さつまいもの保存方法!美味しさを保つためのコツ

さつまいも

自然の甘みで料理だけでなくスイーツとしても楽しめるさつまいも。旬の時期には手ごろな価格でスーパーに並び、家庭菜園の野菜としても人気ですが、すぐに食べ切れないさつまいもの正しい保存方法をご存じでしょうか?季節に応じて適切に保存することで美味しさも保てます。さつまいもの正しい保存方法をご紹介します。

さつまいもを保存するときのコツ

サツマイモ

低温と乾燥に注意

さつまいもは温暖な地域で栽培されているため寒さや乾燥に弱く温度が低すぎると低温障害を起こしやすくなります。

低温障害とは?
果物や野菜の一部にみられるもので、低温で保存することで細胞が変質して、柔らかくなる、水っぽくなる、栄養価が下がるなど品質が劣化することを言います。

一方で、さつまいもは温度が高すぎると芽が出てきてしまいます。

さつまいもの保存に適した温度と湿度は温度13度、湿度80%以上と言われていますが、この状態を維持するのは難しいことです。季節に応じて冷暗所や野菜室で保存するようにしましょう。

水に触れないようにする

さつまいもは水分にも弱く、水に付着したところから傷み始めます。土付きのさつまいもを、保存する場合、水で洗わずに土をはらうだけにしておいたほうが長持ちします。使う直前によく洗うようにすると良いでしょう。

≪ポイント≫

  • 冷暗所または野菜室に保存する。
  • 保存する場合は水洗いしない。土を落とす程度にしておく。

さつまいもを常温で保存する

さつまいも

常温の場合の保存期間

保存期間:1カ月~3カ月

さつまいもは基本的にはジャガイモなどと同じように、涼しい季節は常温での保存が適しています。20℃くらいまでは常温保存が可能です。

保存方法

  1. 1本ずつ新聞紙にくるむ。
  2. 包んださつまいもをかごや段ボールに入れる。
  3. 保管する際は、直射日光を避け風通しの良い冷暗所に置く。

冬場は廊下などにおいても良いでしょう。土の付いたさつまいもは、前述した通り洗うのは使う直前にして、保存するときは土をよくはらってから新聞紙でくるんでおきましょう。

土付きを水洗した場合、長期保存は適していませんので、できるだけ早めに食べるようにします。

≪ポイント≫

  • 保存期間は「1カ月~3カ月」を目安にする。
  • 水洗いした場合は痛みが早いので出来るだけ早めに食べる。
  • 保存する前に1本ずつ新聞紙で包んでおく。風通しの良い冷暗所に保管する。

さつまいもを冷蔵庫(野菜室)で保存する

さつまいも 紅はるか

冷蔵庫(野菜室)の場合の保存期間

保存期間:約1カ月

夏場など気温が20℃以上になる季節は常温保存では芽が出てきてしまうため、冷蔵庫で保存します。低温に弱いため冷蔵室よりも温度設定が高くなっている野菜室に保存するのが望ましいです。

常温保存と同じように1本ずつ新聞紙でくるんだら、保存袋に入れて口を軽く閉じ野菜室に立てて保存しましょう。

「使いかけ」の場合は保存期間が短くなるので注意

「使いかけ」の場合の保存期間:2~3日

使いかけのさつまいもは、切り口が乾燥しやすいためラップでぴったりと包み野菜室に入れ早めに使い切りましょう。

または、切ったさつまいもを保存容器に入れ、かぶるくらいの水を足して野菜室で保存する方法もあります。この場合、浸けている水は毎日交換してください。

≪ポイント≫

  • 冷蔵庫(野菜室)の保存期間は「約1ヵ月」。
  • 使いかけの場合は「2~3日」。痛みやすいので早めに使い切る。
  • 保存方法は基本常温保存と同じ。使いかけの場合はラップで包む。

さつまいもを冷凍保存する

焼き芋

カットして生のまま冷凍保存する方法

保存期間:1カ月

さつまいもをカットして生のまま冷凍することで、調理したときに煮崩れしにくく変色もしづらくなります。

  1. たわしなどで土がついていたらキレイに落とします。
  2. キッチンペーパーなどで水気をふき取ります。
  3. 使いやすい大きさにカットします。
  4. 少量ずつラップに包みます。
  5. フリーザーバッグにできるだけ平らに入れて空気を抜いて冷凍庫で保存します。

蒸してから冷凍保存する方法

保存期間:1カ月

さつまいもを蒸して冷凍する方法です。

  1. たわしなどで土がついていたらキレイに落とします。
  2. さつまいもを蒸し器に並べて蓋をします。
  3. 強火にかけ沸騰したら火を弱めます。
  4. 竹串が通るまで10~30分蒸したら出来上がりです。
  5. 冷めたらラップで包みフリーザーバッグに入れて冷凍庫で保存します。

1.5㎝くらいの輪切りにすると蒸し時間は10分程度と時短になりますが、切断面が多くなりますので冷凍する際は少量ずつラップに包んだほうが良いでしょう。

丸ごと蒸してから冷凍する場合は20~30分くらい蒸します。大きさによっても変わりますので、竹串がすっと通るまでしっかりと火を通してください。

焼き芋にして冷凍する方法

保存期間:1カ月

焼き芋で冷凍をしておくと、長期保存ができる上に半解凍にすると美味しいアイスのような食感で楽しめます。オーブントースターやオーブンを使うと自宅でも甘い焼き芋が作れます。

  1. たわしなどで土がついていたらキレイに落とします。
  2. オーブントースターにアルミホイルを敷きその上にさつまいもを置きます。
  3. 200度で20分加熱します。さつまいもを裏返してさらに200度で20分加熱します。
  4. 竹串がすっと通ったら完成です。
  5. 冷めたら焼き芋をぴったりと包みフリーザーバッグに入れ冷凍庫で保存します。

つぶして冷凍保存する方法

保存期間:1カ月

マッシュして冷凍をすると、サラダやポタージュ、コロッケなどにすぐ使えて便利です。また、スイートポテトなどの手作りおやつも簡単に作れます。

  1. たわしなどで土がついていたらキレイに落とします。
  2. さつまいもをラップでくるみ、耐熱皿に乗せます。
  3. 電子レンジに入れて500Wで10分加熱します。
  4. つまようじがすっと通るくらいになったら取り出します。(熱いので気を付けて下さい)
  5. 皮をむきマッシャーやフォークで潰します。(熱いので気を付けて下さい)
  6. 冷めたらフリーザーバッグにできるだけ平らに入れて空気を抜いて冷凍庫で保存します。
≪ポイント≫

  • 冷凍保存なら「生のまま」はもちろん「蒸す・焼く・つぶす」などの処理をしても長期間保存できる
  • いずれの方法でも保存期間は「約1ヵ月」と長期保存できる

さつまいもに関するQ&A

大学芋

Q.強い甘みで焼き芋に適している品種は何でしょうか?

A.果肉が鮮やかな黄色または橙色をしている「安納芋」は強い甘みとねっとりとした舌ざわりで焼き芋に適しています。他にも、スイーツのような甘みのある「紅はるか」や絹のようななめらかな舌ざわりの「シルクスイート」の焼き芋も人気です。

Q.ホクホクした食感で大学芋や天ぷらなどに適している品種は何でしょうか?

A.ホクホクとした食感で人気の品種は「紅あずま」や「紅赤」です。他には関西で人気の「金時」もホクホク食感で甘みも強く天ぷらなどにおすすめです。

Q.さつまいもの旬の季節と主な産地はどこでしょうか?

A.さつまいもが収穫されるのは8月から11月くらいです。さつまいもは収穫したての状態より数カ月貯蔵をして余分な水分などを逃してから出荷するほうが甘みが増します。そのため、旬の時期は収穫直後ではなく10月~翌年の1月くらいまでとなっています。

主な産地は全国の生産量の約4割を占めている鹿児島県で茨城県、千葉県と続きます。さつまいもは全国各都道府県で生産されていますが、北海道や東北など寒冷地での栽培は少ないです。

冷凍さつまいもの使い方と食べ方

さつまいもご飯

凍ったまま調理するのがおすすめ

輪切りやいちょう切りにして冷凍したさつまいもは凍ったまま調理するのがおすすめです。

解凍しないで鍋にいれて煮物に使ったり、天ぷらにするのもおすすめです。味噌汁などにもそのまま入れて5分くらい火を通してください。

ご飯と一緒に炊く

また、ご飯を炊くときに凍ったままのさつまいもを一緒に入れて炊くと簡単にさつまいもご飯が作れます。

蒸したさつまいもは自然解凍が水分に流出も少なく、味や風味が落ちるのを抑えることができるでしょう。

焼き芋を冷凍した場合

焼き芋にして冷凍した場合は、半解凍の焼き芋をアイスのようにスプーンですくって食べることができます。または電子レンジで温めても良いでしょう。

つぶして冷凍した場合

マッシュして冷凍したさつまいもは前日から自然解凍させておくと料理に使いやすいです。時間がないときは電子レンジで解凍もできますが、加熱のし過ぎに気を付けて下さい。

最後に

蒸しさつまいも

さつまいもは加熱してもビタミンCが壊れにくい野菜ですので、美味しく食べてもビタミンCを摂取でき、疲労回復や風邪の予防などの効果が期待できるのも魅力です。

他にも便秘解消に役立つ食物繊維や、体内のナトリウムを排泄することで高血圧予防にもなると言われているカリウムを豊富に含んでいます。さらに抗酸化作用が期待できるビタミンEなどもあり、体にも嬉しい栄養成分を摂取することができます。

冷凍保存を上手に活用して日ごろの食事に積極的に取り入れましょう!

さつまいも

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる