ウインナーは電子レンジで手軽に簡単時短調理!アレンジレシピもご紹介!

ウインナー

ウインナーをレンジで調理する方法をご存知ですか?朝食でも夕食でも、お弁当でもおつまみにもいつでも美味しく食べられるウインナーですが、ウインナーだけを調理するのに鍋でお湯を沸かしたり、フライパンを使って炒めると洗い物のことまで考えてしまうと少し面倒にですよね?今回はウインナーの調理を簡単に電子レンジでする方法を紹介します。鍋もフライパンも使わない調理なので忙しい朝でも手軽に時短調理ができますよ。

ウインナーを電子レンジで加熱調理する方法とコツ

ボイルウインナー

ウインナーを電子レンジで加熱調理する方法には、ウインナーをそのまま加熱する方法と、マグカップを使用した簡単ボイルの方法があります。

ウインナーをそのまま加熱する方法

ウインナーをそのままレンジで加熱する方法は、ウインナーを袋から出してそのままの状態でお皿の上に置いて電子レンジでチンするだけの1番簡単な加熱調理の方法です。

下準備とレンジでチンする手順

  1. ウインナーに爪楊枝で穴明けまたは切り込みを入れる
    ウインナーは電子レンジで調理をすると破裂してしまうことがあるので、防止のためにウインナーに爪楊枝で何点かプツプツと軽く刺して穴を開けましょう。穴は貫通させないようにしましょう。爪楊枝が無い場合はフォークで何点か穴を開けても効果は同じです。またナイフや包丁でウインナーに切り込みを少し入れても同じ効果が得られます。
  2. お皿に並べてラップしてレンジでチン!
    お皿の上にウインナーを並べて置いてふわっとラップをして、電子レンジで加熱します。電子レンジでの加熱時間はウインナー3本の場合は500Wで30秒、600Wで20秒。電子レンジのメーカーによっては多少の差があるので、温め終わってから1度確認して加熱不足を感じたら10秒ずつ追加して過熱してください。
  3. パリパリに完成
    レンジで加熱し終わったウインナーはパリパリ食感でとてもおいしいです。ウインナーに切り込みを入れたときはパリパリ食感は少し減ってしまします。

マグカップで簡単ボイルの方法

マグカップを使用して簡単ボイルをすると破裂してしまうことが無くなります。鍋でボイルしたウインナーと同じように仕上げることができます。コンロで別の物を調理しているときにボイルできるのですごく便利です。

下準備と調理手順

  1. マグカップの中にウインナーを入れて水を入れる
    マグカップの中にウインナーを入れてから、ウインナーがすっかり水の中に入るくらいの水を入れます。ウインナーが水の中から出ている部分があるとそこから破裂してしまう恐れがあるので水の量に注意しましょう。
  2. マグカップをレンジでチン!
    水の中にウインナーを入れたマグカップを電子レンジに入れてチンして加熱します。このときの加熱時間はウインナー3本の場合500Wで1分30秒、600Wで1分20秒。マグカップの大きさや水の量で加熱時間は変化するので1度加熱したら確認して状態によって追加で加熱してください。20秒くらいずつ追加して様子を見ながら加熱しましょう。
  3. 加熱後に1分放置する
    電子レンジでの加熱が完了したら、すぐマグカップのお湯の中から取り出さずに1分ほど放置してからウインナーを取り出しましょう。ウインナー自体の加熱は十分にできていますが、放置することでしっかり茹でることができるのでプリプリな食感がアップしてとてもおいしいです。

ここまでは茹でるウインナーの作り方を紹介しましたが、電子レンジで加熱するだけでカリカリ食感の焼いたようなウインナーを作ることもできます。

おつまみにはカリカリに仕上げる

電子レンジでの加熱時間を増やすことで、ウインナーをカリカリの食感にして楽しむこともでき、簡単においしいおつまみが作れちゃいます。

  1. ウインナーを輪切りにする
    ウインナーを袋から取り出して輪切りにしましょう。輪切りにしなくても問題ありません。その場合は爪楊枝やフォークで穴を開けてください。
  2. お皿に並べてラップしてレンジでチン!
    お皿の上に輪切りにしたウインナーを並べて置いてふわっとラップをして、電子レンジで加熱します。加熱時間をこれまでよりも増やします。ウインナー3本の場合は500Wで2分30秒、600Wで2分20秒。電子レンジのメーカーによっては多少の差があるので、様子を見ながら加熱するようにしてください。
  3. カリカリに完成!
    加熱し終わったウインナーは焼いたようなカリカリな食感となってビールのお供に最適です。簡単調理なので男の人でもすぐできるので憶えてもらいましょう。

電子レンジでウインナーを調理するときのコツは加熱時間です。ここまでで紹介した過熱時間も電子レンジのメーカーによっては十分に加熱できていたり加熱が不足してしまうことがあります。美味しくウインナーを食べるためにも1度加熱したら加熱が不足していないか確認して、足りないと感じたら追加して短時間ずつ加熱してください。

ウインナーの電子レンジでの加熱調理時の注意する点

ボイルウインナー

ウインナーを電子レンジで加熱調理するときの注意すべき点はウインナーの破裂によって火傷をしないように準備することです。マグカップでボイルの場合には心配ありませんが、お皿に並べて加熱するときはウインナーに穴を開けて必ずラップをしましょう。何もせずにお皿に並べて加熱した場合、電子レンジから取り出すときの振動で爆発して破裂してしまうと熱い油が手にかかってしまうことがあります。

ウインナーのレンジ加熱はメーカーが禁止していた!

電子レンジ

実はウインナーを電子レンジで加熱することは以前はウインナーのメーカーで禁止されていたのです。パッケージの裏にも注意書きで「電子レンジの使用は控えてください」と記載されていました。

禁止されていた理由はウインナーを電子レンジで温めすぎてしまうと破裂してしまいウインナー内部の油が飛び散って火傷をする危険があるという理由でした。ウインナーのメーカーは、購入者に危険が及ばぬよう当初は注意喚起していましたが、時短料理の家事の負担を少しでも減らすアイデアとしていろいろなレシピサイトでウインナーの電子レンジ調理が紹介されたことで、メーカー側も電子レンジの使用を解禁して調理方法を記載したパッケージに変更したという歴史があります。

パッケージの裏面を確認すると、「電子レンジでの加熱はウインナー3本の場合500Wで30秒、600Wで20秒、6本の場合はその倍の時間」と記載されています。

ウインナーの電子レンジを使った簡単アレンジレシピ

ウインナーのおつまみ

ひと手間加えるだけでウインナーをアレンジする簡単レシピを紹介します。おつまみで簡単に用意したいときやお弁当に何か一品追加したいときに役立ちます。

簡単ウインナーコーンバター

ウインナーを輪切りにして、スイートコーンを耐熱容器に入れて混ぜて電子レンジで加熱します。加熱時間は量によって異なるので、1分ずつの加熱を様子を見ながら繰り返してください。加熱が終わったら仕上げにバターを上に乗せるだけで完成です。彩りを考えて細かくほぐしたパセリを少し上からかけたり、ほうれん草やブロッコリーを加えれば栄養価も高まります。

簡単とろけるチーズウインナー

ウインナーに斜めに切り込みを入れてとろけるチーズを乗せて電子レンジで加熱します。加熱時間は電子レンジと量によって異なるので、1分ずつの加熱を様子を見ながら繰り返し調整してください。仕上げにドライパセリをふりかけケチャップをたらせば美味しく仕上がります。

簡単チリウインナー

ウインナーに斜めに切り込みを入れて、玉ねぎを薄くスライスしてケチャップ、オリーブオイル、豆板醤と良く混ぜ合わせます。加熱時に皿に乗せるときに皿の中心部分を輪になるようにあけて並べて加熱します。中心部分をあけることでムラなく温めることができます。加熱後に全体を良く混ぜ合わせドライパセリをふりかけると彩りも良く仕上がります。

最後に

ウインナーを食べる子供

ウインナーは電子レンジを上手に使うことで簡単にさまざまな加熱調理をすることが可能です。鍋を用意してお湯を沸かしたり、フライパンを用意して焼くよりもずっと簡単で家事の負担を大きく減らすことができます。朝の早い時間や夜遅い時間の調理では時短調理にもつながるので積極的に試してみてください。

ウインナー

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる