フランネル生地の特徴や洗濯方法と注意点

秋冬の寒いシーズンになると、アパレルショップでよく目にするフランネル生地の洋服。このフランネルという生地が一体どのような生地なのかご存知でしょうか。生地の特徴や洗濯方法が分かると、フランネル生地の洋服にチャレンジしやすくなります。また、洋服以外では寝具などでも使いやすい生地なので、寝具を検討中の方もぜひフランネルについて知っておきましょう。

フランネル生地の特徴

フランネル 生地

フランネル生地の特徴は、温かさ・弾力性です。この温かさ・弾力性の理由は、ウールの糸を使用して織られているからです。そのため、フランネル生地はウールそのものに保温性と弾力があるため生地としても温かみがあり、長く着ていてもくたびれない弾力性があります。

また、フランネル生地はスーツやシャツに良く使用される生地です。柔軟性もあるため、着心地が重視されるパジャマの生地としても使用されています。

同じような毛織物でメルトンという生地もありますが、こちらは毛羽で覆う工程があるため厚手で、アウターやジャケットに使用されることが多いです。メルトンと比べると、フランネル生地の方が使い勝手の良い厚みと機能性を持っていると言えます。

そのため、スーツのようなフォーマルな洋服からスカートやパンツのようなカジュアルな洋服、ネルシャツのようなアウトドア向けの洋服まで様々なジャンルで使用されている生地です。

フランネル生地の洗濯方法と注意点

フランネル 生地

フランネル生地は、大きく分けるとウールが原料のものとコットンが原料のものの2種類が存在します。それぞれに相性の良い洗濯方法があるので、ご紹介します。

ウールフランネル生地の洗濯方法

ウールのフランネル生地を洗濯する場合は、自分で洗わずにドライクリーニングに出すことをおすすめします。なぜならウールフランネルは、洗うと縮んでしまう性質があるから。

「しわを伸ばすように引っ張って干せばいいのでは?」と考えてしまいますが、一度縮んでしまうと戻せませんし、型崩れや直せないしわができてしまうことさえあります。

着るたびにクリーニングに出すというのは時間もお金もかかってしまいますので、ウールフランネルを着た時はメンテナンスをするように心がけましょう。メンテナンスと言っても難しいものではなく、ハンガーに洋服をかけてブラッシングして干すだけで大丈夫です。

ウールフランネルの汚れは、静電気によってくっついてしまったホコリやちりが主です。この汚れが後々のニオイや虫食いの原因になるため、ブラッシングと干す作業できれいな状態を保ちましょう。

コットンフランネル生地の洗濯方法

コットンのフランネル生地の場合は、家庭用の洗濯機で洗うことも可能です。洋服のタグに記載されている洗濯表示に従うことが第一ですが、基本の洗濯方法は以下の通りです。

  1. 汚れがある場合は、手で簡単に予洗いをする
  2. ボタンやポケットは全て閉める
  3. 小さめの洗濯ネットを使用する

コットンフランネルも適当に洗濯してしまうと、ウールフランネルと同様に型崩れしたり、毛玉ができたりする場合があります。他の衣類と絡まないためにも、洗濯ネットは必ず使用しましょう。

型崩れしてしまうかもと考えると、フランネル生地の洋服が怖くなってしまうかもしれませんが、洗濯表示やタグをチェックして書いてある通りに洗濯すれば、まず失敗することはありませんのでご安心ください。

どうしても失敗したくないという大切な洋服の場合は、先ほどの3工程のあとに洗濯機の「ソフト洗い」・「手洗い」・「ドライ」などのモードを選んで洗濯しましょう。

他の衣類と一緒に洗う場合は、洗濯機に詰め込みすぎないということも大切です。また、洗濯後に乾燥機に入れて乾かすのは避けましょう。脱水が終わったらすぐにハンガーにかけてしわを伸ばし、日陰干しをすると型崩れを防ぐことができます。

フランネル生地の主な商品と主な材料

フランネル 生地

フランネル生地とひとことで言っても、多くの種類の洋服があります。またフランネルの材料も少しずつ異なります。

フランネル生地の主な商品

具体的にフランネル生地が使われている商品は、下記のものが中心となっています。

  • フランネルシャツ(ネルシャツ)
  • ブレザー
  • フランネルスカート
  • フランネルパンツ
  • フランネルドレス(ワンピース)
  • パジャマ

フランネル生地は、主に秋冬物の洋服に使われています。フランネルシャツは手頃な価格のものが多く何枚持っていても困りませんし、スカートやワンピースは軽いのに暖かいので1枚持っておくと重宝します。

また、スーツの場合は春夏もののような光沢感がなく温かみがあるのでウォームビズにも向いている生地です。

フランネル生地の主な材料

フランネル生地に用いられる材料は大きく分けて下記の4点。

  • 毛100%(ウールフランネル)
  • 綿100%(綿フランネル/コットンフランネル)
  • 毛(ウール)+レーヨン
  • 毛(ウール)+ナイロン + アクリル

先ほどのウールフランネル・コットンフランネル以外に、合成繊維が混ざったフランネル生地もあります。合成繊維が混ざっていることで洋服の扱いが簡単になったり、洋服のジャンルの幅が広がったりというメリットがあるんです。

また、毛や綿を使っていない生地でも、フランネルという名前を使用している場合があります。こちらは厳密にはフランネルではないので、フランネル風の洋服ということになります。

フランネル生地とは

フランネル 生地

フランネル生地とは柔らかさと軽さが特徴の毛織物のことで、温かい雰囲気のフエルト系生地を指します。ネルと略して呼ぶこともあり、サラッと着やすいネルシャツのネルは、このフランネル生地のことを指しています。

ネルシャツというとチェック柄をイメージしますが、無地や模様が施されているものなど様々なフランネル生地が存在します。フランネル生地と似た見た目のものでフラノがあります。フラノはフランネルの一種ですが、より厚手でスーツや手袋などに使用されることが多い生地です。

また、先ほど紹介したメルトンはフランネルに近い状態の生地を毛羽で覆っており、フランネルやフラノよりも高級感があります。

他には、フランネルより柔らかいサキソニーという生地もあります。こちらはフランネルよりも生地を縮める加工が弱いため、織目が見えるほど薄い生地で柔らかな印象の生地です。いずれもスーツのようなフォーマルな洋服に使われることが多い生地です。

フランネル生地だけでも数種類あり、フランネルに似た作り方の生地も数種類あるので、文字での説明だけでは区別がつきにくいかもしれません。しかし、実際に生地を見てみると光沢感や厚みや肌触りが全く違います。

ぜひ実際に目で見て手に触れてみて、フランネル生地を感じてみてください。また、似た生地でもそれぞれ洗濯方法が異なるため、購入前にしっかりとタグを確認しておくと安心です。

温かみあるフランネルを着こなそう

フランネル 生地

見た目からも温かさが伝わってくるフランネル生地は、機能性も確かな秋冬にピッタリの生地でしょう。また、日頃のメンテナンスや洗濯で少し気をつけるだけで長く着続けることができる生地でもあります。

流行に左右されない素材なので、大切に着る一着として持ってみるのはいかがでしょうか?ぜひ一度フランネルを手に取ってみてくださいね。

フランネル 生地