『いい人なのに好きになれない人』の特徴4つ!合わないと感じている理由や解決方法とは?

困っている女性

悪い人ではないとわかっているけれど、好きになれないという人は誰にでもいるものです。まずは、どうして相手と合わないと感じてしまうのか、理由をチェックしてみましょう。いい人だけど好きになれない人に見られやすい特徴も紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。好きになれない人への気持ちの整理のつけ方も、まとめました。

いい人なのに、なんとなく合わないと感じる理由とは

悩む女性

いい人なのになんとなく合わないなと感じる人って、いますよね。どうしていい人だけど合わないと思ってしまうのか、理由をまとめました。

  • 自分の価値観を押し付けてくる
  • なんとなく会話の内容がかみ合っていない
  • 自分とタイプが違いすぎると感じている

上記のような理由で、いい人だとわかっていても合わないと感じやすい人は誰にでもいるものです。

『いい人なのに好きになれない人』の特徴4つ!

拒否する女性

いい人だとわかっているものの好きになれない人の特徴は、以下のものが挙げられます。

1.相手が求めることのハードルが高すぎる

相手に求めることのハードルが高すぎると、いい人であっても好きになれないことが多いです。

  • 完璧を求めがち
  • 短時間で仕上げてほしいなど、要求することが厳しい
  • ほかの人と比較して、「君ならできるよね」と断れない雰囲気で押し付けてくる

自分がこなせることは他人もこなせると思っている可能性が高いので、頼んでいることに対する悪気は持っていないことが多いです。

2.気分にむらがある

もともと気分にむらっ気がある人は、周囲の人を振り回してしまうことがあります。

  • 自分に余裕がないときは、周囲にきつく当たりがち
  • 自分の機嫌がいいときは、周囲に優しく接する
  • 嫌なことがあったら、周囲の人に八つ当たりすることがある

気分にむらがある人は、どう接するべきかわからないときがあるので、相手の様子を見ながら言葉を選んで話しかけなければなりません。

3.相手によって態度を変えているのを、目の当たりにしてしまった

相手によって態度を変える人は、いい人であっても付き合いにくいものです。好きになるのは、難しいかもしれません。自分が相手から贔屓されてかわいがられている存在だったとしても、きつく当たられている人を見ると複雑な心境になるものです。

4.愚痴や文句が多い

平常時から、愚痴や文句が多い人は、いい人であっても好きになれないものです。

  • 愚痴を言うことによって空気がよどみやすく、気持ちが沈みやすい
  • 自分も愚痴っぽくなってしまう
  • 文句が多い人と一緒に居ると、自分もクレーマーだと周囲に認識されるかもしれない

愚痴や文句は、会社など公の場で言うものではありません。公私混同の態度が目立つ人は、いい人でも近寄りがたいと感じやすいです。

いい人でも好きになれない相手に対する思いの解決方法

考える女性

いい人だと思っていても好きになれない人に対する思いの解消方法は、以下のものがあります。

  • 相手の感性や考え方に触れて、自分の視野を広げる
  • 相手と合う部分を探し、無理なく付き合っていく
  • 違いがあって当然だと、どこかで折り合いをつける

相手のすべてを好きになろうとするのではなく、好きになれる部分を見つけて接することで、こちらの気持ちが楽になりやすくなりますよ。

まとめ

いい人だけど好きになれない人がいることは、決して悪いことではありません。相手との付き合い方を模索しつつ、無理のない距離を保ちましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
困っている女性

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る