お守りの正しい持ち方。せっかく持つなら効果を上げる作法を知ろう

お守りの持ち方には決まりはありませんが、せっかく持つなら正しい持ち方で、効果を上げる作法を知っておくことをおすすめします。お守りの正しい持ち方や避けるべき持ち方をご紹介します。

効果を上げるためのお守りの正しい持ち方

厄除け

肌身離さず身に着ける

お守りやお札は、「依代(よりしろ)」といい、神様の力が宿っていたり、神様の分身とも言われているもので、お札を小さく袋に入れて、持ち歩きやすいようにしたものです。そのため、肌身離さず持ち歩き、身につけるようにしましょう。

特に持ち歩く際は、人間が最も気を発する場所と言われている心臓に近い位置で身につけると効果が高まると言われています。長い紐が付いたお守りを入れる用の巾着など使えば、首からかけて心臓に近い場所肌身離さず持ち歩くことができます。

お守りの種類によって持ち方や保管場所は異なる

お守りの種類によっては、保管する場所はそれぞれ異なります。

  • 交通安全のお守り:運転しているものがあればその鍵に付けましょう。運転しなければカバンやポーチなど、小学生はランドセルなどでも良いです。
  • 学業のお守り:ペンケースがバインダーなど学業で活用するものに付けましょう。
  • 厄除けのお守り:いつも持ち歩くカバンやポーチ、携帯電話のカバーやスーツの内ポケットに入れておきましょう。
  • 金運のお守り:お財布の中や金庫の中、通帳の保管場所に入れておきましょう。
  • 縁結びのお守り:カバンやポーチ、お財布、手帳、携帯電話のカバーなどに忍ばせておきましょう。

自宅に置いておく場合

肌身離さず持ち歩くことが難しい場合など、自宅に置いておくときは、神棚に置くことをおすすめします。神棚が無い場合は、南向きか東向きになるような、明るい場所の棚の上など、目線より高い位置に置くのが良いでしょう。

お守りの効果を高めるには、明るく綺麗な場所に置くことなので、高さがあっても暗く目につきにくい場所は避けてください。また、お守りを置くときは、白い紙を敷いてからその上に置くなど、神聖な場所を作ると良いでしょう。

複数のお守りを持っていても大丈夫

手のひらに載せたお守り

複数のお守りを一緒に持つと、神様同士がケンカしてしまう、ということを耳にします。しかし実際は、神様のような徳の高い存在が、ケンカをして、ご利益が相殺される、というようなことはないと言われています。

実際に、神社の境内にも、色々な神様が一か所に集まっていらっしゃることや「七福神」にも7柱の神様がおられます。複数のお守りを持っていても、神様はそれぞれの得意分野で守ってくれると言われています。

お守りの持ち方で避けるべき持ち方とは

神棚

中身は見てはいけない

お守りの中には、神様の名前や絵が描かれた木の板や、祈願内容の象徴となる形の小物が入っていることが多いです。またお守りの中には神様が宿っていると言われていますので、袋を開けて中身を見ることは、神聖な力が失われるとも言われていますのでやめましょう。

忌中は身につけないほうが良い

身近な人が無くなった時などの忌中は、年賀状を控えることや、初詣も控えます。悲しみに浸りやすく、いい気持ちでい続けることが難しい期間でもありますので、そのような気持ちがお守りに宿らないようにするためにも、忌中はお守りを身に着けないほうが良いと言われています。

置きっぱなしにしない

日の目のあたらないような、暗い場所や机の引き出しにしまいっぱなしにすることもやめましょう。お守りを大切に扱うことは、神様を大切に思うことと同等ということを忘れないようにしてください。

お守りは1年ごとに新しく変えよう

神社の販売所

新しく綺麗なお守りは神様の力が強いと考えられています。普段から、身につけておくお守りは、だんだんと汚れてくるので、お守りは1年ごとに変えるのが良いと言われています。首からかける場合は洋服の中に入れて、直接肌に触れても問題ありません。胸のポケットに入れても良いですが、失礼になるのでお尻のポケットなどには入れないようにして下さいね。

お守り 祈願

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる