カシミアを家で洗濯する方法と干し方!縮まないコツと縮んだ時の戻し方

ふんわりと柔らかい手触りが人気のカシミア。セーターやマフラーなど幅広いジャンルに使用される人気の素材の一つです。ですが、洗濯が難しいという印象があるのも事実。そこで今回は、自宅で簡単にできるカシミア衣類の洗濯方法について詳しく紹介していきます。洗濯の仕方だけではなく、縮まないコツや万が一縮んでしまった時の戻し方についても触れていきます。

カシミアは家で洗濯できる?

カシミアの素材

カシミアに限った話ではないのですが、洗濯表示というものがポイントとなります。水洗いができるものなのかどうか、適正温度は何度がベストなのかなど、洗濯に関わる詳しい情報が洗濯表示には書かれているのです。まずは、ここをしっかりチェックしてください。

水洗い不可と書かれた表示がある場合、自宅で洗濯してしまうと衣類を傷めてしまう原因になります。その為、カシミアであっても、水洗い不可と書かれている衣類に関しては自宅で洗濯するよりも、ドライクリーニングに出すようにしましょう。

「手洗いか洗濯機どちらで洗うか」ですが、カシミアは繊細な素材の為、手洗いが推奨されています。

カシミアの洗濯方法

服の手洗い

洗濯表示の中で水洗いが可能とあれば、自宅で洗濯することができます。カシミアのふんわり感を損なわない為の洗濯方法について詳しく解説していきます。

手洗いで洗うことが大切

ふんわりとしたカシミア本来の品質を損なわない為には、洗濯機よりも手洗いを選択することをおすすめします。

洗濯機で簡単に行ってしまいたいという人もいるでしょうし、ウールやカシミアでも問題なく洗える洗剤なんていうのも発売されていますが、繊細な素材であることを考えると手洗いの方が安心です。

手洗いと言ってもゴシゴシ擦るようなものではなく、つけ置き洗いが良いでしょう。規定量に合わせた洗剤を入れた洗面器やバケツに、折りたたんだ状態の衣類をつけ置きます。

汚れが酷い場合などはつい擦ってしまいたくなりますが、擦ったり揉みほぐして洗ってしまうと毛玉ができる原因になりますので、軽く押す程度で洗ってください。

中性洗剤と柔軟剤の選び方

洗剤は通常の洗濯と同じものでも良いですし、専用のものでも問題ありません。できれば、おしゃれ着用洗剤を使っておくと安心です。また、柔軟剤は仕上がりに差が出やすいので、使用することをおすすめします。

脱水方法

水が濁ってきたら、洗剤や水を入れ替え、優しく押し水が綺麗になるまで洗います。その後、洗濯ネットに入れて脱水していくのですが、この時も洗濯機は使用しません。

洗濯機の脱水機能を使ってしまうと、縮みの原因になってしまうので注意してください。洗濯ネットに入れた状態で軽く水気を絞っていきます。

強く絞ると繊維にダメージを与えていますので、優しく絞りましょう。水分が抜けた状態になったら、後は乾燥させていきます。

洗濯したカシミアの干し方

ハンガーにかけられた服

脱水させた衣類を乾燥させる方法ですが、乾燥機は使用しないようにしてください。カシミアは縮みやすい素材なので、乾燥機で乾燥させてしまうと、ワンサイズ縮む原因になります。その為、自然乾燥が良いとされています。

平らな場所に平干ししていくのが基本となります。ハンガーなどを使って吊るし干ししてしまうと、繊維の網目が伸びてしまい、型崩れの原因となりますので注意しましょう。

水分を含んだカーディガンやニットなどは重いので、吊るすことでより繊維に負担をかけるのです。そこで活躍してくれるのが平干し用のハンガーです。衣類を吊るすことなく、平置きした状態で干せるので便利です。平干し用のハンガーがなくても、テーブルなどの上に干しても問題ありません。

干す際には直射日光が当たらない場所かどうかを確認してください。直射日光が当たることで急速に乾燥が進みます。これによって繊維が縮れてしまうことがありますので、直接当たらない場所を選んで干しましょう。また、外干しではなく室内干しがベストです。

縮んだカシミアの戻し方

洗濯物に悩む女性

洗い終わったカシミア衣類に袖を通して驚愕したという経験がある人もいるのではないでしょうか。洗濯方法を間違えてしまうと、縮みの原因になってしまいます。一度縮んだ衣類はもう元には戻らないと不安に思う人もいるでしょうが、実は戻し方というのがあります。

再度洗濯を試みる

縮んでしまった衣類を再度洗濯することで、縮みを戻すことが可能です。まず、水洗いをしていきましょう。ただし、洗剤や柔軟剤などは使用しないようにしてください。

手洗いをする必要はなく、繊維が水分を吸い込んだ状態であれば問題ありません。水分が含んだ状態のまま、バスタオルの上などに広げ、戻したい形に伸ばしていきます。

戻したい形にする為に、引っ張り過ぎると繊維を傷めてしまいますので注意が必要です。その後、自然乾燥していくのですが、ドライヤーやアイロンなどを使わないことが大切です。

カシミアは、繊維の性質上、自然乾燥した状態のまま形が戻ると言われています。その為、余計な手を加えずに自然に任せておきましょう。

クリーニングに依頼する

カシミアは素材的にも扱いが難しいものの一つです。自宅で洗濯に失敗しクリーニング店に駆け込んだ経験がある人も少なくありません。縮みが戻るかは分かりませんが、プロに依頼してみるのも一つの方法でしょう。

カシミアの洗濯で注意すること

脱水機

カシミアは慎重に扱わなくてはいけない素材です。通常の洗濯の延長線上だと思って洗濯してしまうと後悔することになりかねません。

脱水時の注意

脱水を早く終わらせてしまいたいという気持ちから、洗濯機の脱水機能を使用してしまう人がいますが、これは縮みの原因になります。

手洗い後、水気を絞ることになるのですが、カラカラにする必要はありません。きつく絞ってしまうと繊維を傷つけてしまいますので、優しく絞るようにしてください。

干す際の注意

直射日光の当たらない場所で干すことが大切です。また、ハンガーは使用しないことが鉄則です。カシミアやニットなどの素材は、水分を含むとかなりの重さになってしまいますので、その状態でハンガーに吊るしてしまうと繊維が伸びる原因になります。その為、干す際には、平置きの状態にしておくことが大切です。

カシミアのクリーニングの料金

クリーニングのイメージ

自宅で洗濯することも可能とは言え、やはり繊細な素材を扱うのは簡単なことではありません。そこで、洗濯のプロであるクリーニング店にお願いしてみるのも一つの方法です。

クリーニング店の相場

カシミア素材をクリーニング店にお願いする場合、重要になってくるのがその製品に対してどれぐらいのカシミアを使用しているのかです。

この割合が30%なのか、100%なのかによって価格が前後すると言われています。カシミアに関しては、30%以上であると平均相場が2,000円前後になります。

物によっては、3,000円を超えるものもあるでしょう。クリーニング店によっても値段の相場は変わりますし、持ち込む製品によっても異なっていますので、最寄りのクリーニング店に確認しておくと安心です。

クリーニング店に出す際に注意したいこと

クリーニング店にカシミア素材の製品を依頼する際には、そのことを最初に伝えておきましょう。相手もプロですから、洗濯表示というものは確認しますが、クリーニング店によっては申告のみで対処してしまうということもあり得ますので、事前に伝えておくことが大切です。

お気に入りの衣類も自宅で洗濯ができる

洗濯物をたたむ女性

カシミアは繊細な素材であり、洗濯時の扱いが難しいのは事実です。しかし、洗濯方法をしっかり守って、自宅でもちょっとの手間をかければキレイに洗うことができます。

お気に入りの衣類も、クリーニング店に頼まずに洗濯することができるので一度はチャレンジしてみてください。万が一縮んでしまった際には、クリーニング店に相談してみましょう。

カシミアを使った衣類

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる