『神社に行ってはいけない日』があるって本当?いつに行くのが縁起がいいの?

神社の参道

神社では、日常的な参拝はもちろん、お宮参りや七五三、安産祈願の祈祷、人によっては神社で結婚式を執り行う人もいます。このようなお祝いの日には、なるべく縁起の悪い日を避けたいと考える人も多いでしょう。そこで今回は、神社に行ってはいけない縁起の悪い日について解説します。

神社に参拝するなら縁起のいい日に行きたい!

参拝

家の近くに神社がある方は、日常的に神社へ参拝するという人もいるでしょう。また、安産祈願やお宮参り、七五三には、神社でご祈祷してもらうというご家庭も多いです。

また、神聖で日本ならではの儀式を執り行えるとして、神社で結婚の儀礼を行う人も多く、日本人は神社に参拝する機会が多くあります。

そんな神社参拝ですが、参拝するなら縁起のいい日に行きたいと考える人は多いですよね。特にお祝い事で参拝する場合は、縁起のいい日に行きたいと日付を確認する人も少なくありません。

神社に行く日として縁起のいい日はいつ?

では、神社に行く日として、縁起のいい日は具体的にいつなのでしょうか。神社に関しては、縁起のいい日を六曜で確認する方法が一般的です。

  • 大安
  • 友引の午前11時~午後1時の時間帯
  • 先勝の午前中
  • 一粒万倍日
  • 天赦日

六曜以外でも、1ヶ月で数日存在する一粒万倍日や、暦上で最上の吉日とされている天赦日もおすすめです。特に一粒万倍日と大安が重なる日は1年に何度かあることが多いので、この日にお祝い事を執り行うととても縁起がいいと考えられています。

神社に行ってはいけない日があるって本当?

神社に行く日として縁起がいい日がある一方で、『神社に行ってはいけない日』は存在するのでしょうか。

基本的に、神社に行く日として六曜を用いる考え方も人によって捉え方が異なります。六曜の起源はさまざまな説がありますが、そもそも六曜と神道は関係がありません。そのため、正確には『行ってはいけない日』として六曜を必要以上に気にする必要はないのです。

しかし、やはり神様の前へ訪れるという意味で、なるべく最良の日を選びたいという思いから、縁起のいい日を選び、縁起の悪いのは避けたいと思う人が多くいます。そうした意味では、神社へ行くことを避けた方がいい日は存在します。

神社に行くことを避けた方がいい縁起の悪い日はいつ?

神社のしめ縄

神社に行くことを避けた方がいい縁起の悪い日はいくつか存在します。ここでは、縁起の悪い日とその理由を解説します。

1.不成就日

不成就日は、月に何度かやってくる凶日の1つです。名前からも察せる通り「何事も成就しない日」という意味があり、あまり縁起の良い人は言い難いため、神社へ行くことも避けた方がいい日として考えられることが多いです。

毎年、不成就日は異なるため、その年にお祝い事のご祈祷を受けるために神社へ行く予定がある方は、不成就日がいつか調べておくと安心です。

2.赤口

六曜の1つである赤口は、午前11時〜午後1時の間は吉に転じるものの、その他の時間帯は凶日であるため、神社へ行くことを避けた方がいい日です。

神社は神聖な場所なので、殺生や血に関する物や事柄を持ち込んではいけないと言われています。赤口は「赤」という字が入る凶日であることから、血や火を連想させるとして、六曜の中の仏滅以上に不吉な日として考えられることもあるほどです。

そのため、赤口に神社へ訪れることは神様への不敬に当たり、神様の怒りを買ってしまう恐れがあるとして、神社へ行くことを避けた方が無難だと考えられています。

3.生理の日

女性は月に一度、生理がやってきます。生理は体内から血が大量に出るため、血に関する物事を持ち込んではいけない神社とは相性が悪いです。

「生理の日は神様の御前に行くべきではない」と言われているため、生理の日に神社に行くことは、なるべく避けるべきでしょう。

お祝い事の祈祷などは縁起の悪い日を避けると吉

いかがでしたか。神社へ行ってはいけない日と定められている日は、正確にはありません。しかし、神様の御前へ行くという意味で、なるべく縁起のいい火を選びたいと思う人は多いでしょう。お祝い事の祈祷などを受ける場合は、縁起の悪い日を避けると気持ち的にも安心できます。

この記事のタイトルとURLをコピーする
神社の参道

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる