電子レンジで温めなおすべきではない『4つの食品』

電子レンジの操作

電子レンジでの再加熱調理は、幅広く普及している便利な調理方法のひとつです。しかし、電子レンジでの再加熱で食品の成分が変化してしまい、体調不良を招く原因につながることがあるので要注意!どのような食品が、再加熱に不向きなのかをチェックしておきましょう。再加熱不可の食品をどう扱うべきなのかという点も、紹介しています。

電子レンジで温め直すべきではない食品があるの?

電子レンジを使う様子

一度調理した食材を保存し、食べる直前に再度電子レンジで加熱する方法は、決して特別なものではありません。どんな家庭でも実践されていることですが、電子レンジで再加熱すべきではない食品について知っている人は、実は多くないのが事実です。

どのような食品が、電子レンジでの再加熱に不向きなのかチェックしておきましょう。体調不良を未然に防ぐためのも、知っておいて損はありません。

電子レンジで温めなおすべきではない『4つの食品』

びっくりした女性

電子レンジで再加熱すべきではない食品は、以下のものが挙げられます。つい加熱して食べたくなるものばかりなので、家族や自分の健康を守るためにもしっかりとチェックしておきましょう。

1.発がん性物質を発生させる食品

再加熱調理を継続して行うことで、恐ろしい病気を招く可能性がある食品は複数あります。

  • ほうれん草
  • ビーツ
  • セロリ

再加熱することで、硝酸塩という成分が変化して発がん性物質を発生させる可能性があります。ほうれん草はバター炒めなどは活躍の場が広いだけに、注意したい食品です。

2.腹痛を起こす可能性がある食品

再加熱することによって、腹痛を起こす可能性がある食材品もあります。

  • キノコ類…タンパク質の劣化
  • 卵…毒物が発生
  • 鶏肉…タンパク質の組織が変化するため

鶏肉を温め直す場合は、鶏肉の内側までこ音状態にすれば安全に食べられます。ほうれん草同様、使用頻度が高い食品なので、再加熱を行う際は注意してください。

3.じゃがいも

常温で粗熱を取ると、稀にボツリヌス菌が発生してしまうことがあります。菌が発生したじゃがいものを食べると、体調不良を起こる原因になるので危険!見た目は変化しないため、菌が発生しているかどうかは肉眼では見分けがつきません。

ボツリヌス菌は、はちみつに含まれていることで有名な菌です。1歳未満の子どもが口にしてしまうと、非常に危険といえます。

4.お米

常温でお米の粗熱を取ることで、バクテリアが繁殖してしまいます。再加熱や調理を行っても菌は死滅しないので、食べてしまうと体調不良の原因につながることがあるので注意しましょう。

温め直してはいけない食品、どうするべき?

悩む主婦

温め直して食べるべきではない食品は、どのような対策を練るべきなのでしょうか。

  • 再加熱せずに食べる
  • 再加熱する場合は、危険な食品を取り除く
  • 再加熱負荷の食品は、1回の調理で食べきる

再加熱不可の食品は、どのような方法で再加熱しても危険である可能性が高いです。電子レンジでなく、フライパンに出してガスコンロなどで加熱しても食べるのは危険!再加熱して食べるということは考慮せず、どうすべきかを見極めて調理を開始しましょう。

まとめ

電子レンジでの再加熱調理は、非常に便利です。しかし、食品によっては体調不良を招く原因になるので、再加熱調理しても大丈夫な食品かどうかを見極めましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
電子レンジの操作

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る