介します。

皮の剥き方と切り方

ドラゴンフルーツを縦半分に切って、スプーンですくって食べるのが一番簡単な食べ方です。大勢で食べる場合は、以下の方法でカットしましょう。

ドラゴンフルーツの切り方

  1. ドラゴンフルーツの表面の汚れを軽く洗う
  2. ふきんやキッチンペーパーで水気を拭き取る
  3. 縦半分に切る
  4. 3をさらに縦半分に切る
  5. 手で皮を剥く
  6. 食べやすい大きさに切る

ホームパーティーなどの際に、カットしたドラゴンフルーツを大皿に盛れば、話題性も抜群ですよ。

おすすめの食べ方

ドラゴンフルーツは甘みと酸味、風味が弱いので、少し物足りなさを感じるかもしれません。しかし、キンキンに冷やしてそのまま食べると、シャキシャキした食感でクセになる美味しさです。

そのほかに、サラダに加えたりスムージーに混ぜたりとアレンジすることで、また違った味を楽しむことができます。

《 ポイント 》

  • 縦半分に切れば、スプーンですくってすぐに食べられる
  • ドラゴンフルーツは、冷たく冷やした方が美味しい
  • サラダやスムージーにすると美味しく食べられる

ドラゴンフルーツの選び方

丸ごとのドラゴンフルーツとカットしたドラゴンフルーツ

ドラゴンフルーツはあまり馴染みのないフルーツなので、美味しいかどうかを見極めるのが難しもの。ドラゴンフルーツを購入するときには、次のポイントに注意しましょう。

ドラゴンフルーツを選ぶときのポイント

  • ずっしりと重くサイズが大きい
  • 果皮の表面にツヤがある
  • しなびていない
  • 果皮に付いている緑の突起の幅が広く短い

ドラゴンフルーツを購入したら、なるべく早めに食べてくださいね。

《 ポイント 》

  • 重くて大きく、ツヤのあるドラゴンフルーツを選ぶ!
  • 果皮に付いている緑色の突起の幅は、広いほうがいい

ドラゴンフルーツに関するQ&A

きれいに並んだドラゴンフルーツ

ドラゴンフルーツに関する3つの疑問にお答えします。

Q.ドラゴンフルーツの栄養素は何でしょうか?

A.カリウムの含有量がもっとも多く、葉酸やマグネシウムもたっぷり含まれます。果肉が赤色のレッドピタヤは、「ベタシアニン」とよばれるポリフェノールを多く含みます。

Q.ドラゴンフルーツに期待できる健康効果や美容効果は何でしょうか?

A.体内の余分な塩分を排出し、高血圧を予防する働きがあります。また、女性に多くみられる貧血症状の緩和にも効果が期待できます。レッドピタヤの赤い色素に含まれるポリフェノールには、強い抗酸化作用があり、老化防止や生活習慣病予防に役立ちます。

Q.ドラゴンフルーツの価格はどの位でしょうか?

A.日本で購入する場合、国産・輸入物ともに1玉だいたい500円前後です。国産のドラゴンフルーツは、1玉1,000円代のものもあります。台湾に行けば、旬の時期なら日本円で70円前後で購入できます。

ドラゴンフルーツはとても高級ですが、健康に役立つヘルシーフルーツですね。

《 ポイント 》

  • ドラゴンフルーツにはカリウムや葉酸、マグネシウムがたっぷり!
  • ドラゴンフルーツは高血圧の方にはとくにおすすめ
  • ドラゴンフルーツの値段は1玉500~1,000円

ドラゴンフルーツの保存方法

鮮やかなピンク色をしたドラゴンフルーツの果皮

ドラゴンフルーツは購入後に追熟しないので、なるべく早めに食べてください。乾燥しないようにポリ袋などに入れて、冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。

食べる前に最低でも1時間ほど冷やしておくといいでしょう。

《 ポイント 》

  • ドラゴンフルーツは追熟しない
  • ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室に保存する

最後に

赤い果実のドラゴンフルーツ

ドラゴンフルーツは見た目の派手さからは想像できないほど薄味で、甘さも控えめ。ドラゴンフルーツの淡泊な味に、物足りなさを感じる方も多いかもしれません。

しかし、ドラゴンフルーツには、生活習慣病予防や美容に役立つ栄養がたっぷり詰まっています。

ぜひ一度、旬の時期のドラゴンフルーツを味わってみてはいかがでしょうか。国産のドラゴンフルーツの産地へ旅行に行けば、採れたての旬のドラゴンフルーツを食べられるかもしれません。

ザルにのったドラゴンフルーツ

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる