コンビニサラダは健康に悪い?安全?体への影響と栄養価とは

コンビニサラダ

コンビニのサラダは健康に悪いという方がいますがなぜそのような話がでるのか気になりませんか?実は、コンビニのサラダが健康に悪いと言われるのはサラダに使う野菜を殺菌するために消毒剤を使用していることが原因です。しかし、全てのコンビニで消毒剤を使用しているわけではありませんし、使用した消毒剤は大量の水で綺麗に落とされますので心配はありません。つまり、コンビのサラダは安全です。

コンビニサラダは健康に悪い?

コンビニサラダ

コンビニのサラダは健康に悪いというウワサがありますが、結論から言いますと、そんなことはありません。ではなぜコンビニサラダが健康に悪いという話があるのでしょうか?

それはコンビニサラダに消毒薬が使用されているものがあるからです。

殺菌目的の消毒液が不安

コンビニサラダの野菜を殺菌するための消毒薬として次亜塩素酸ナトリウム(次亜塩素酸ソーダ)が使われているものがあります。

高濃度の次亜塩素酸ナトリウムは健康に悪いですが、コンビニのサラダに使われているのは一般的に消毒に使われる1/1000以下です。また、さらに製造工程でしっかり洗浄されていますので残っていません。

健栄製薬によると、食品を次亜塩素酸ナトリウムで消毒することの安全性について次のように書かれています。次亜塩素酸ナトリウムは食品に用いても安全です。

次亜塩素酸ナトリウム(NaOCl)は蛋白質と反応すると食塩(NaCl)になりますし、乾燥時には塩素ガス(Cl2)として蒸発します。

すなわち、次亜塩素酸ナトリウムは消毒薬のなかではもっとも低残留性であるため、安全性が高い消毒薬です。

引用元:栄製薬株式会社|消毒薬のQ&A

コンビニによって消毒方法が異なる

全てのコンビニサラダの野菜に次亜塩素酸ナトリウムが使われているわけではありません。コンビニによって殺菌方法や衛生管理は異なります。

セブンイレブンの場合は「微酸性電解水」で殺菌しています。「微酸性電解水」は野菜の品質を損なうことなく高い殺菌効果があるようです。「微酸性電解水」は健康に悪いということはありませんので安心できます。

ローソンの場合は自社の農場「ローソンファーム」で生産された野菜をサラダに使っています。野菜を収穫し、工場と野菜をカットします。

野菜についた雑菌を取り除くために次亜塩素酸ナトリウムで除菌しますが、冷水で徹底的に次亜塩素酸ナトリウムを洗浄しますので安全です。

ファミリーマートの場合は世界基準に基づいた厳しい品質衛生管理が行われていますので、健康に悪いものを使うことはありません。

また、コールドチェーン(低温物流)で、収穫された野菜の移送・仕分け・洗浄・製造工程で10℃以下の低温が途切れることなく続き、温度変化はありませんので野菜の鮮度をしっかり保ちます。

食品添加物が心配

コンビニサラダのほとんどは合成着色料・保存料を使用していませんが、中には天然由来の着色料を使っているサラダもあります。

たとえば、クチナシやウコンなど、天然由来の色素を着色料として使用したり、保存料の代わりにクエン酸やリン酸などを使って細菌の繁殖を抑えて安全性を高めることもあります。

コンビニのサラダに使用される添加物は全て安全基準をクリアしていますので健康に悪いことはありません。添加物の有無はサラダにパッケージなどに添付されている食品表示シールに記載されているので確認しましょう。もし、添加物が気になる方は、生野菜だけのサラダをおすすめします。

国産でないものが使われている不安

コンビニサラダのパッケージに記載されている食品表示シールを見ると、ほとんど産地は記載されていません。そのため、産地における残留農薬や放射線汚染などがあるのではないかと不安になるようです。

しかし、大手のコンビニのセブンイレブン・ローソン・ファミリーマートではサラダの野菜は9割以上国産です。また、産地の管理も企業が厳しく行い、安心安全・高品質な野菜を生産しているようです。

野菜だけでなく、チキンサラダなおに使われている鶏肉の産地も不安の一つですが、ほとんどのコンビニで国産のものが使われているそうです。

《 ポイント 》

  • コンビニのサラダが健康に悪いと言われるのは、消毒に次亜塩素酸ナトリウムが使われている・食品添加物を使用している・産地が分からないので心配など。

コンビニサラダの健康への影響は安全

コンビニサラダ

次亜塩素酸ナトリウムは残っていない

次亜塩素酸ナトリウムはコンビニサラダの野菜の殺菌消毒に使われていますが、製造工程でサラダになる前に大量の水で洗浄されますので野菜に残る心配はありません。

次亜塩素酸ナトリウムの健康被害はない

次亜塩素酸ナトリウムは厚生労働省が食品添加物として認めていますので食品に用いても安全です。もしコンビニサラダにわずかに残っていたとしても健康に悪いということはないそうです。

次亜塩素酸ナトリウムに関する製薬会社の実験によると、発がん性などの悪影響はないので健康に悪いことはないので安心です。

《 ポイント 》

  • 次亜塩素酸ナトリウムは製造工程で大量の水で洗い流されるので健康に悪い影響はない。
  • 次亜塩素酸ナトリウムは厚生労働省が食品添加物として認めていますので食品に用いても安全。
  • 製薬会社の実験で次亜塩素酸ナトリウムが健康に悪影響がないことは証明されている。

コンビニサラダの栄養価

コンビニサラダ

コンビニのサラダは健康に悪いと思って食べない方もいると思いますが、コンビニのサラダには健康に悪いものは入っていませんので安心です。

コンビニのサラダは消毒剤を大量の水で洗い流しますので栄養も一緒に流れてしまうと思いがちですが、確かに水溶性ビタンミンの20%~40%程度は流れ出てしまう可能性がありますが、栄養素としては生の野菜とほとんど同じです。

ただし、ご家庭の調理で野菜を洗う時も水溶性ビタンミンが流れてしまいますのでンビニの野菜だけが栄養が流れるわけではありません。

もし、どうしてもコンビニのサラダの栄養がきになる方は、野菜が細かくカットされていないサラダをえら便ましょう。細かくカットするほど水溶性ビタミンは流れてしまいます。野菜の種類が多くカットが少ないサラダがおすすめです。

また、コンビニのサラダにはさまざまなメリットがあります。

コンビニのサラダのメリット

調理の時短

サラダで使う野菜を洗い、カットし、お皿に盛り付けるなどサラダは意外と手間がかかりますよね。

複数の野菜が食べられる

色々な野菜がミックスされたサラダは栄養のバランスが良いです。料理で野菜の種類を増やそうと思うと費用もかかりますし、食べきれずに傷んでしまうこともあります。

しかし、コンビニのサラダは複数の野菜が入っており、野菜を余らせることもありませんので費用も削減できます。

コンビニサラダの危険性が心配な場合

プラスチック製の容器に入ったカット野菜

コンビニのサラダが健康に悪いと心配な方は、野菜洗浄スプレーをかけて鮮度を上げたり表面を洗いましょう。野菜洗浄スプレーは100%天然のものがあります。

また、野菜は大きめにカットしているものがおすすめです。野菜は切り口から劣化が始まりますので、千切りキャベツのように細かくカットされているものは空気に触れて変色しやすくなります。

コンビニのサラダの消費期限は、必ずサラダのパッケージに記載されていますので確認しましょう。一度開封したものは傷みやすいので消費期限に関わらずなるべく早く食べましょう。

また、サラダは基本的に冷凍保存はできません。食べきれず余ってしまい、どうしても冷凍したい時は加熱調理すれば冷凍保存することも可能です。

最後に

コンビニ

コンビニのサラダが健康に悪いというウワサは間違いでしたね。コンビニではさまざまな種類のサラダやカット野菜を販売しています。

仕事のお昼ご飯で野菜が足りないと感じた時や、仕事が忙しくお家で野菜料理をあまりしない方は、コンビニのサラダで栄養をとることをおすすめします。

コンビニのサラダの種類は豊富で、一日で必要な栄養が摂れるというサラダもあります。健康に悪いと決めつけずに栄養補給のためにも複数の種類の緑黄色野菜が入ったサラダを食べてみましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
コンビニサラダ

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る