服についた油性ボールペンの洗濯方法と服以外の落とし方!

ボールペンのシミは外出先や職場などでもつけてしまうことありますよね。油性ボールペンはすぐに洗えれば落とせますが、すぐに処置ができないとシミになりやすい特徴があります。ついてしまった油性ボールペンの洗濯方法や落とし方、外出先での応急処置方法をご紹介します。

服についた油性ボールペンの洗濯方法

アルコール

消毒用アルコールとタオルを用意する

油分を含んでいる油性ボールペンのインクを溶かすにはアルコールが効果的です。用意する消毒用アルコールはスプレータイプでも良いですが、汚れ部分の繊維により入り込むように、ジェル状タイプのアルコールがおすすめです。

アルコールが無い場合は除光液でも代用できますが、その場合はプロピレングリコール類を含んでいる除光液のみ有効です。プロピレングリコール類の乳化作用によって油性のシミが落としやすくなるためです。

やり方はアルコールをシミ部分に付けていくのですが、アルコールによって溶けだしたインクが他の部分を汚さないように、必ず古布や汚れてもいいタオルを裏側に敷いて置いて下さい。衣類などは裏返しにしてボールペンの汚れ部分の裏からアルコールをつけていきます。

アルコールを含ませて歯ブラシでたたく

アルコールをつけたら、指でシミ部分になじませましょう。アルコールがなじむとインクがじわりとにじみ溶けてきます。この時シミ部分をこすって落とそうとすると、インクが広がって汚れが大きくなりますので、歯ブラシを使ってトントンと叩きながらインクをタオルに移していきます。

歯ブラシを使わず古布やタオルを別に用意が出来れば、別の布でシミをたたきながら上下の布へシミを移していってください。

すすいでから洗濯をする

アルコールで汚れが浮き上がってきたら流水ですすぎます。この時点でほぼインクは目立たなくなっているはずですが、汚れが繊維にしみ込んでしまっていると完全に落としきれないこともあります。すすぎ後はいつも通りに洗濯機で洗濯をして乾かします。

気を付けること

アルコールや除光液をつける際は、試しに目立たない所で変色や生地の傷みが起こらないか確かめてからつけて下さい。このやり方はブラウスやシャツなど薄手のものには有効ですが、厚手の布や革製品には使えません。

そして最後に洗濯機で洗う際は、必ず洗濯表示に従って洗うようにして下さい。また汚れがなかなか落ちない場合は、油性のインクでない可能性も考えられます。

油性以外の水性やジェルタイプのボールペンは、インクが乾いてしまうとなかなか落ちないのと対処方法も変わってきます。アルコールでまったく薄くならない時は、ボールペンの種類を確認して種類にあったシミ抜きをおこないましょう。

自宅で落とせないシミはクリーニングへ出す

自宅では落としきれない油性ボールペンの汚れを落としたい場合は、クリーニング店に依頼することをおすすめします。シミ抜きは受付しているクリーニング店もありますが、一般的なクリーニング店では断られる場合もありますので事前に確認しておきましょう。

シミ抜き料金は、シミの大きさや場所、つけた衣類の素材によって変わります。クリーニング代にプラスで追加されることになるのが一般的です。参考までにあげると、3㎝角では800円程度、5㎝角では1,200円程度、10㎝角では2,000円程度がシミ抜き料金となるようです。

服以外についた油性ボールペンの洗濯方法

壁に落書きする子供

消しゴムを使う方法

出典:amazon.co.jp
建築の友
クロス消しゴム ソフトタイプ CK-01
¥ 808(税込)
Amazonで見る

壁や床などは消しゴムでこするだけで落とせる場合もあります。ただ油性ボールペンは時間が経つと汚れが浸み込み落ちにくくなりますので、消しゴムでやっても変わらない場合はアルコールを使った方法を試してみましょう。

アルコールを使う方法

出典:amazon.co.jp
サイキョウ・ファーマ
サイキョウ・ファーマ 消毒用エタノールIP「SP」 500mL [指定医薬部外品]
¥ 366(税込)
Amazonで見る

消毒用エタノールをコットンや布、汚れてもよいタオルに付けてトントンとたたくようにしながら汚れを取り除きます。こするとインクが広がりますので、ゴシゴシやらないよう気を付けて下さい。

クリームクレンザーを使う方法

出典:amazon.co.jp
ジフ
クリームクレンザー ジフ 270ml
Check on Amazon(税込)
Amazonで見る

クリームクレンザーを水でのばして、スポンジでこすってみる方法もあります。この場合も力を入れてこすると壁がボロボロになる可能性もありますので、優しくこするようにしてください。

専門業者に依頼する

簡単に落ちない壁などについたボールペンの汚れは、無理に落とそうとしないで専門業者に依頼する方が良いでしょう。洗剤などを使い壁紙にしみ込んでしまうと、水拭きをしても薬剤が残っていて黄ばみの原因となることもあります。

また力いっぱいこすって壁を傷めてしまうケースもあります。簡単に落とせない汚れは無理をしないで専門業者に任せる方が無難でしょう。

外出先でボールペンがついた時の応急処置

ボールペン

油性インクの場合

  1. 乾いた布を使い、インクが付いた部分をつまむようにして汚れを取り除きます。こすってしまうと繊維の中にインクが浸み込んでしまうため、インクが浸み込まないようこすらずに布などにインクを吸わせるように取り除きます。
  2. 中性洗剤が使える場合は、ティッシュなどに中性洗剤を少量つけてトントンと軽く叩いて汚れを浮かせておきましょう。
  3. 帰宅後はアルコールを使って汚れ部分を重点的にシミ抜きして洗濯機で洗濯をします。時間が経つほど落ちにくくなるので時間を置かずに洗うようにして下さい。

水性インクの場合

  1. インクが付いた服の裏側部分にティッシュペーパーをしきます。
  2. 水分を含ませかたく絞ったティッシュや布でインクのついた部分をトントンとたたきながら、汚れを布に移していきます。
  3. 汚れが薄くなるまで繰り返し、帰宅後は速やかに洗濯をします。

服についた水性ボールペンの洗濯方法

ティッシュ

水だけで落とす簡単な方法

水性ボールペンが付いてしまった部分を水で濡らします。その上にティッシュや布などを上から置き、しみ込んだインクを浮き上がらせます。何度か繰り返してシミが薄くなったらいつも通り洗濯をします。

ぬるま湯と石鹸を使う方法

水だけでは落としづらい場合はぬるま湯と石鹸使ってみましょう。汚れた部分にぬるま湯と石鹸をつけて、石鹸をよく泡立てながら揉み洗いします。汚れが浮き上がり泡にも汚れが移ってきたら流水ですすぎ洗いをします。これを何度か繰り返してからいつも通りの洗濯をします。

中性洗剤を使う方法

カーテンやコートなどかさばるものに汚れがついてしまうと、揉み洗いするのが大変です。その場合は、シミの付いた部分に汚れてもいいタオルや布をあてて裏返しにします。

別の布に水で薄めた中性洗剤をしみ込ませかたく絞ったら、シミ部分の裏側からトントンとたたいて下に敷いたタオルに汚れをしみ込ませていきます。繰り返し行い、最後はしっかりとタオルで洗剤を拭き取りましょう。

ゲルインクの場合

ゲルインクとは油性ボールペンが持つ耐水性と水性ボールペンが持つ滑らかさの両方が備わっているボールペンです。

滑らかに書けるため人気のボールペンですが、汚れを付けてしまった場合は自分でシミ抜きするのは難しいと言われています。試すのであれば食器用洗剤と歯ブラシで布やタオルにしみ込ませていく方法となります。

最後に

歯ブラシ

油性のボールペンにはアルコールを使った落とし方が有効です。中でもジェル状タイプのアルコールが繊維となじみやすいのでおすすめです。こすって落とそうとすると逆に汚れが広がってしまいますので、歯ブラシなどでトントンとシミ部分をたたきながらシミを吸い取るようなイメージで落としてください。

ボールペン

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる