財布に絶対入れてはいけない『5つのもの』

長財布とカード

最近は金運が上がる特徴を持つ財布の人気が上がっています。しかし、金運に良い財布を使っていても、中に金運UPの邪魔をするアイテムが入っていると、金運が下がってしまいます。今回は、財布に絶対入れてはいけないものをいくつかご紹介するので、財布の中身をチェックしてみましょう。

財布はお金の居場所…入れてしまうと運気が下がるアイテムも

ピンクの長財布

風水的に見ると、財布はお金の居場所でもあります。そのため、お金にとって居心地の良い環境を整えてあげなければ、お金は逃げて行ってしまいますし、新たにお金が入ってくることもなくなるため、金運が下がってしまうと言われているのです。

基本的に、財布の中にはお金に関係するもの以外を入れてはいけません。お金にとって、お金以外のものが大量に入っている財布は居心地が悪く、運気を下げてしまう原因となるからです。

また、金運を相対する色を多く入れる使い方も運気を下げてしまいます。金運が上がる財布を使っていても、使い方が悪いとお金が逃げてしまうので注意しましょう。

財布に絶対入れてはいけない『5つのもの』

財布とレシート

財布には、お金と相性の悪いものを入れるべきではないと言われています。ここでは風水的に財布に絶対入れてはいけないものを5つご紹介するので、ご自身の財布に入っていないか確認してみましょう。

1.交通系ICカード

SuicaやPASMOなどの交通系ICカードは、財布に絶対に入れてはいけないアイテムとされています。交通系にまつわるICカードは、気の中でも「動」の気を持つアイテムです。

財布の中に「動」の気を持つICカードを入れてしまうと、お金が不安定となり、財布の中に居座ってくれなくなってしまうと考えられています。

したがって、交通系ICカードは財布ではなく、パスケースなどに入れておくと良いでしょう。最近ではスマホのアプリでチャージや使用ができるようにもなっているので、ぜひモバイルICカードを利用してはいかがでしょう。

2.金運以外のお守り

財布の中にお守りを入れているという人は意外と多いです。しかし、そのお守りが金運や開運に関係のないものであれば、絶対に入れないようにしてください。

お金にとって、金運以外のものが財布に入っていると居心地が悪いと感じます。金運のお守りであれば問題ないのですが、健康運や縁結びなどのお守りが入っていると、お金にとって落ち着かない環境となってしまいます。

金運以外のお守りは財布から出し、別の場所に保管するようにしましょう。また、金運のお守りであっても、すでに古くなったお守りを入れておく行為は厳禁です。

3.ラミネート加工された会員証

様々な店舗の会員証や身分証明書などは、ラミネート加工されているものが多いですよね。実は、このラミネート加工された会員証などのカードは、お金と相性が悪いとされています。

お金の中でもお札は「木」のエネルギーを持つアイテムです。対して、ラミネート加工に使われているビニールやナイロン素材は「火」のエネルギーを持っています。

「木」のエネルギーは「火」のエネルギーによって燃やされてしまうため、お金を追い出してしまうと考えられているのです。したがって、ラミネート加工されている会員証などのカードは、財布とは別に保管場所を作るようにしましょう。

4.お菓子の包み紙などのゴミ

ここまでお金と関係のないものを財布に入れてはいけないというお話をしてきました。お菓子の包み紙などの小さなゴミを、つい財布の中に入れてしまうという人がいますが、これは絶対にいけません。

もしも他人から自分の部屋にゴミを投げ入れられたらどう感じますか。お金も同じく、自分の居場所である財布にゴミを入れられると不快に感じ、財布から出て行ってしまったり、運気が下がってしまったりします。

ゴミなどの不要物は財布に入れず、必ずすぐにゴミ箱へと捨てるようにしましょう。

5.赤色や青色のもの

風水において、赤色は「火」のエネルギーを持つ色です。青色は「水」を意味する色であり、お金を流してしまう色とも言われています。

そのため、赤色や青色のアイテムを財布の中に入れることは避けてください。お金が赤色や青色のものを嫌がり、財布から出て行ってしまったり、金運を下げてしまったりします。

よくポイントカードや銀行のキャッシュカードなどに使われていることが多いので、気をつけましょう。また、ポイントカードも基本的には財布に入れない方が良いとされています。財布とは別に、カード入れを持ち歩くことをオススメします。

レシートを入れっぱなしにする行為もNG

買い物をした後、お金やカードを一緒に財布にレシートを入れてしまうという人は多いですよね。一時的な収納場所として入れることは大きな問題ではありませんが、レシートを入れたまま放置する行為は禁物です。

レシートを入れっぱなしにすると、財布の中が窮屈になってしまいます。すると、財布自体の運気が下がってしまい、金運も下がる原因となるのです。必ず1日1回、レシートを捨てるなど財布を整理する習慣を身につけましょう。

金運を上げるために意識したい財布の使い方

金運を上げるためには、紹介した入れてはいけないものを排除し、財布の使い方を意識することが大切です。以下のポイントを意識し、財布の金運を上げましょう。

  • 小銭は大量に入れるのではなく少しだけ入れておく
  • ポイントカードなどのカード類は財布と別に収納する
  • 1日1回レシートなどを捨てて財布の中を整理する
  • お札は種類ごとに並べる(千円札、五千円札、一万円札と分ける)

小銭を大量に入れていると、財布の中が窮屈になってしまいます。小銭は必要最低限にとどめ、増えてきたと感じたら積極的に使うようにしましょう。

また、ポイントカードは「カード」という類であり、なおかつ地道にお金を貯めるという性質上、あまりお金と相性が良くありません。先に紹介した通り、カードケースなどを持ち歩き、財布とは別に収納しましょう。

お札の入れ方ですが、お札を入れる場所に手前から千円札、二千円札、五千円札、一万円札と順番に入れていきましょう。違うお札がごちゃ混ぜになっていると、お札が落ち着かなくなってしまいます。

これらのポイントを意識的に取り入れ、財布自体の運気を上げていきましょう。

財布の中はなるべくスッキリさせることを意識して

いかがでしたか。財布の中は、基本的にお金以外のものを入れずにスッキリさせておくことが大切です。カード類は財布とは別にカード入れを持ち歩き、レシートは1日1回、必ず整理するように心がけましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
長財布とカード

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる