実は損をしている『洗濯方法』4選!水道代が高くなってしまうNG行為とは?

洗濯物が入った洗濯籠

日々、使用している洗濯機には、電気代と水道代がかかっています。少しでも洗濯にかかる光熱費を抑えたいと考えている方は、日頃の洗濯方法を改めて見直してみてはいかがでしょう。今回は、実は損をしている洗濯方法や損をしないために押さえておくべきポイントを解説します。

洗濯に使われる水道代は月800〜1000円が平均

ドラム式洗濯機

皆さんは洗濯にどのくらい水道代が使われているかご存知でしょうか。一般的に、ファミリー世帯では約800円、多くても1000円ほど使われている世帯が多いです。

1ヶ月の水道代は、総世帯平均が約4000円と言われているので、単純計算で4分の1が洗濯に充てられていることになります。

お風呂や食器洗い、トイレ、洗面台でも水道水は使用されているので、さまざまな部分で節水を心がけることが大切です。そのうちの1つ、洗濯方法も節水を意識することで、年間の水道代が数千円節約できると言われています。

光熱費が高くなる原因に…実は損をしている『洗濯方法』4選

洗濯する際、洗濯機の設定や1回に洗う洗濯物の量、洗濯の仕方などで水道代が高くなることをご存知でしょうか。ここでは、水道代が高くなる原因にもなる損をしている洗濯方法を4つご紹介します。少しでも節水したい方は、参考にしてください。

1.毎回標準設定(すすぎ2回)で行っている

皆さんは洗濯機で洗濯する際、洗濯コースを基本の標準設定で行っているのではないでしょうか。一般的に、多くの洗濯機の標準設定は、「すすぎ」が2回に設定されていることが多いです。

しかし、洗濯物の量や使っている洗剤の種類によっては、すすぎ1回で十分洗剤を落とすことができます。すすぎの回数が多ければ多いほど水道代が高くなるので、初期設定のまま標準コースで洗濯するのではなく、その時の洗濯物の量や洗剤の種類に応じて設定を変更しましょう。

2.毎日少量ずつ洗濯している

毎日洗濯機を回しているというご家庭は多いと思います。しかし、1日に出る洗濯物の量が少ない場合、少量の洗濯物を毎日洗濯機で洗濯していると、過剰に水道水を使ってしまっている恐れがあります。

洗濯物を数日間放置してしまうと、雑菌繁殖のリスクが高まりますが、1〜2日であれば、時期によってはさほど大きな問題にはなりません。

もしも1日に出る洗濯物の量が少ない場合は、洗濯槽8割まで溜まってから洗濯するようにすると、水道代の節約にもつながるでしょう。

3.洗濯機に入れる際、重量のある洗濯物が上にきている

縦型洗濯機の場合、洗濯物の入れ方にも注意が必要です。軽量の洗濯物が下に、重量のある洗濯物(バスタオルなど)が上にきている場合、洗濯槽がうまくバランスを取れず、効率的に稼働しなくなってしまいます。

洗濯機によってはエラーが出ることもありますが、中には洗濯機が自動で判断し、さらに水を追加して投入してしまうことがあるのです。すると、本来使わなくて良い量の水を使ってしまうため、水道代が高くなる原因になります。

洗濯機に洗濯物を入れる際は、洗濯機を稼働させた際に正常に運転できるよう、重量のある洗濯物を先に、軽い洗濯物を後から入れるようにしましょう。

4.洗剤を入れすぎている

「洗剤は多く入れた方が洗濯物がきれいになるのでは」と考え、洗剤を多めに入れている人がいますが、これは洗濯方法として誤りです。

洗剤を入れすぎてしまうと、洗濯機の機種によっては洗剤の量に合わせて投入する水量が多くなってしまいます。過剰に水が投入されることにより、水道代も高くなってしまうため、洗剤の量は適量を守ることが大切です。

また、洗剤を多く入れすぎてしまうと、洗剤が洗濯物に残ってしまい、雑菌繁殖の原因にもなります。生乾き臭を発生させるリスクが高まるので、入れ過ぎには注意してください。

毎回の洗濯で損をしないために押さえておくべきポイント

洗剤とタオルと洗濯機

洗濯に使う水を節水したい場合は、損をしないためにも洗濯機の設定や洗濯物の入れ方、方法などを押さえておくことが大切です。

  • 洗濯物は洗濯槽8割ほど溜まってから洗濯する
  • すすぎ1回用の洗剤を使いすすぎ回数を減らす
  • すすぎ回数を減らすために洗剤は適量を守る
  • お風呂の浴槽にお湯を溜めている場合は残り湯を使う
  • 重量のある洗濯物を下に入れて軽い物を上に
  • 衣類についた汚れはあらかじめ手洗いで落としておく

最も節水につながる方法は、やはりお風呂の浴槽に溜めて使い終わった残り湯を使うことでしょう。まだ温かいお湯を使うことで、電気代節約にもつながります。

また、すすぎの回数設定を変更したり、重量のある洗濯物を先に洗濯槽に入れ、軽い洗濯物を後から入れるなど、細かい部分にも気をつけてみましょう。

洗濯は細かい部分も意識して水道代を節約しよう

いかがでしたか。洗濯にかかる水道代は、1ヶ月で800円〜1000円と全体を見るとそこまで高くはありません。しかし、1年間で見ると数千円の変化が見られるので、少しでも水道代を抑えたいという方は、細かい部分も意識してみましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
洗濯物が入った洗濯籠

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る