『他人に言われたくない言葉ランキング』ワースト7

Noと書かれた小さなメモ

親しければ親しいほど、つい本音をポロリと言ってしまい相手を傷つけてしまうことは少なくありません。今後の関係性にもヒビが入る恐れもあるので、他人にかける言葉は慎重に選ぶべきです。今回は、他人に言われたくない言葉をいくつか紹介するので、日々の会話の中で意識的に注意しましょう。

思っていてもダメ!他人を傷つける些細な言葉は多い

不機嫌そうな女性

親しければ親しいほど、相手にかける言葉が鋭くなってしまったり、言わなくてもいいことまで言ってしまったりと遠慮がなくなります。「親しき仲にも礼儀あり」という言葉があるほどです。

何気なく発した言葉が、実は相手の心を深く抉っていたり、気にしていたことをはっきり言われて傷ついてしまったりという例は少なくありません。

とても親しい間柄であっても、こうした他人を傷つける発言を繰り返していると、相手との関係が崩壊してしまう恐れもあるので気をつけましょう。

『他人に言われたくない言葉ランキング』ワースト7

頭を抱える女性

では、具体的にどのような言葉に傷つく人が多いのでしょうか。ここでは、実際に多くの人が「他人に言われたくない」と思っている言葉や内容をワーストランキング形式で紹介します。日頃の会話で気をつけましょう。

1位.「太った?」などの体型に関すること

堂々の第1位は、やはりその人の体型に関する言葉です。「太った?」という直接的な言葉やそれを遠回しに伝わってしまうような言葉も相手を傷つけることになります。

また、体型だけでなく、「髪が薄くなった」「老けた」というニュアンスの言葉も禁句です。相手に意見を求められている場合も、なんとなくニュアンスを誤魔化して、相手に配慮した言葉選びを意識しましょう。

2位.「楽しくない」「つまらない」

一緒に時間を過ごしている時に「なんだかつまらないなぁ〜」「楽しくないな」と口に出してしまうことはありませんか。その時はついポロッと本音が出てしまったのかもしれませんが、意外と相手を深く傷つけている可能性があります。

後々、こうして文字に起こして見てみると、非常に失礼で不快な言葉ですよね。その人に対する印象として発することはもちろん、誰かと一緒にいる時にこうした発言は控えましょう。

3位.「頼りない」

大人になればなるほど、「頼りない」という言葉に傷つく人は増えます。年齢を重ねているため、それなりに周りからの信頼を得られていると感じている人が多いため、「頼りない」「信頼できない」といった言葉は他人に言われたくない言葉の上位に上がります。

男性はもちろん、女性も「頼りない」という言葉にショックを受ける人は多いので、相手の能力を見下すような言葉選びは避けましょう。

4位.「〜らしくない」という決め付け

「女性らしくない」「男性らしくない」「あなたらしくない」などの決め付けとも言える言葉に「あなたに何がわかるの」「余計なお世話だ」と感じる人は多くいます。

現代では、女性らしさや男性らしさという固定概念は既に古い価値観として考えられていることもあり、性別にこだわった「〜らしくない」という決め付けは、特に強く非難されます。

実際、自分のした行動に対して「女性らしくない」「男性らしくない」という理由で否定されると、不快に感じませんか。他人にかける言葉としても避けましょう。

5位.「優しくない」「思いやりがない」

相手の言動に対して、優しくないな、思いやりがないなと思うことはあるでしょう。しかし、そうした言葉を相手にはっきりと伝えると、それが事実であっても傷つけることになります。

中には、相手のためを思って「もっと思いやりを持った方がいいよ」とアドバイスをする人もいますが、正直なところ、相手にその言葉が響くことは少なく、むしろ「余計なお世話だ」「その発言も配慮がないのでは」と反感を買ってしまうことの方が多いでしょう。

こうした発言は、トラブルの原因にもなります。たとえ心の中で思っていても控えるようにしましょう。

6位.「子どもはいつ作る予定?」

現代では、夫婦の在り方も昔とは大きく変わってきているため、夫婦によっては子どもを作らないことを選択する夫婦も大勢います。また、中には不妊症に悩み治療中の人もいるでしょう。

夫婦によって事情はさまざまある中で、「子どもはいつ作る予定?」と子どもを作ることを大前提とした発言は、あまりに相手に配慮がありません。「作らないといけないの?」「作りたいけど、作れないのに」と相手を不快にさせてしまいます。

このように夫婦に関するプライベートな事情には、あまり踏み込まず、周囲はそっと静観するのが正解です。

7位.「結婚しないの?」など婚姻に関すること

結婚していない独身の友人に対して「結婚しないの?」と結婚に関する質問をしてしまう人は少なくありません。しかし、相手の気持ちを考えると、この質問も配慮がなく、相手を傷つけたり不快にさせたりしてしまいます。

結婚は皆がしたいと思っているわけではありません。また、頑張って婚活しているのにできないと悩んでいる人もいるでしょう。

こうした事情を持つ人も大勢いることに配慮し、婚姻に関することは、あまり自分から他人に尋ねないようにするべきです。

他人にかける言葉は意味やニュアンスを特に意識して

いかがでしたか。他人にかける言葉は、時に相手を不快にさせたり傷つけたりする恐れがあります。関係性にもヒビが入るので、他人に言葉をかけるときは、意味やニュアンスを特に意識して言葉選びしましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
Noと書かれた小さなメモ

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る