トイレの黒ずみを根こそぎ落とす『掃除のコツ』4つ!予防するための対策まで解説

トイレの黒ずみを落とすには?

トイレに黒ずみ汚れができてしまったら、除去するのが大変!ごしごしこすってもなかなか落ちない頑固な汚れを落とすためには、いくつかの方法は有効です。どのような方法があり、自宅で試しやすいかをチェックしてみましょう。黒ずみ汚れを除去した後、再度汚れが蓄積しないよう、簡単なお手入れ方法も紹介しています。

トイレに黒ずみができる原因

白い便器

トイレの掃除をサボってしまうと、いつの間にか黒い汚れが水の周りにつきやすくなります。どうして黒ずみができてしまうのでしょうか。

  • 黒カビ
  • 酸化した水垢
  • 頑固な尿石
  • ホコリに雑菌が混ざった

上記のものが、黒ずみ汚れの原因です。黒ずみを放置してしまうと、頑固な汚れになって落ちなくなってしまう恐れがあるので注意しましょう。

トイレの黒ずみを根こそぎ落とす『掃除のコツ』4つ!

トイレの黒ずみ

トイレの汚れを根こそぎ落とす方法は、以下のものが挙げられます。

1.酸性の専用洗剤を使用する

酸性の専用洗剤は、黒ずみ汚れに効果抜群!汚れが頑固そうな場合は、次亜塩素酸ナトリウムの洗剤を使うのがおすすめです。

  • 便器の淵から、洗剤をかけていく
  • 洗剤をかけて、トイレットペーパーをかぶせてパックする
  • その上から再度洗剤をかける
  • 1時間~放置する
  • 放置後流し、残っている汚れをこすり洗いする

ごしごしこすっても、黒ずみ汚れはなかなか落ちてくれません。上記の方法で汚れを浮かせて落とし、残った汚れを軽くこすり洗いする方法だと力を使わず行えるので、家事の負担を軽減できます。

2.クレンザーなどで研磨する

黒ずみ汚れには研磨作用があるクレンザーが効果的と思う人は多くいますが、クレンザーを使用するときには注意すべき点があります。

  • 便器内の水位を下げる…紙コップで汲みだす・ラバーカップを数回押し込むなど
  • 水位が下がったら、黒ずみにクレンザーをかける
  • 黒ずみをこすり洗いして、水を流す

水分が多いと、クレンザーの効果を引き出しにくくなります。水位を下げるか、多めのクレンザーを使用する方法を試すのがおすすめです。

3.重曹とクエン酸スプレーで落とす

エコなお掃除グッズとして有名な、重曹とクエン酸。いろいろな場面で使用でき、安価なので所持している人はぜひ活用してみましょう。

  • 重曹を粉末状のまま、黒ずみに直接かける
  • その上から、クエン酸スプレー(水200ml+クエン酸小さじ1)を吹きかける
  • 発泡してからこすり洗いをする

頑固な黒ずみ汚れの場合は、重曹を振りかけたあとトイレットペーパーを敷き、その上からクエン酸スプレーをしてパックすると効果が出やすくなります。

4.専門業者に依頼する

専門業者に依頼すると、決して安くないお金はかかります。しかし、プロに依頼することで、今までとは比べ物にならない美しさに仕上がりますよ。トイレ全体の汚れが気になっているのであれば、プロに依頼してメンテナンスしてもらいましょう。

トイレの黒ずみを予防するための対策

重曹

トイレの黒ずみ汚れを除去したら、再度できてしまわないようメンテナンスを行いましょう。

  • タンクの中を定期的に掃除する…重曹をカップいっぱい用意し、トイレタンクの中に入れて6時間ほど放置して流す。3~5日をめどに行う
  • こまめに掃除をする…便器の淵など、尿や水がかかって頑固汚れが発生しやすい場所を毎日掃除する

上記のように、簡単なメンテナンスを繰り返すことが、トイレを黒ずみから守る簡単な方法です。簡単な方法なので、ぜひ試してみてくださいね。

まとめ

頑固な黒ずみ汚れは、できてしまうと除去するのが大変!一度できた黒ずみをキレイに除去した後は、再度黒ずみ汚れができないよう定期的にお手入れしましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
トイレの黒ずみを落とすには?

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る