電子レンジで温めると爆発する食べ物5選 安全に温める方法は?

電子レンジで爆発した卵

電子レンジを使うと、食材を簡単に温められてとても便利ですよね。野菜の下処理などにも活用できるため、必要不可欠な家電といえます。しかし、どんな食材とも相性がよいわけではありません。相性が悪い食材をオートで加熱すると、食材が爆発してしまうかも!最悪の事態を避けるためにも、電子レンジで加熱すべきではない食材の種類をチェック!

電子レンジで食べ物が爆発すると起こるかもしれないこと

汚れた電子レンジ

電子レンジは、気軽に食べ物を温めるいことができる、生活に欠かせない家電製品の一種です。しかし、どんなものでも安全に温められるというわけではありません。温めるものによっては、食べ物が爆発してしまうかも!そうなったら、以下のことが起こってしまう可能性があります。

  • 汚れが飛び散る…放置してしまったら、頑固汚れにつながる
  • 汚れを回収するのが難しい
  • 電子レンジが故障するかも
  • 故障の際、ボヤが出る可能性がある

電子レンジの中で食べ物が爆発してしまうと、思いがけないアクシデントが起きてしまうことがあるので、十分注意してください。

電子レンジで温めると爆発する食べ物5選

複数のトマト

電子レンジで温めると爆発する可能性がある食材は、以下のようなものが挙げられます。

1.卵

電子レンジで爆発する代表格ともいえる食材ともいえる卵。どのような形状になっても、電子レンジで加熱すると爆発する可能性を秘めています。

  • 殻付きの卵
  • 割った生卵
  • 殻をむいたゆで卵

卵は、どのような形状であっても、電子レンジで加熱するとき注意すべき食材です。

2.薄皮が表面を覆っている食材

食材の内側に熱がこもってしまいやすい、薄皮がついているものは、爆発することがあるので注意しましょう。

  • ウインナー
  • トマト
  • たらこなど

上記のもの以外でも、薄皮に覆われている食材を電子レンジで加熱するときは目を離さないよう心がけてください。

3.水分が少ない食材

食材そのものに水分が少ないと、加熱したら爆発してしまうことがあります。

  • サツマイモなどのイモ類
  • にんにくなど

水分がほとんど含まれていない、ドライフルーツなども電子レンジで加熱すべきではありません。

4.とろみが強い食材

ちょっとしたとろみがある食材なら電子レンジで加熱しても問題ありませんが、とろみが強いものは熱がこもりやすい傾向です。

  • カレー
  • シチュー
  • ソース類…デミグラスやパスタソースなど

カレーやシチューだけでなく、デミグラスソースやパスタソースの加熱も注意しましょう。

5.厚い肉

厚みがある肉は、表面が温まって内側が温まりにくいので、加熱を繰り返すと爆発するかもしれません。

  • ブロック肉
  • 鳥のムネやモモ肉

上記の肉を電子レンジで加熱する場合は、爆発しないような工夫を施す必要があります。

爆発するかもしれない食べ物を安全に温める方法は?

電子レンジを使う様子

爆発の可能性がある食材を電子レンジで槓子する場合は、以下の方法を試してみてください。

  • 生卵…黄身に爪楊枝で数か所穴をあけて加熱するか、全体を溶くほぐす
  • ゆで卵…殻をむいて、ゆで卵に5か所ほど穴をあけて低温で10秒ほどの短い時間で数回に分けて加熱する・殻をむいて、ゆで卵にアルミホイルを巻き、ゆで卵がつかるほど水を入れたコップにつけてコップに少し隙間を作ってラップをかけて加熱する
  • 薄皮がついている食材…切り込みを入れるか、穴をあける
  • 水分が少ない食材…食材を水に通したり、霧吹きをする
  • とろみが強い食材…少しずつ加熱し、こまめに混ぜ合わせる
  • 厚みがある肉…フォークで穴を開けるか、湯煎など別の調理方法を試す

乾物は、基本的にレンジでの加熱を避けるべき食材です。上記の食材も、電子レンジでの加熱が不安だと感じているのであれば、鍋やフライパンでの調理を試してみてください。

まとめ

電子レンジでの加熱は、絶対安全というわけではありません。食材の特徴を正しく把握し、電子レンジとの相性を考慮して、より安全に調理できるような知識を身につけましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
電子レンジで爆発した卵

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る