オイスターソースと中濃ソースの違い!それぞれの代用方法

スーパーなどでは様々な種類のソースを売っていますが、全ての種類を常備している人はあまりいないでしょう。レシピを見ているとオイスターソースを使っているときもあれば、中濃ソースと記載されているときもあって、色々な料理を作るには全部揃えないとだめなのかと悩む人もいます。まずはソースの違いを理解した上で、代替できる可能性があるかを確認してみましょう。

オイスターソースと中濃ソースの違い

オイスターソース 中濃ソース
オイスターソースと中濃ソースは、料理のレシピによく記載されているソースですが、どのような違いがあるのでしょうか。

代用方法を検討する上では、どのような成分を使っているソースなのかを理解することが欠かせません。まずは、特徴としてどのようなものが挙げられるのかを確認してみましょう。

オイスターソース

オイスターとは牡蠣のことで、牡蠣の出汁を利かせているのがオイスターソースの特徴です。

中華料理で昔から用いられてきたもので、日本でもスーパーなどで簡単に手に入れられるようになっています。甘みととろみを持っているのも特徴で、牡蠣の出汁をそのままソースに仕立て上げたわけではありません。

一般的には、醤油や砂糖を加えてあまじょっぱい味付けにしてあり、さらに酵母エキスや豚や牛などの動物系の出汁も加えて深みを持たせています。どのようなブレンドになっているかで風味にはかなりの違いがあるのでメーカーによってまるで違う味わいがあるのも特徴です。

動物系の出汁が強いのが特徴なので野菜炒めに深みを出したり、焼きそばやチャーハンなどに独特の風味を持たせたりするのによく用いられています。

中濃ソース

中濃ソースは果物や野菜をベースにした出汁で旨味を出しているのが特徴のソースです。

一般的には動物性の出汁は使わず、基本的には植物性のソースになっています。ウスターソースも類似しているソースですが、中濃ソースはより濃厚でとろみが強く、甘みもしっかりと感じられるようになっているのが特徴です。

甘みは果汁やはちみつに由来することもあるものの、砂糖やぶどう糖果糖液糖なども使われている製品がほとんどとなっています。

また、酢を使って酸味を整えることにより飽きにくい味わいにしていることや、様々な種類のスパイスを使って適度な刺激感も付与されているのも特徴でしょう。

甘みがあるので酢やスパイスの刺激を強く感じることはなく、全体として調和した味わいがあります。そのまま揚げ物などにかけて使うだけでなく、様々な料理の隠し味として用いられているソースです。

オイスターソースを中濃ソースで代用する方法

オイスターソース 中濃ソース
オイスターソースはないけれど中濃ソースはあるというときにはうまく代用することができるのでしょうか。風味の違いを補うには出汁の工夫をするのが効果的でしょう。牡蠣だしも市販されているので中濃ソースに混ぜてみるとオイスターソースの風味に似てきます。

また、味の素などの粉末出汁を加えて動物性の旨味を強調できるようにするのも良いでしょう。深みを出すという意味では醤油を加えるのも効果的で、隠し味程度に加えて伸ばしてみると似たような風味になってきます。

中濃ソースをオイスターソースで代用する方法

オイスターソース 中濃ソース
中濃ソースがないというときにオイスターソースで代用することは可能なのでしょうか。どのような風味を持たせたいかによっても異なりますが、一般的にはオイスターソースに酢を加えて酸味を加えると中濃ソースの味に近づくと言われています。

オイスターソースには、酢が使われていなくて酸味が欠けているからです。オイスターソースは動物性の出汁の風味の強いのが特徴なのでそれを打ち消すような工夫をすることが必要になります。野菜ブイヨンを加えて、醤油で伸ばしてみるとだんだんと風味が似てきます。

オイスターソースを他の調味料で代用する方法

オイスターソース 中濃ソース
オイスターソースは中濃ソース以外の調味料を使って代用することもできるのでしょうか。たとえソースが全くないという状況であっても代用する方法はあるので、どのようなやり方があるのかを知っておきましょう。

中華だし

オイスターソースの代用をするには中華だしが効果的です。上海料理によく使われる調味料なので、中華風の味わいを出すのに向いているからです。

ただ、一般的には中華だしは塩味が強く、甘みがないのでオイスターソースとはまるで味が異なります。基本的には風味付けのために中華だしを使うと考え、味は他の調味料で整えるのが良いでしょう。

たとえば醤油と砂糖やはちみつを使ってあまじょっぱい味を作るのが効果的です。バランスとしては醤油大さじ1に対してはちみつ小さじ1または砂糖小さじ2を混ぜ合わせたものに対して、中華だしをひとつまみというのが典型例として挙げられます。

粉末スープ

粉末スープも中華風のものが多いのでオイスターソースと同様にして使うことができます。粉末スープは手軽な調味料として常備している家庭も多いので、持っているなら積極的に使ってみましょう。

粉末スープはどのような調味料バランスで作られているかが製品によってかなり違うため、少し試行錯誤をしてみる必要があります。ただ、合わせると良い調味料は醤油と砂糖かはちみつという点では中華だしと違いはありません。

一般的に有効な配分としては醤油大さじ1にはちみつ小さじ1/2か砂糖小さじ1を混ぜたところに粉末スープをひとつまみ加えるというものが挙げられます。

中濃ソースを他の調味料で代用する方法

オイスターソース 中濃ソース
中濃ソースがないというときには他の調味料で代用できるのでしょうか。つけて食べるということも多いので他のソースをベースにするとうまく代替品を作ることができます。

濃厚ソース

濃厚ソースならあるという場合には酢、ケチャップを混ぜることで中濃ソースに近づけることができます。

典型的な配合バランスは、濃厚ソース3に対して酢1、ケチャップ1というものですが、味見をして好みの濃さに調整した方が良いでしょう。濃厚ソースもケチャップも製品によってかなり濃さが違うからです。

ウスターソース

ウスターソースも中濃ソースの代用にできるのではないかと考える人もいるでしょう。料理の隠し味に使うときにはそのまま使ってもほとんど同じような効果を示します。

ただ、食材に直接かけるのにはあまり向きません。片栗粉を加えてとろみを出し、はちみつを加えて甘みを付けると似たような調味料にすることは可能です。

ウスターソースと濃厚ソース

ウスターソースも濃厚ソースもあるなら混ぜると中濃ソースに近づきます。製品による違いはありますが、およそウスターソース1に対し、濃厚ソースを1の割合でよく混ぜ合わせれば中濃ソースと同じようなものができあがるでしょう。

まとめ

オイスターソース 中濃ソース

あらゆるソースを家庭で常備しておくのは大変ですが、中濃ソースもオイスターソースも他の調味料でうまく代用することができます。出汁の違いを考慮して使い勝手の良い粉末出汁を用意しておき、砂糖やはちみつ、醤油なども使えば同じような味わいを出すことは可能です。

自分で味を調整しやすいメリットもあるので、よりおいしいソースを作り出してみましょう。