おすすめの毛玉の取り方とは!セーターやニットを痛めない方法

Hole on the purple sweater

洋服につく毛玉はとても気になりますよね。カバンや重ね着など他の繊維との摩擦で、どうしても毛玉ができやすくなり、セーターやニットなどは、数回しか着用していなくても毛玉が目立つこともあります。毛玉が多く目立ってしまう前に、自宅でその都度毛玉を取ってあげると、キレイなまま長く着ることができます。毛玉の取り方のおすすめアイテムや方法をご紹介します。

正しい毛玉の取り方

毛玉の付いた衣類

小さなハサミを使う

ちょっとした量の毛玉であれば、地道にハサミでカットしていく方法がおすすめです。化粧用眉ハサミなど小さいハサミを使いましょう。毛玉部分だけをカットするため安心です

  1. 毛玉の付いた洋服を平らなところに広げて置きます。
  2. 毛玉を取りやすいよう立ち上がらせておきます。
  3. 洋服とハサミを平行にして、毛玉を1つ1つ丁寧に切っていきます。

ハサミを立ててしまったり、毛玉を何個も一度に切ろうとすると、洋服も一緒に切ってしまうことになるので、丁寧に1つ1つ切るようにして下さい。

食器洗い用スポンジの硬い面を使う

たくさんのスポンジ

食器洗い用スポンジで、ウレタンスポンジに不織布研磨剤が付いた2層タイプのスポンジがあります。柔らかい面と硬い面との両面をあわせ持っているスポンジで、硬い面は鍋の焦げを落したりするのに使われますが、毛玉取りに使うのは、この硬いほうの不織布面を使います。

  1. 毛玉の付いた洋服を平らなところに広げて置きます。
  2. 毛玉の付いた部分にスポンジの硬い面を当てて、そっと優しくなでていきます。力を入れると生地にも負担がかかりますので、表面部分をなでるようにして下さい。
  3. スチームアイロンがあれば仕上げとして、浮かせ蒸気を当てると細かな毛羽立ちが落ち着きます。

スポンジの硬い面を使う場合は、繊維が引っ張られることで毛玉を取り除いています。そのため毛玉の無い部分の繊維を引っ張らないよう気を付けて下さい。

力を入れれば手早く取り除けますが、生地が痛んだり、その摩擦で別の毛玉ができることもあるため、大切な衣類にはあまりおすすめできません。

ただハサミと違い洋服を切ってしまう心配がありませんので、パーカーのフード部分など平らにしづらいものには向いています。また、レーヨンなどシワになりやすい素材は、必ずシワを伸ばしてからスポンジを当ててください。

カミソリを使う

カミソリとタオル

T字カミソリや顔用カミソリの刃を使い、毛玉を取り除く方法です。使うカミソリは女性用の軽いカミソリで十分です。

  1. 毛玉の付いた洋服を平らなところに広げて置きます。
  2. 表面の毛玉のある部分に、カミソリをあてて優しく滑らせていきます。顔を剃るように、ゆっくりと優しく滑らせましょう。
  3. 仕上げとして、スチームアイロンがあれば浮かせ蒸気を当てると、細かな毛羽立ちが落ち着きます。

注意点は、刃を立ててしまうと、生地が切れてしまうので、決して刃をたてず、力を抜いて取り除いて下さい。縫い目やボタンの近くは、特に刃が引っかかりやすく、縫い目が切れてしまわないように気を付けてください。また、Tシャツなどの薄手の素材も生地が切れやすいので注意しましょう。

ラップやホイルの刃の部分を使う

ラップやホイルのギザギザになっている刃の部分でも、毛玉を取ることができます。使い終わったラップやホイルがあれば、刃の部分だけ残しておきましょう。

  1. 毛玉の付いた洋服を平らなところに広げて置きます。
  2. ギザギザの刃をなでるように、力を入れずに洋服の上で滑らせます。
  3. 仕上げとして、スチームアイロンがあれば浮かせ蒸気を当てると、細かな毛羽立ちが落ち着きます。

刃が糸にひっかかり、ほつれの原因になることがありますので、力を入れずに様子を見ながら行ってください。

ブラシを使った毛玉の取り方

sticky brush in hand cleaning hair and dust on colorful sweater

お気に入りの洋服には毛玉取り専用ブラシがおすすめです。動物の毛でできたブラシの先で、毛玉部分を軽くブラッシングすることで毛玉を取りのぞくことができ、さらに毛玉防止効果も期待できます。

  1. 毛玉の付いた洋服を平らなところに広げて置きます。
  2. ブラシの先端を使って、毛玉を優しくなでて、毛玉を引っかけるようにブラッシングします。

ブラッシングする力加減がポイントのため、慣れるまではうまく取れないこともあるようです。出かけ間際に急いで取るのではなく、慣れるまでは時間のある時にじっくりと使ってみることをおすすめします。

コジット クリーニング屋さんの毛玉とりブラシ

コジット クリーニング屋さんの毛玉とりブラシ

コジット クリーニング屋さんの毛玉とりブラシ

出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B00111HWGW/

真ん中に穴が空いているので、毛玉の取れ具合を見ながらブラッシングでき、猪の毛のブラシが毛玉だけを取り除きます。ブラシ専用にクリーナーも付いています。

毛玉取り機を使った毛玉の取り方

毛玉取り機

毛玉取り専用の毛玉取り機は、広範囲で多くの毛玉を取るときにはおすすめです。浮かせた毛玉部分に、力を入れず軽く押し当てるだけで、中で回転している刃で毛玉が取れるので簡単、手軽に使えます。

  1. 毛玉がある部分を片手で押さえながら、毛玉取り機を当てていきます。
  2. 力を入れずクルクルと回しながら、優しく毛玉を取り除いていきます。

あまり強く押し当てると、生地を切って洋服に穴があいてしまうので、注意して下さい。また、素材によってはキレイに取りきれないこともあります。

最新改良版 毛玉取り dodocool 毛玉取り器

毛玉取り 2019改良版 dodocool 毛玉取り機

dodocool 毛玉取り機 改良版 USB充電と乾電池両用式

出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B07LFZD6L2/

切れ味の良いステンレス製6枚刃によって、セーターなどの衣類の他、絨毯やカーテンなど厚手の素材の繊維も取り除けます。また、180度回転式ハンドルなので、色々な角度から毛玉を除去することができます。

やってはいけない毛玉の取り方

Hole on the purple sweater

毛玉を取りすぎてしまうと、繊維がどんどんと減って、生地が薄くなっていくので取り過ぎには注意して下さい。また、手で毛玉をちぎる行為は、繊維を引っ張り次の毛玉のできる原因になるため、控えたほうがよいです。

スポンジを使う方法は手軽に取れますが、毛玉を繰り返し発生させる原因にもなるようなので、洋服によってアイテムを使い分けるのが良いでしょう。

どんな方法で毛玉を取るときも、繊維を引っ張らないように気を付けてください。

毛玉ができにくくするケアや洗濯方法

洗濯物が傷むのを防ぐために、網の袋に入れて洗います。白いネット。

洗濯方法

洋服の繊維のこすれ合いで毛玉は発生しやすくなるため、洗濯をする時は裏返しにしてネットに入れましょう。ネットの大きさは、大きすぎると中で動いて繊維がこすれてしまうため、ピッタリのサイズか小さ目を選びます。

そして必ず1つのネットに1つずつ入れてください。使う洗剤は、柔軟剤には主成分が静電気対策にもなるため、柔軟剤を活用するか、柔軟剤いらずのおしゃれ着洗い用の中性洗剤を使いましょう。そして、摩擦が軽減できるドライコースで優しく洗ってください。

着用後のお手入れ

着用後の洋服をその都度、洋服用のブラシでブラッシングすると、ホコリの付着が落ち、静電気を除去してくれるため毛玉ができにくくなります。

また、同じ洋服を続けて着ることは摩擦が起きやすくなります。一度着用した洋服は、日にちを空けて着る方がよいでしょう。毛玉ができやすいニットやセーターで大切に長く着たい場合は、自宅で洗うよりクリーニングに出すと安心です。

まとめ

冬物衣類 ニットカーディガン ピンク出来てしまった毛玉は、色々なものを活用して取り除くことができます。専用の毛玉取り機やブラシは比較的、安心して使えますが、家にあるハサミやスポンジなどでも取ることもできます。

洋服を引っ張ったり繰り返し同じ場所の毛玉をとることは控えて、長く着たい大切な衣類はクリーニングに出しましょう。

Hole on the purple sweater

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる