アルミホイルは電子レンジでの使用厳禁!?しかし限定された使用方法はある

電子レンジのスイッチを入れる様子

皆さんはレンジでアルミホイルをうっかり加熱してしまったことはありますか?実は電子レンジでアルミホイルを加熱してしまうと危険なんです。今回は、アルミホイルを電子レンジで加熱してしまうとどうなるのか。電子レンジの仕組みからアルミホイルが使える条件まで詳しくご紹介します。ぜひ参考にして電子レンジを安全に使えるようになりましょう。

アルミホイルを電子レンジで使うとどうなるのか

電子レンジとアルミホイルはNG

アルミホイルを電子レンジで使ってしまった場合、どうなるでしょうか?正解は、「たちまち火花が飛んでしまう」です。そのまま加熱し続けてしまうと火災・爆発の原因になります。有害物質も出てしまうのでとても危険です。

アルミホイルを誤って加熱してしまう原因で多いのが、お弁当の温め直しです。お弁当には銀のカップを使っているご家庭も多いですよね。知らずに入れてバチバチと火花が飛んでしまいます。

電子レンジに金属はダメ!その理由は?

アルミのカップ

ここからは、電子レンジの仕組みと金属がだめな理由をご紹介していきます。

電子レンジの仕組み

電子レンジは人間で例えると手と手を擦り合わせているようなものです。手をこすり合わせると手の表面が暖かくなってきますよね。それと同じく摩擦で熱を発生させる仕組みです。

電子レンジにはマイクロ波を出すマグネトロンという部品が搭載されています。一方、食べ物中には水分があり、分子レベルで見ると水分子が存在します。

マグネトロンから出るマイクロ波を水分子に照射すると、電圧のかかった空間ができ、水分子が回転・振動します。そのときに互いに摩擦し合うことで熱を発生させることができるのです。

金属NGな理由

金属がNGな理由は主に2つです。

  • マイクロ波を反射する性質があるため
  • 自由に動ける電子があるため

アルミホイルにはマイクロ波を反射する性質があります。反射したマイクロ波がマグネトロンに返ってしまい、急激な温度上昇が発生。火が出て燃える原因になってしまいます。また、アルミホイルが電子レンジの壁と接触していると放電が起きるので、故障の原因にもなりかねません。

自由に動ける電子があるとなぜいけないのかというと、マイクロ波によって激しく動き回ってしまうからです。激しく動きすぎて飛んでしまった電子は他に飛び移ろうとするのでそのときに火花が出てしまいます。アルミホイルの表面が凸凹していればしているほど放電する可能性が高いです。

また、放電した熱でアルミホイルも溶けます。溶け出したアルミの成分は人体には影響はしません。ですが、気分の良いものではないのでやはりアルミホイルを加熱しないのが無難です。

アルミホイルを電子レンジで使える場合もあります

ホイルをレンジに入れている様子

ここまでアルミホイルを加熱してはいけないとお伝えしましたが、実は電子レンジでアルミホイルを使える調理法もあります。以下でご紹介していきます。

ゆで卵を作る方法

  1. 卵をアルミホイルで包む
  2. マグカップに1を入れて卵が浸かるまで水を入れる
  3. コップにラップをかける
  4. 500w5分加熱する
  5. 取り出して完了

卵をアルミホイルで包む際は、卵が出ないようにアルミホイルで覆うようにしてください。また、コップにラップをする場合はコップの隅を少し開けるようにしましょう。

茶碗蒸しを作る方法

  1. 卵液と具材を準備する
  2. 茶碗に1を入れる
  3. ラップをかける
  4. アルミホイルをかける
  5. 弱めの出力で加熱する
  6. 固まったら完了

茶碗にラップを掛ける際はピッタリかかるようにしましょう。また、アルミホイルも同様です。凸凹していると発火する原因になるので、慎重にかぶせるようにしてください。

加熱するときは出力は弱めで。200wや450wなどお持ちのレンジの出力が一番小さい設定で加熱するようにしてください。時間も1〜2分刻みで様子を見ながら加熱するようにしましょう。

熱燗を作る方法

  1. 徳利のサイズに合わせてアルミホイルを切る
  2. アルミホイルで徳利にフタをする
  3. 加熱する
  4. 温まったら完了

まずは徳利のサイズに合わせてアルミホイルを切ります。筒状にして徳利の上の部分にかぶせてください。そうすることで中のお酒が循環して加熱ムラを防ぐことができます。加熱する時間は500w1分程度で大丈夫です。取り出すときは熱くなっているのでやけどに注意してください。

これらの使い方をする場合は細心の注意を
■いずれの方法もレンジの出力を下げ、影響が出ない程度の短時間に限った使い方なので、本来の使い方とは違います。少しでもやり方を間違ってしまうと事故の原因になるので注意してください。
■また、壊れると知っていて加熱した場合修理に出しても保証対象外になる可能性があります。その場合修理代は高額になるので気をつけましょう。
■ご自分の持っている電子レンジの説明書をよく読んで、アルミホイルの使用が厳禁となっている場合は使用を止めましょう。

電子レンジのオーブン機能はアルミホイルが使用可能?

肉が乗ったアルミホイル

電子レンジのオーブン機能はアルミホイルの使用ができます。レンジは基本的に温めるだけですが、オーブンは焼くこともできます。仕組みは、レンジのオーブン機能はマイクロ波ではなく放射熱を利用して温めています。アルミホイルは放射熱では発火することはありません。なので安全に使うことが出来ます。

また、オーブン機能で使えないものもあります。それはサランラップです。サランラップはオーブン機能の熱には耐えることが出来ず、溶けてしまいます。庫内にこびりついてしまったり、溶けたラップが食品に混ざってしまいます。

食べても問題はありませんが、気持ちいいものではないですよね。オーブン機能を使うときはラップは取り外すようにしてください。

スチームオーブンレンジならばアルミホイルが使える?

くしゃくしゃのアルミホイル

スチームオーブンレンジは100度以上の水蒸気を構内に充満させて全方向から一気にな熱して調理する仕組み。表面はカリッと中はジューシーに仕上がるのが特徴です。

基本的にはヘルシオやヘルシーシェフなどのスチームオーブンレンジは電磁波を使用しないので、アルミホイルを使っての調理も簡単に出来ます。

しかし、1点気をつけなければならないのが、一部の商品には例外もあるということ。複合タイプの機種の場合は、電磁波を使った機能かどうかを見極める必要があります。使用する前には必ず取扱説明書をよく読んでから安全に正しくアルミホイルを使うようにしましょう。

まとめ:なるべく使わないようにするのが無難

新品のアルミホイル

今回は電子レンジのアルミホイルの使用についてご紹介しました。誰でも1回は電子レンジでアルミホイルを温めてしまったという経験はあると思います。何度もしていると庫内が壊れてしまう原因にもなるので、この記事を頭に入れて同じ失敗はしないようにしましょう。

また、ゆでたまごや茶碗蒸しをするときは安全に正しくで使用するようにしてください。電子レンジを安全に正しく使用して料理を楽しみましょう!

電子レンジのスイッチを入れる様子

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる