危険!アルミカップを電子レンジで使用してはいけない理由と注意点

お弁当の仕切りなどに使われるアルミカップですが、お弁当を温める時など一緒に電子レンジで温めてはいけません。このことは、ご存知の方も多いと思いますが、電子レンジで使ってはいけない理由や注意点など改めて確認しておきましょう。また、アルミカップが無い時に代わりに使えるアイテムもご紹介します。

アルミカップは電子レンジで使用不可

電子レンジの扱いに注意

アルミカップとは

アルミカップは、アルミニウムでできた小型容器で、お弁当に料理を詰める際の仕切りや、オーブンで焼き菓子などを作るときに使います。

アルミホイルケース、ホイルカップとも呼ばれ、サイズも何通りかあるため、お弁当箱の大きさに合わせて、おかずがピッタリ入るケースを選ぶこともできます。また、さまざまな用途に使えるおかずケースが欲しいときや、冷凍することもできるため、キッチンにストックしておくととても便利です。

ただしアルミカップの素材であるアルミニウムは、電子レンジを使用すると火花が出て火災の原因になることや、電子レンジが壊れることもあるため、電子レンジの使用はできません。

電子レンジで火花がでる原因

電子レンジはマイクロ波という電磁波を出して、食品に含まれている水分を振動させ、熱を発生させています。しかし、マイクロ波は金属に反射しやすく、放電された部分から火花が出てしまうこと、アルミカップはアルミ箔という金属からできていることが、火花がでる原因とされています。

どうしても電子レンジで温めたい場合は、アルミカップから中身を出して温めるようにしましょう。

アルミカップはオーブンレンジやトースターで使用可能

オーブンレンジとアルミ

オーブンレンジ

オーブンレンジではアルミホイルを使っても、火花が出ることはなく安全に温められます。電子レンジでもオーブン機能を選べば、アルミカップを使うことができます。電子レンジのオーブン機能を使う時は、ボタンの操作を誤らないよう注意してください。

トースター

アルミカップはトースターでの使用も問題ありません。トースターは、赤外線ヒーターによって食材を温めていて、アルミカップのアルミ箔は金属からできていますが、赤外線は金属を燃やさないため温めることができます。

ただし、アルミカップは薄いアルミのため、トースターのワット数が強い設定であると、アルミが焦げてしまったりすることもありますので気を付けてください。

また、トースターの高温はアルミを溶かしてしまい、溶けた部分から食材がこぼれ落ち、ヒーター部分に付着して火災の原因になることもあるので注意して下さい。液状のものを温めるときは、アルミカップを耐熱容器に入れて温めるようにすると良いでしょう。

アルミカップの代用品と作り方

アルミホイールと紙

アルミホイルで作る

アルミホイルで簡単にアルミカップの代用品が作れますので、切らしてしまった時も安心してください。アルミホイルは2重にしたほうがしっかりしますので、まずは細長い長方形に切り取り、正方形になるように半分に折り曲げるとよいでしょう。折り曲げたアルミホイルの真ん中にコップ等を置いて、包むようにしながら形を整えます。アルミカップ同様、電子レンジは使えないので気を付けてください。

紙コップで作る

紙コップを適当な高さに切って、アルミカップの代わりとして使うこともできます。お弁当箱の高さに合わせて切ることができるので便利です。ただし、紙コップはトースターやオーブンで温めると溶けてしまうことや、燃えてしまうこともあるのでトースターやオーブンでは使わないでください。

クッキングシートで作る

クッキングシートは熱や油脂、水にも強く電子レンジにも使えます。折り紙のように折って、形を作れば十分にアルミカップの代用ができます。オーブントースターでも使えますが、庫内が高温になっていると、シートが熱源にふれ燃えることがあります。シート状ではなくカップとして使う場合は、高さが出るためトースターでの使用はおすすめできません。

小さなタッパーやカップケーキの型を代用

カップケーキの型

小さいタッパーやカップケーキの型も、アルミカップのようにお弁当箱に入れて使うこともできます。お弁当箱のサイズが合えば、作りもしっかりしているので便利です。

デザートカップを代用

透明な入れ物の小さなデザートカップで代用もおすすめです。アルミカップと同様、デザートカップは軽いので使いやすいです。

シリコンカップを代用

形もさまざまなシリコンコップは、アルミカップと同じような形状のものもあります。電子レンジ、オーブンにも対応していますので、アルミカップが無いときには重宝します。おかずの作り置きにシリコンカップに入れて冷凍する方法も人気がありますので、小さ目のシリコンカップがいくつかあると便利です。

ワックスペーパーで作る

ワックスペーパーとは、サンドイッチやマフィン、カップケーキなどを包むのに使われるペーパーです。耐水性や耐湿性のあることが特徴で、かわいい絵柄などプリントされたものもあります。

アルミホイルやサランラップのような形状になっているものが多く、クッキングシートと同様アルミカップの代用としても使えます。ただし、ワックスペーパーは、熱に弱く温めた場合、耐水性などのロウが溶けだしてしまうこともあるそうです。電子レンジを使う可能性がある場合は、使わないようにしましょう。

食べられる器を使う

食べる海苔などの食材で作られた食べられる器をご存知でしょうか。形状はアルミカップのような形ですが、海苔やかつおぶし、昆布などで作られているため、カップごと安心して食べることができます。

アネスト そのまま食べられるのりカップ 24枚

出典:amazon.co.jp
アネスト
アネスト そのまま食べられるのりカップ 24枚
¥ 339(税込)
Amazonで見る

食べられる器が作れるシリコンカップで作る

シリコンカップに卵液を流しいれて、電子レンジで温めるだけで、お弁当のサイズにもピッタリな玉子焼きのカップができます。お花の形のシリコンカップを使えば、お花の卵焼きの食べられる器ができます。

貝印 kai ミニ カップ 型 (花) 食べられる器 が 作れる 弁当 おかず カップ DL-8073

出典:amazon.co.jp
貝印(Kai Corporation)
貝印 kai ミニ カップ 型 (花) 食べられる器 が 作れる 弁当 おかず カップ DL-8073
¥ 700(税込)
Amazonで見る

身近なアルミ製容器にも注意が必要

レトルトカレーとパッケージ

インスタントカップの容器

インスタントカップの容器の蓋は、裏側に保温用としてアルミが使われているものが多くあります。そのような商品は、作り方が電子レンジで温める作り方ではないはずですが、誤ってレンジで加熱すると火花が出て危険です。インスタント麺などを食べる時は、作り方をきちんと確認して、記載通りの方法で作るようにしましょう。

レトルト食品のパウチ袋

温めるだけで本格的な料理が楽しめるレトルト食品は便利で人気ですが、そのほとんどがパウチ袋はアルミ製です。最近では電子レンジ対応可能なレトルト食品もありますが、基本的には熱を通しやすく、食品がすぐ温められるアルミ製のものです。

そのため、中身を容器に移し替えずそのまま電子レンジで温めしまうと、火花が散り電子レンジが壊れてしまう可能性もありますので、注意して下さい。

お弁当用おかずカップ

アルミカップと似ている形状で、お弁当を盛り付けるときや、おかずの汁が漏れたり、他のおかずとの仕切りに使用するお弁当用の小さな容器です。

アルミカップと違い、色や柄が描かれたものが多いことで、小さなお子さんのお弁当作りには人気のアイテムですが、このカップにもアルミ製が含まれている場合もあります。電子レンジに対応できるものは、電子レンジOKなど記載がありますので確認してください。

アルミ製冷凍食品

鍋焼きうどんなどのアルミ製の冷凍食品は、ガスで直接火にかけて温めます。誤って電子レンジで温めると、大変危険です。うっかり電子レンジで温めることが無いよう気を付けてください。

まとめ

4種類のアルミカップ

アルミカップは金属からできているアルミ箔が使われているため、電子レンジを使うと火花が出てとても危険なので、電子レンジの使用はできません。火花が出るだけでなく、電子レンジが故障することもあるので、温めたい時は中身を他の容器に移し替えましょう。

電子レンジは使えませんが、オーブンやトースターでの使用は可能です。また、電子レンジのオーブン機能もアルミカップを使うことができます。もしアルミカップが無い時は、アルミホイルやクッキングシートなどで簡単に代用品を作ることもできますので、ご紹介した作り方を参考にして下さい。

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる