「スーパーで選んではいけない」野菜の特徴5選!美味しいモノを選ぶコツとは?

スーパーの野菜売り場

スーパーで野菜を選ぶ時、どこをチェックするべきかわからないと迷ってしまうことはありませんか。野菜の鮮度を見極める際は、細部までしっかりチェックすることが大切です。今回は、スーパーで選んではいけない野菜の特徴や美味しい野菜を選ぶコツを紹介します。

スーパーで野菜を買う際は鮮度が良いもの選ぶべし!

スーパーで買い物する女性

スーパーの野菜売り場で野菜を選ぶ時、皆さんはどのような点をチェックしていますか。野菜の見極めを「なんとなく」で済ませている人も多いでしょう。

しかし、野菜は鮮度が大切です。もちろん、鮮度の良い野菜と鮮度の悪い野菜には、それぞれ特徴があります。この特徴を見極めることで、鮮度の良い野菜を選び抜くことができるのです。

次にスーパーで野菜を買う際は、野菜の鮮度の良し悪しを見極めるポイントをしっかりチェックして、より良いものを選びましょう。

「スーパーで選んではいけない」野菜の特徴5選

鮮度の落ちている野菜には、どのような特徴があるのでしょうか。ここでは、スーパーで選んではいけない野菜の特徴を紹介します。このような特徴が見られる野菜は日持ちしにくいので避けましょう。

1.ヘタが変色している

トマトやナスといったヘタが付いた状態で売られている野菜は、ヘタをチェックすることも忘れないようにしましょう。ヘタの色から鮮やかさが落ちていたり、黄色や黒っぽい色へと変色している場合は、すでに鮮度が落ち、劣化し始めているサインです。

なるべく野菜売り場に置かれている野菜の中から、ヘタの色が元の色味を維持しているものを選びましょう。

2.水分が抜けて萎れている

他の野菜よりも水分が抜けて萎れているように見える野菜は買うべきではありません。野菜の美味しさや鮮度は水分量で大きく左右されます。萎れている野菜はすでに水分が多く抜けて蒸発してしまっている恐れがあります。

また、水分が抜けて萎れている野菜は、日持ちもしないものが多いです。野菜全体を見ることはもちろん、ヘタやトゲ、切り口などもチェックしましょう。

3.棘にハリがない

きゅうりやオクラなど、小さな棘がポツポツと見える野菜は、その棘をチェックすることも忘れないようにしましょう。意外と多くの人が見落としがちな見極めポイントです。

先に少し触れたように、棘にハリがない野菜は水分が抜けてしまっている恐れがあります。触ると少し痛みが走るくらいハリのある棘を持つ野菜の方が鮮度が良い証拠です。

4.他のものより重みがない

野菜を選ぶ際、いくつかの野菜を両手に持ち、重みを比べていますか。面倒に感じるかもしれませんが、他のものよりも軽く重みが感じられない野菜は選ぶべきではありません。

他のものよりも軽いということは、内容量が少ないということです。実がギュッと詰まっておらず、スカスカの状態だったり、水分が多く抜けている可能性も考えられます。

なるべく同じ野菜でも他のものと比べてずっしり重みを感じる野菜を選んだ方が、しっかりと旨味や食感を感じることができるでしょう。

5.全体の色が薄くぼやけている

鮮度の良い野菜は、野菜本来の色味をしっかり維持していることが多いです。反対に、鮮度が落ちている野菜は、全体の色が薄くぼやけていたり、くすんで見えたりすることが多いでしょう。

ネギなどのある部分でハッキリと色が分かれている野菜であれば、境目がぼんやりとぼやけているものではなく、くっきりと分かれているものを選ぶべきです。

美味しい野菜を選びたい!見極めるコツは?

スーパーで野菜を選んでいる女性

スーパーで選ぶべきではない野菜の特徴を紹介しました。最後におさらいになりますが、美味しい野菜を選ぶために見極めるポイントを紹介します。

  • 色味が青々としていたりハッキリしている
  • ずっしりと重みがある
  • 棘や野菜自体にハリがある
  • ヘタやトゲにハリがある
  • 切り口がみずみずしいもの

全体の色味はもちろん、細部の色味もしっかりチェックし、みずみずしさや重量感、ハリなどをしっかりチェックした上で見極めましょう。

スーパーで野菜を選ぶ時は細部までチェックして!

いかがでしたか。スーパーで野菜を選ぶ時は、なんとなくで選ぶのではなく、ポイントを押さえて細部までチェックすることが大切です。鮮度の良い野菜は美味しく食べられるだけでなく、日持ちもしやすいです。ぜひ次回スーパーへ行く際は品質を見極めてみてください。

この記事のタイトルとURLをコピーする
スーパーの野菜売り場

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る