スマホの画面が割れたまま使うのはNG?5つのリスクと修理費用・期間を解説

ひび割れたスマホ画面

スマホの画面がひび割れてしまった場合、修理代が高くなりそうだからといって継続使用してしまうのはNG!どうして継続使用すべきではないのか、継続使用するリスクをご紹介します。どのようなリスクが発生するのかを知り、スマホの画面がひび割れたらできるだけ早く修理に出しましょう。修理代の目安や、修理期間についてもまとめています。

スマホの画面が割れたまま使うのはNG?

悩む女性

画面が割れたスマホを使ってみると、いつもと変わらない使い心地。修理となるとお金がかかるため、このまま使いたいと思うかもしれません。実際、画面に小さなひび割れがあっても、問題なく使えることもあるでしょう。

しかし、画面が割れたスマホを継続使用するのはデメリットがたくさん!どのようなリスクがあるのかをチェックし、修理代や修理期間の目安を把握しましょう。

スマホの画面が割れたまま使う5つのリスク

ディスプレイが割れた様子

スマホの画面が割れたままの状態で継続使用してしまうと、以下のようなリスクが発生します。

1.けがをしてしまう可能性が高い

スマホの画面が割れているということは、割れた部分が鋭くなっている可能性が非常に高いです。

  • ガラスで指先をケガする
  • 持ち運ぶ最中、ポケットなどが切れてしまう
  • スマホを持ち上げて操作していた場合、ガラスの破片が目に入ってしまう
  • スマホ画面が割れているとしらすに触れた友人などが、ケガを負ってしまう

切り傷ができてしまうと完治まで時間がかかり、破片が目に入ってしまうと予期せぬトラブルが起きてしまうかもしれません。

2.ひび割れが大きくなってしまう

スマホの画面に小さなひびが入っていても、小さければ目立たないから継続使用できそう思う人もいますよね。しかし、小さなひび割れを放置してしまうのはNG。

  • 指の圧が加わるごとに、ひび割れが大きくなる可能性がある
  • 持ち運ぶ途中、圧がかかると一気にひび割れが大きくなるかも
  • 大きなひび割れになってしまうと、買い直しになるかも

ひび割れが一気に進んでしまうと、修理不可能になってしまうこともあります。

3.操作できなくなってしまう

画面のひび割れを放置してしまうと、操作できなくなることがあります。

  • ひび割れから細かな汚れや水が侵入し、画面全体が故障してしまう
  • 画面がつかなくなり、修理不快なる可能性がある
  • バックアップを取っていたとしても、修理できずデータが全部飛んでしまうかも

上記のように、取り返しがつかない事態を招くこともあるので要注意!

4.操作していなくても、勝手に起動する

画面にひび割れが生じていると、操作していなくてもスマホが起動してしまうゴーストタッチと呼ばれる現象が起こりやすくなります。

  • タッチしていない文字が表示される
  • ゲームで入力していない操作が起きてしまう

一度起こると繰り返し起こり、修理しなければ改善は見込めません。

5.周囲の人からの信用が薄れてしまう

スマホの画面にひびが入っている状態で継続使用すると、周囲の信用を失うことあります。

  • 買い替えるお金がないのかも
  • なんだか不潔そう
  • 仕事ができなさそう
  • だらしない印象

お金がないなどの理由はあるかもしれませんが、長期間画面がひび割れたスマホを継続使用するのはNG。

スマホの画面が割れたときに発生する修理費用と期間

電卓とお金

スマホの画面がひび割れてしまったときの修理費の目安は、以下のようになります。

  • 大手メーカーの保証パックに入っていた場合…おおよそ3,000円ほど
  • 保証パック未加入の場合…最安値で10,000円台で、機種によっては40,000円以上かかる
  • スマホ修理業者の場合…10,000~50,000円前後(機種によって変動)

修理期間は1~2週間ほどかかることが多いです。大きな出費をしないためにも、保証パックに加入しておくことも重要。

まとめ

スマホの画面は、いつどんな拍子に割れてしまうかわかりません。割れた画面は修理に出さなければ元通りにはならないので、できるだけ早く修理を依頼するのがおすすめです。

この記事のタイトルとURLをコピーする
ひび割れたスマホ画面

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る