ダンボールを無料でもらうことができる場所と方法と注意点!

ダンボール

ダンボールを無料でもらうことができる場所を知っていますか?宅配便などで荷物を送るときや引っ越しの荷造りなどでダンボールが必要になったときに、無料でもらえる場所を知っておくともらいに行く手間は増えますが、ダンボールを購入しなくて済むので節約になります。今回はダンボールをもらうことができる場所と方法を紹介します。参考にしてください。

ダンボールを無料でもらうことができる場所と方法

ダンボール

実際にダンボールを無料でもらうことができる場所は意外と多いんです。街にはいろいろなお店があります。お店に並ぶ商品はダンボールにまとめて入った状態で搬入されます。搬入された商品は店頭で陳列されて販売となるので、陳列後にはダンボールが不要になり、ほとんどのお店で不要になったダンボールを捨てる事になります。

店舗がダンボールを処分するには有料になるので、基本的にはどのお店でも店員さんに声を掛けてお願いするとダンボールをもらえることが多いです。但し、曜日や時間帯によってはダンボールの処分が終わってすでにダンボールが無い状態だったり、何を運んでいたかで汚れてしまっているダンボールもあるので注意してください。

スーパーでダンボールをもらう

スーパーは日本全国どこの街にもあって、取り扱っている商品も多いので多くのダンボールがあります。車で買い物にきたお客さんが購入した物を入れて帰るときに利用する場合やエコバックを忘れてしまった人が有料のレジ袋を購入せずに購入した物を持ち帰るために、レジの近くやサッカー台の近くなどにたたまれた状態のダンボールとガムテープを設置してあります。

ご自由にお使いくださいと書かれていることが多く、店員さんに特に確認をしないでもダンボールをもらうことができます。店舗によっては「ひと声お掛けください」や買い物をした量に合わせ「お一人様一つまで」などのルールがある場合もあるので、お店のルールに従いましょう。

スーパーでもらうことができるダンボールは、お菓子や清涼飲料水や野菜などいろいろな種類があります。お菓子や清涼飲料水のダンボールですと汚れていることも少ないと思いますが、野菜などのダンボールの場合には汚れてしまっていることも多いので、しっかりと確認してからもらうようにしましょう。

スーパーの場合は買い物客が多い時間帯の後では、すでに多くの人がダンボールを使ってしまってダンボール置き場にダンボールが無い場合もあります。夕方の買い物客が多くなる時間の前にもらいに行くようにしましょう。

ドラッグストアでダンボールをもらう

ドラッグストアもスーパーと同様日本全国どこの街にもあって、取り扱う商品も多いので多くのダンボールがあります。スーパーと違う点は、ドラッグストアの場合購入したものを持ち帰るときに使えるように、ダンボールをお店の中に置いてあることはほとんどありません。

ドラッグストアでは、ダンボールは商品を陳列した後バックヤードの処分場所で保管しています。バックヤードに入ることはできないので、接客中以外の店員さんに声を掛けて、ダンボールをもらうことができないか聞いてみましょう。

ドラッグストアではトイレットペーパーやティッシュペーパーが入っていた比較的大きいサイズのダンボールをもらうことができます。スーパーでもらうことができるダンボールよりも大きいサイズが欲しいときはドラッグストアに行ってみましょう。

家電量販店でダンボールをもらう

家電量販店などの街の電気屋さんでもダンボールをもらうことができます。ほとんどの電化製品はダンボールに入った状態で配送されます。商品を陳列した後のダンボールは処分するので、バックヤードで保管されています。家電量販店の場合は、店員さんの人数も多く声をかけやすいので、ダンボールをもらうことができないか相談してみましょう。

但し、家電の場合はダンボールがそのまま購入する商品の箱になっている場合も多く、そのまま持ち帰ることが多いのでスーパーなどと比較した場合にはもらえるダンボールの量は少なくなってしまいます。また、テレビや洗濯機や冷蔵庫などの大型家電のダンボールはほとんどの場合配送センターから配達に行って配送センターに持ち帰るため、店舗にはないのでもらうことができません。

家電量販店で貰えるダンボールは小型家電が幾つか入ったものが多く、家電製品を入れて運ぶものなので大きく丈夫なダンボールが多い印象です。

ホームセンターでダンボールをもらう

ホームセンターはスーパーやドラッグストアよりも店舗が少ないので、近所にあるという方は問い合わせてみましょう。取り扱っている商品が非常に多いので、その分商品を陳列後に処分するダンボールも多くなるので、小型のダンボールから大型のダンボールまでさまざまなサイズがあります。

またスーパーでもらえるダンボールと違い汚れてしまっているものも少ないのが特徴です。接客中以外の店員さんを探して声をかけダンボールをもらうことができないか相談してみましょう。
店舗によってはダンボールを販売しているので、お店側の規則でもらうことができない場合があります。

ドンキホーテでダンボールをもらう

ドンキホーテはこれまでに紹介した店舗で扱っている商品をほとんど扱っているので、その分さまざまなダンボールがあります。店員さんの人数も多いので接客中以外の店員さんに声をかけてダンボールをもらうことができないか相談してみましょう。店舗によってはダンボールを販売しているので、お店側の規則でもらうことができない場合があります。

コンビニでダンボールをもらう

コンビニは日本全国どの街にでもあるのでもらいに行きやすい場所です。しかし店員さんの人数が限られているので、レジでの対応をしている場合も多いため、迷惑をかけないようお客さんが少ないタイミングで聞く必要があります。商品を陳列した後のダンボールを処分の日まで保管しているので残っていればもらうことができます。しかし最近ではコンビニへの商品の搬入は細かく専用のケースで届くことが多いのでダンボール自体が少ないと考えてましょう。

100均ショップでダンボールをもらう

ダイソーやセリアやキャンドゥなどの100円均一のショップでも商品の搬入時に多くのダンボールを扱っています。商品の陳列が終わればダンボールは処分されるのでもらうことができます。100均ショップでは濡れてしまうような物を取り扱っていないので、キレイなダンボールをもらえることが多いです。店員さんに声をかけてダンボールをもらうことができないか相談してみましょう。
店舗によってはダンボールを販売しているので、お店側の規則でもらうことができない場合があります。

ダンボールをもらうときの注意点

汚れたダンボール

声をかけるタイミング

店員さんに声をかけるときは接客中やお客さんが多い時間帯を避けて業務に支障がない迷惑にならないタイミングで声をかけましょう。基本的に店員さんはどのようなお客さんにもいつでも丁寧な対応をしてくれますが、今回の目的はダンボールを無料でもらうことができるかということなので配慮しましょう。

破損していないか確認

もらうことができるダンボールは商品を陳列した後のものですので、配送中や陳列作業の際にダンボールが破れてしまったり、穴が開くなどの破損がある場合があります。破損してしまったダンボールはちゃんと閉じれなかったり、強度が落ちてしまうのでダンボールをもらうときは注意して確認しましょう。

汚れたダンボール

 野菜などを入れていたダンボールには汚れ以外にも虫がついている可能性が高くなります。中に入れる物によっては汚れや臭いがついてしまいます。またダンボールを保管している人気の無い倉庫ではゴキブリが巣を作って卵を産み付けている可能性もあります。ダンボールは入れてあった物を確認して汚れがないかをしっかり確認しましょう。

ダンボールを購入する場合

新品ダンボール

【10枚セット】アイリスオーヤマ ダンボールボックス 引っ越し 梱包 S

ダンボールをもらいに行くことができない場合は購入することになりますが、インターネットの通販で購入するのが便利です。

きれいな新品で同じサイズのものを用意しやすいといったメリットもあります。価格はダンボールのサイズで違います。また何枚購入するかで値段も変化します。1度に大量に購入するとかなり安くなりますが、一般的な家庭では数枚で十分となるので割高に感じてしまうかもしれません。さらに送料も必要になるので実際にダンボールを購入するとなると高く思うことが多いと思います。

大手通販サイトで検索してみると、宅配業者の100サイズのダンボールは10枚で2,140円、5枚で2,020円、60サイズのダンボールは10枚で1,460円、5枚で1,070円となっており、購入枚数で大きく値段は変化します。通販ではまとめ買いをしないともったいないです。

ホームセンターや100均ショップでは1枚単位で販売しているので、数枚必要なだけという場合は店舗に行って購入した方が圧倒的にお得になります。

最後に

ダンボール 探す

ダンボールはさまざまなお店で店員さんに聞いてみることで無料でもらえることがあります。まずは店員さんの業務の邪魔にならないよう接客中以外の店員さんを見つけて、ダンボールもらうことができないか聞いてみましょう。同じ系列のお店でも店舗によってはリサイクル業者との契約上の問題などでもらえない店舗もあるので必ずもらえるとは限りません。ダンボールも購入すると高くなるので資源の再利用という観点でも活用してください。

ダンボール

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる