ネギの冷凍保存の方法は?ネギを使ったおすすめレシピ5選!

小ネギ

ネギは家庭でもよく使われる定番の野菜の1つです。しかし、ネギは束で売られていることも多く、使い切れないということもよくあります。そのようなことを避けるためにも、ネギを正しい方法で冷凍保存して、美味しく食べきるようにしましょう。

「長ネギ」を冷凍保存するには

ネギ

長ネギは大きくて、束で売られていることがあり、せっかく買っても使い切る前に干からびたり、しなしなになってしまったりすることがよくあります。

食材を長持ちさせるために、ネギを冷凍保存したいと考える人もいます。

しかし、ネギは冷凍保存に向いていない食材と思い、冷凍保存をしていないという人もいます。ですが、ネギは正しい方法で冷凍保存すれば、ネギの美味しさを保つことができます。

また、ネギを冷凍保存することで、保存期間が長くなるだけではなく、他のメリットもあります。

冷凍保存方法

  1. 水で洗う
    まず水で洗い、キッチンペーパーなどでしっかりと水気を拭き取ります。
  2. 切り分ける
    水気を拭き取った長ネギは細かく切り分けずに、できるだけ長い状態で保存することが望ましいです。しかし、長ネギはそのままでは冷凍庫には入らないことも多いので、半分が3等分くらいに切り分けます。
  3. ラップで包む
    切り分けたネギはラップで包み、冷凍保存用の袋に空気が入らないようにして入れます。
  4. キッチンバッドに乗せて冷凍する
    冷凍保存をする際には、できるだけ早く冷凍したいので、袋に入れたネギをキッチンバットに乗せ、ネギの上には保冷剤を乗せた状態で冷凍庫に入れるようにしましょう。

解凍方法

冷凍したネギは解凍すると、水分と一緒に旨味も流れ出てしまいます。

特に、先に述べたネギに含まれるアリシンは冷凍すると、その栄養を閉じ込めることができますが、揮発性が高いので冷凍保存する際に空気に触れていたり、解凍する際の水気と一緒に流れたりしてしまいやすいです。

そのため、冷凍保存したネギは凍ったまま鍋に入れたり、炒めたりなど、解凍せずにそのまま加熱調理に使いましょう。

ただし、長ネギの緑色の部分は解凍すると食感が良くなるので、白い部分は凍ったまま使い、緑の部分は解凍してから使うと良いでしょう。

保存期間

ネギはもともと日持ちする食材です。しかし冷凍保存をすることで、さらに保存期間を延ばすことができ、冷凍保存したネギは1ヶ月ほど保存が可能です。

ただし、冷凍保存する前のネギの状態や、冷凍保存している時の保存状態や環境などによって、保存期間は多少前後します。そのため、長期冷凍保存をしたネギを使う際には、必ず使う前に状態を確認してから使うようにしましょう。

≪ポイント≫

  • 長ネギは極力長いままキッチンバッドなどを利用して「素早く冷凍」する
  • 解凍するよりも「凍ったまま加熱調理」するほうが長ネギの旨味が逃げないのでおすすめ
  • 冷凍保存した場合の長ネギは「1ヵ月」ほど保存可能

「葉ネギ」を冷凍保存するには

冷凍したネギ

スーパーでは白ネギだけでなく、青ネギもよく見かけます。青ネギは白ネギよりも細く白い箇所が少なく、緑の部分が多い食材です。

これらの特徴の違いから、青ネギと白ネギでは冷凍方法がやや異なる部分があります。

保存方法

  1. 水で洗う
    まずはしっかりと洗って水気を拭き取ります。
  2. 小口切りにする
    水気を拭き取った青ネギは小口切りにします。
  3. 袋に分ける
    小口切りにしたネギを冷凍保存用の袋に入れます。
    このとき、長ネギと同様に空気はしっかり抜いておきます。
  4. 袋を冷凍庫に入れる
    早く温度が下がるように、できるだけ袋の中でネギを平らに広げておくようにしましょう。

解凍方法

青ネギの場合も長ネギと同様に基本的には解凍せずにそのまま使います。

青ネギは長いまま冷凍するよりも、小口切りにして冷凍しておくことでネギの風味が劣化することを抑えられます。

また、ネギの緑色の部分は冷凍すると柔らかくなるため、青ネギの場合は冷凍をしても薬味として使うこともできます。

保存期間

小口切にして冷凍保存した青ネギは1ヶ月半ほどと長期保存をすることができます。そのため、青ネギを買って帰った際には、すぐに冷凍してしまっても良いでしょう。

ただし、冷凍する前の青ネギの状態や、冷凍保存しているときの条件や状態などによって、保存できる期間が多少前後することはあります。

そのため、冷凍した青ネギを使う際には、その状態を必ず確認する必要があります。

≪ポイント≫

  • 青ネギは「小口切り」にしてから袋へ入れて「平らに広げて」冷凍する
  • 冷凍青ネギは解凍せずそのまま使うと風味や食感を保てる
  • 保存期間は「1ヵ月半」を目安にする

冷凍「葉ネギ」におすすめの調理法

Close up view on chopped fresh spring onion and knife put on wood cutting board on wooden table with copy space. Prepare scallions for cooking. Food and vegetable concept for background or wallpaper.

冷凍した青ネギは長期保存することができます。また、青ネギを冷凍する際にはあらかじめ小口切りにしておけば、すぐに料理にも使えて時短にもつながります。

冷凍した青ネギの使い方は、冷凍した長ネギと同様で、基本的に凍ったまま加熱調理することが適しています。

炒めもの

青ネギを炒めものに使う際は、凍ったまま他の具材と同様に炒めるだけで美味しく食べることができます。

ただし、青ネギを冷凍する際には小口切りにしているため、細かい状態になっています。そのため、炒めものに使う際には弱い火力でじっくり炒めるよりも、強い火力でサッと炒めるようにしましょう。

料理の仕上げに

冷凍したネギは基本的に解凍せずに、そのまま加熱調理することに適しています。

しかし、ネギは緑色の部分であれば、冷凍することで細胞が破壊されて柔らかい食感になります。そのため、うどんや蕎麦、スープなどの仕上げに薬味として散らすという使い方をすることもできます。

ただし凍ったまま入れるので、温度管理には注意が必要です。あまり多くの量を入れてしまうと料理の温度が少し下がってしまうので、取り扱いには気をつけましょう。

冷凍「長ネギ」におすすめの調理法

豚汁に使うネギを切る

先に述べた通り、冷凍保存したネギを使う際には、基本的に解凍せず、薬味としてそのまま使うよりは加熱調理に使うことが適しています。加熱調理の方法にはいくつか種類があり、それぞれ適した冷凍ネギの使い方もあります。

正しい使い方をすれば、冷凍保存したネギも美味しく食べることができます。

炒めもの

冷凍保存したネギは、基本的に解凍しないで加熱調理に使います。

【小口切りで保存している場合】

小口切りや斜め切りなどの火が通りやすくカットしたネギを炒めものに使うのであれば、強火でサッと火を通すだけで美味しく食べることができます。

【ぶつ切りで保存している場合】

ぶつ切りのように、大きめにカットしたネギを使う場合には、弱火で時間をかけて火を通すことで柔らかく仕上げることができます。

煮込む・スープに入れる

鍋やスープなど、煮るタイプの料理に冷凍保存したネギを使う場合には、凍ったままのネギを入れるだけで美味しく食べることができます。

鍋やスープなどに冷凍保存したネギを使う場合には、炒めもののときと異なり、ネギの切り方によって扱い方を変える必要はありません。

ただしネギに火が通って、くたっとするまで煮る必要があります。ネギに火が通るまでは切り方によって時間が異なるので、ネギの様子から判断しましょう。

料理の仕上げに

冷凍保存したネギは基本的に加熱調理に使うことに適しています。しかし、ネギの緑色の部分であれば、冷凍したことで細胞が破壊されるので食感を柔らかくすることができます。

そのため、緑色の部分であれば冷凍したネギであっても、料理の仕上げに使うことができます。ただし、やはり冷凍前と比べるとネギの風味は少し落ちます。

ネギを冷凍保存するメリット

Sliced fresh green onion deep frozen, isolated on white backgrou

ネギを冷凍保存することには、栄養を閉じ込めたり、保存期間を延ばしたりなどするメリットがあります。また、ネギを冷凍保存することには、これら以外のメリットもあります。

それらのメリットを把握しておくことで、ネギを美味しく保存することや、便利な使い方をすることができるようになります。

時短調理

ネギは使う前に根の辺りに土が付いたままとなっていることも多く、長いまま洗って汚れを落とすことは意外と手間です。

ですが、長ネギを保存する場合は、先にネギを洗っておきます。また、ネギを冷凍する際には半分や3等分ほどに切り分けているため、料理のためにネギを切る際にもすでに切りやすい状態となっています。

そのため、買ってきた長くて土が付いたままのネギと比べて、冷凍したネギは扱いやすい状態となっているため、結果として料理の時短につながります。

美味しさを保てる

先に述べた通り、ネギは冷凍をすることで栄養や旨味を逃さずに閉じ込めて保存することができます。そのため、ネギを冷凍すれば美味しい状態のまま保存することができます。

ただし、ネギは解凍すると、その際に水分と一緒に旨味が流れ出てしまうこともあるため、冷凍したネギはそのまま加熱調理に使うことが望ましいです。

ネギは加熱すると甘みが増します。また、ネギから出た旨味が加熱によって他の具材やスープなどに溶け込みます。

ネギを冷蔵で保存するには?

長葱 Green Onion

ネギは冷凍すれば1ヶ月ほど保存することができます。

しかし、食材はできるだけ冷凍したくないという人も多く、できればネギも冷凍せずに使い切りたいと思っている方も多いことでしょう。

そのような場合は、ネギを冷蔵保存すると良いでしょう。ネギはもともと長持ちしやすい食材なので、正しい方法で保存すれば冷蔵保存でも意外と長持ちしてくれます。

保存方法

  1. ネギをカットする
    ネギを冷蔵保存する場合にも、冷凍保存をする場合と同様に、できるだけ細かく切り分けずに大きいまま保存することが望ましいです。そのため、冷蔵保存の場合も、半分か3等分くらいにカットしましょう。
  2. キッチンペーパーで包む
    カットしたネギの下半分を多めの水を含ませたキッチンペーパーなどで包みます。そして、上半分には軽く水を含ませたキッチンペーパーで包みます。濡らしたキッチンペーパーでネギを包む理由は、適度な水分をネギに与えるためです。
  3. 袋に入れて冷蔵庫に入れる
    キッチンペーパーで包んだネギは冷蔵庫の冷風で乾かないように、冷蔵保存用の袋などに空気を抜いてから入れ、野菜室で保存します。
    このとき、可能であればネギは立てて保存することが望ましいです。
  4. 定期的にキッチンペーパーを取り替える
    キッチンペーパーは週に1度は交換して、緑色の部分と白い部分は分けて保存するようにしましょう。

保存期間

ネギは正しい方法で保存すれば、2週間から3週間ほどと、意外に長持ちします。

ただし、冷蔵保存する前のネギの状態や、冷蔵保存している際の状況や環境などによって保存できる期間が前後することがあります。

特に冷蔵庫の開け閉めで、温度が高くなったり低くなったりを繰り返すと、ネギが傷んでしまうことがあります。

また、ネギを包んでいるキッチンペーパーの状態が悪いとネギが傷んでしまいがちです。そのため、冷蔵保存をしていたネギも冷凍した場合と同様に、必ず状態を確認してから使うようにしましょう。

≪ポイント≫

  • できるだけ長めにカットする
  • 水気のあるキッチンペーパーに包む
  • 保存用の袋に入れる
  • 定期的にキッチンペーパーを交換する
  • 保存期間は2~3週間を目安にする

美味しいネギの選び方

ネギ

ネギの選び方も白ネギと青ネギで異なります。

  • 青ネギは葉の先がピンと張ってしっかり立っているものを選ぶ。
  • 緑色が濃い青ネギを選ぶ。色が濃いほど栄養も濃いと言われています。
  • 白い部分と緑の部分がハッキリと分かれているものを選びましょう。
  • 白い部分に締まりがあり、弾力の強いものを選びましょう。

また、ネギを持ったときに白い部分に弾力がなくて柔らかかったり、軽かったりなどするものは古いネギの可能性があるので注意しましょう。

薬味に鍋に大活躍!万能食材ネギの特徴

ねぎ,畑,農業

ここまでネギの保存や選び方について紹介してきました。

薬味や鍋、料理の具材など、ネギは使い方の幅が広く、多くの家庭でよく使われる野菜の1つです。ここからは家庭で大活躍するネギそのものについて詳しく見ていきましょう。

ネギの歴史

ネギの原産地は中国西南部です。紀元前にはすでに栽培されていたということが「礼記」という周から漢の時代にかけてまとめられた書物に記録されています。

日本にネギが伝わったのは奈良時代以前と言われていて、そのことは「日本書紀」に記録されています。ネギが日本に伝わると、平安時代にはネギが栽培され現代と同じように主要な野菜の1つとなりました。

江戸時代になると、越津ネギや下仁田ネギなどの種類のネギも栽培されるようになりました。

ネギの特徴

ネギには千住ネギや下仁田ネギ、九条ネギや万能ネギなど、いろいろな種類があり、ネギの種類によってそれぞれ持っている特徴は異なります。

しかし、一般的なネギの特徴としては、薬味などのように料理を引き立てるための脇役として扱われることが多いです。

ネギの茎は根から上の1cmくらいまでです。根から上は全て葉の部分になります。そのため、緑色の部分だけがネギの葉と思われることもありますが、白い部分も葉になります。

ネギの産地

ネギは日本全国で栽培されています。地域別で見ると、関東地方で多く生産されています。

国内のネギ生産量1位は千葉です。2位は埼玉、3位が茨城の順に続きます。ただし、出荷量は重さで調査されるため、重量の軽いやっこネギや万能ネギだけに種類を絞ると順位は変わる可能性があります。

ちなみに、日本のネギ生産量は世界で2位となっています。また、ネギの旬は、ネギの種類にもよりますが晩秋から春先となっています。

代表的なネギの品種

先に述べた通り、ネギにはいろいろな品種があります。スーパーなどでよく見かける白ネギというのは千住ネギという品種です。

スーパーなどでよく見かけるもう1つの品種として九条ネギがあります。その九条ネギを品種改良したものがやっこネギや万能ネギとなります。

他にも、わけぎと表記されているネギもあります。わけぎはネギと玉ネギの雑種になります。近年では下仁田ネギや加賀ネギなど、他の品種を見かけることも多くなってきました。

ネギの味

ネギの味は品種によって異なります。

【千住ネギ】

スーパーなどでよく見かける千住ネギは白い部分が大きく、柔らかいという特徴があります。加熱すると甘みが強くなるので、鍋などに向いています。

【わけぎ・万能ネギ・やっこネギ】

わけぎや万能ネギ、やっこネギなどは緑の部分を食べる種類のネギとなります。しかし、白い部分が全く食べられないというわけではありません。これらのネギは細いものが多く、味の種類からも薬味として使われることが多いです。

ネギの栄養・効能

ネギにはいくつも種類があり、それぞれ持っている栄養も異なります。しかし、大きく分ければネギの栄養は「白ネギ」と「青ネギ」で分けることができます。

【白ネギの栄養素】

白ネギには、主にビタミンC、β-カロテン、カルシウムなどが含まれています。白ネギと青ネギでは白ネギの方がネギ特有の臭いが強いです。

これは青ネギよりも白ネギの方がアリシンという栄養素を多く含んでいるためです。アリシンにはビタミンB1の吸収を高めてくれる効果があり、そのビタミンB1には疲労回復の効果があるといわれています。

【青ネギの栄養素】

青ネギに含まれる主な栄養素は白ネギと同様にビタミンC、β-カロテン、カルシウムなどです。ただし、これらの含有量は白ネギよりも多いです。

ネギを使ったおすすめレシピ5選!

かけそば

ネギは正しい方法で冷凍をすれば長期保存ができるようになります。

ただし、冷凍後の状態のネギと冷凍前の状態のネギでは美味しく食べるための方法で異なる点があります。そのため、冷凍保存をしたネギを美味しく食べるためには、正しい使い方を把握しておく必要があります。

しかし、冷凍ネギの正しい使い方と言っても、難しいことはなく、基本的には解凍しないまま使えば、美味しく食べることができます。

鍋類

ネギは鍋の定番具材の1つです。そのため、鍋をするときにはネギは外せないという家庭も多いです。

冷凍保存しているネギと鍋の相性は非常に良いです。冷凍したネギは解凍せずに加熱調理することが望ましいので、凍ったままのネギを鍋に入れるだけで冷凍ネギを美味しく食べることができます。

冷凍ネギを鍋の具材にする際には、ネギがクタッとしてきた頃が食べ頃となります。

スープ類

冷凍したネギは解凍せずに加熱調理することが望ましいこともあり、鍋との相性が非常に良い食材です。また、同様の理由でスープ類との相性も抜群です。

スープの具材に冷凍ネギを入れる際も、凍ったままスープと一緒に加熱するだけで美味しく食べることができます。

ネギがクタッとしてきたら食べ頃ということも鍋類に冷凍ネギを使う際と同様です。ネギは加熱すると甘みが増し、旨味は揮発性が高いので、スープや鍋に冷凍ネギを使うと、ネギは甘くなり、ネギの旨味は出汁に溶けます。

炒めもの

冷凍ネギは鍋やスープに入れて加熱するだけでなく、炒めものにしても美味しく食べられます。そのため、細かく刻んだ冷凍ネギをチャーハンの具などにもすることができます。

炒めものに冷凍ネギを使う際には、

  • 細かく切った場合には強火でサッと炒める
  • 大きめに切った場合には弱火でゆっくりと火を通す

この2点を守るとネギを美味しく仕上げることができます。

薬味

ネギはうどんや蕎麦などの薬味で使うということもあります。しかし、冷凍したネギは基本的に加熱調理して使うことに向いています。

しかし、ネギの緑色の部分は冷凍することで、細胞が破壊されて柔らかい食感にすることができます。そのため、冷凍したネギでも緑色の部分であれば細かく切って薬味にすることはできます。

薬味として使う際も、できれば凍ったままでうどんや蕎麦の仕上げに使う方が良いでしょう。ただし、あまり多くの凍ったネギを温かいうどんや蕎麦などに入れると、つゆの温度が下がってしまうので注意が必要です。

卵焼き

鍋やスープ、チャーハンなどの加熱方法とは少し異なる方法として、冷凍ネギを卵焼きに入れて加熱するという方法もあります。

ネギ入りの卵焼きを焼くときも、ネギには十分な加熱ができるため、冷凍ネギでも十分に美味しい卵焼きを焼くことができます。

ただし、凍ったままのネギを卵に混ぜることになるので、ネギからの水分で卵の味が薄くなってしまいます。そのため、卵には少し濃いめの味付けをしておくことがポイントとなります。

鮮度を保つネギの冷凍方法マスターしよう!

女性 主婦 キッチン

ネギは家庭でもよく使われる定番の野菜の1つです。

そのため、家でよくネギを使うという人もいます。しかし、ネギは束で売られていることもあり、使い切れずに傷んでしまうということもよくあります。

そのようなことを避けるためには冷凍保存が適しています。食材はできれば冷凍をしたくないという人もいますが、ネギは正しい方法で保存し、正しい使い方をすれば、美味しい状態でネギを長く保存することができるようになります。

よく使うネギだからこそ、その特徴をよく把握して、美味しく食べられる状態を長く保てるようにしましょう。

小ネギ

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる