衣装ケースを処分する方法3選!

季節によって使わない洋服を保存するとき、衣装ケースにまとめて保管している方が多いのではないでしょうか。この衣装ケースが壊れて使えなくなったり、要らなくなったりしたときの処分方法で困った方は多いと思います。衣装ケースは様々な処分の方法があります。正しく理解してきちんと捨てられるようにしたいですよね。今回は衣装ケースの処分方法や捨てる時の注意点などをご紹介します。是非参考にしてください。

衣装ケースを処分するやり方

廃品回収

処分する方法は自治体のごみ回収に出すという方法のみです。自治体によってルールは違ってきます。ここでは基本的に気をつけることをお伝えするので、出す際にはお住まいの自治体に問い合わせするなど、ルール確認をしっかりしましょう。

自治体に衣装ケースを捨てる際、2つの方法があります。自分でやりやすそうと思ったほうを参考にしてみてください。

衣装ケースを解体してごみに出すやり方

  1. のこぎりで衣装ケースを解体する
  2. ごみ袋に入れて燃えないごみの日に出す

解体する時はのこぎりで約30〜50cmくらいの大きさで切るようにしましょう。この時に切った断面は鋭くなるので、怪我をしないように軍手をはめるなどして気をつけて解体しましょう。

衣装ケースは大体燃えないごみに分類されることがほとんどです。また、詰め込みすぎてごみ袋から出てしまうと危ないですし、ごみ袋に穴が空いてしまうので詰める時は余裕を持って詰めましょう。日付をしっかり確認して自治体のルールを守って捨てるようにしてください。

衣装ケースを粗大ごみに出すやり方

  1. 回収の申し込みをする
  2. リサイクル券を購入する
  3. 粗大ごみの日に衣装ケースを出す

粗大ごみの回収を申し込む際は自治体のHPや電話で簡単に申し込むことができます。電話で申し込む時は受付時間に注意して連絡するようにしてください。

お住まいの地域のコンビニやスーパーでリサイクル券を購入してください。購入した券は自治体の指定した場所に貼りましょう。

最後に粗大ごみの日に出せば完了です。粗大ごみ置き場が近くにない場合は自治体に問い合わせてみましょう。

衣装ケースをリサイクルするやり方

リサイクル

衣装ケースはリサイクルすることもできます。少し決まりがあるのでそちらを守っていただければごみとして処分するよりもお得になるかもしれません。

リサイクルできる衣装ケース

  • 再利用できること
  • 有名メーカーのものであること
  • 破損や汚れがなくきれいなものであること

リサイクルショップでは再利用できるものでないと買い取ってもらえません。割れてしまったりしているものはほとんど買い取ってもらえないと思っておいたほうがいいでしょう。

どこのメーカーのものか分からないものや、マイナーな企業のものだと製品の保証が難しいため買い取ってもらえないことが多いです。

処分する可能性のあるものはできるだけきれいに使っておくといいでしょう。

リセールするやり方

  1. リサイクルショップに持ち込む
  2. 査定してもらう
  3. 査定結果を聞いて対応する

基本的にリサイクルショップに持ち込めばスタッフの方が対応してくれるので、手順に詳しくなくても安心して利用することができます。

リセールするメリット

  • 少ない金額でも手元にお金が入る
  • 環境に優しい

衣装ケースの買い取り価格の相場は100〜300円です。状態の悪いものだと1円くらいになってしまいます。しかし、いらないものを売って1円だとしてもお金が入ってくるのは嬉しいものですよね。

リサイクルショップに売ったものはまた誰かが使ってくれます。処分するよりも環境に優しい素晴らしいことができます。

リセールするデメリット

  • 必ずリセールできるとは限らない
  • リサイクルショップまで運搬する手間とお金がかかる

メリットもありますが、もちろんデメリットもあります。破損や汚れが激しい場合、買い取ってもらえないこともあります。持っていって買取不可の場合また持ち帰らないと行けないので手間になってしまいます。

リサイクルショップまで運ぶのにも手間がかかります。買い取ってもらえても運搬費の方が高くなってしまう可能性があるので、損しないように気をつけましょう。

衣装ケースの処分を回収業者に依頼するやり方

説明している作業着の男性

回収業者に処分を依頼することもできます。気をつける点やポイントなどをご紹介していきます。

回収業者選びのポイント

  • 衣装ケースの回収を取り扱っているか
  • 信頼できる回収業者か
  • 回収料金が適正か
  • 希望の日時に回収してくれるか
  • 古物商許可などを持っている回収業者か

業者に処分を頼む際は1社のみにいきなりお願いするのではなく3社くらい見積もりを頼むといいでしょう。

また、比較する際には料金や古物商許可、実績などに注目して比較してみてください。業者の対応も見ておくと当日気持ちよく取引できるのでしっかり確認することをおすすめします。

回収業者に依頼するメリット

  • 自分で解体や運搬する必要がない
  • 自分の都合のいい日に回収してくれる
  • 時間や手間が節約できる

自分で解体や運搬する手間が省けるのはとても大きいですよね。自分で解体や運搬をするとなるとそれだけで半日はつぶれてしまうことでしょう。回収業者に依頼すれば1時間程度で終了するので残った時間を有効に活用できます。

自治体処分の場合は時間の指定があったりと面倒ですが、回収業者に依頼すれば自由に決めることができます。普段忙しい方でも気軽に利用することができます。

回収業者に依頼するデメリット

  • 回収費用の高さ

デメリットはこの1点のみです。自由度が高い分回収業者は個人で営業しているため、人件費やガソリン代がかかってしまい、高額になる傾向にあります。

回収業者に依頼する場合の費用の相場

衣装ケースを回収業者に依頼する際の料金相場は1個5,000円です。自治体にお願いすると1,000円程度で引き取ってもらえるので、4,000円もの差が出てきてしまいます。4,000円の金額の差は無視できない差でもあります。よく考えて出すようにしましょう。

回収業者に依頼する時の流れ

  1. 衣装ケースの回収の相談をする
  2. 見積もりが届く
  3. 貰った見積もりで良ければ契約
  4. 指定した日時に業者が取りに来てくれる
  5. 回収して終了

実際の流れとしては上記の通りです。

相談をする時は他に回収してもらいたいものも予めリストアップしておくとスムーズに話を進めることができます。

見積もりは2〜3社取るのがベストなので覚えておきましょう。

後は指定した日に業者の方が来てくれて指示に従うだけなので簡単です。

衣装ケースを捨てる際の注意点

ダンボール箱を運んでいる人

  • 自治体の回収日時を守る
  • 粗大ごみは30cm〜180cm
  • 商用利用していた衣装ケースは自治体では回収してもらえない

自治体の回収の日時はしっかり守るようにしましょう。

粗大ごみの大きさは180cm以下なので、それ以上大きい衣装ケースは解体するか、業者に依頼したりして処分するようにしてください。

商用利用していた場合も自治体では回収してもらえないので注意しましょう。

まとめ

粗大ごみ処理券

今回は衣装ケースの処分の方法や注意点についてご紹介しました。

最後におさらいすると

  • 自治体での処分は解体かリサイクル券の購入
  • リサイクルショップはきれいで使えるものなら買い取ってもらえる
  • 回収業者は自分の都合に合わせて利用できるが金額が高くなってしまう

どの方法もメリット・デメリットを把握した上で自分に合った処分方法を利用しましょう。いらない衣装ケースを処分して是非家の中をすっきりさせてくださいね。

衣装ケース

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる