お墓における『5つのタブー』 絶対NGと言われる理由とは?

お墓にしてはいけないNG行為とは

お墓にまつわるタブーは、地域によってさまざまあります。今回は、全国共通のお墓に関するタブーについてまとめました。お墓参りを久しぶりにする場合は、ご先祖様に失礼のないようマナーを事前に把握しておきましょう。お墓参りのマナーやタブーだけでなく、準備品についてもまとめました。

お墓参りに必要なもの

お墓掃除

お墓参りに行くときは、手ぶらで出向いてよいものではありません。まずは、お墓参りに行くときに、必要なものをそろえることから始めましょう。

  • お線香
  • ろうそく
  • 柄杓やバケツ
  • 雑巾
  • お花やお供え物
  • マッチ(チャッカマンでも可)
  • お数珠
  • ゴミ袋

上記のものをそろえて、マナーを守ってお墓参りをすべきです。

お墓における『5つのタブー』

制止する女性

お墓におけるタブーは、複数あります。しかし、理解しにくいものは含まれていないので、しっかりとチェックしておきましょう。

1.墓石にダメージを与える

墓石に負荷をかけるような行為は、以下のものがあげられます。

  • 水をかけっぱなしにする…花粉などの付着により、水垢が出やすくなる
  • たわしでこする…鏡面磨き加工なので、表面に傷を作る
  • 墓石を無理やり移動させる、暴行するなど

昔の墓石と今の墓石では、石の質が全く異なります。墓石に傷をつけるような行為は、すべきではありません。

2.周囲の墓石に迷惑をかける行為をする

自分たち家族が管理しているお墓だけでなく、周囲のお墓に迷惑をかける行為はNG。

  • お供え物を放置する…野良犬や野良ネコ、ヒグマを呼ぶ原因につながる
  • ジュースを置きっぱなしにする・香水を墓石にかける…アリやハチを呼ぶ

昔であればなんとなく許されていたことかもしれませんが、昨今ではマナー違反となる行為です。

3.雑草の駆除や掃除をしないまま帰る

お墓参りは、頻繁にする機会がないという人が多いものです。だからこそ、久しぶりにお墓参りをしたときは、整備を怠ってはいけません。

  • 雑草の生えっぱなしは見栄えが悪く、虫が発生する原因につながる
  • 掃除をしないまま帰宅するのは、ご先祖様に失礼

お墓はできるだけ美しい状態で管理し、次来る人の負担が少ない状態にするのがマナーです。

4.火を放置

お墓にお線香やろうそくの火をつけたまま放置すると、思わぬトラブルを招くかもしれません。

  • ろうそくの火
  • お線香の火
  • タバコの火など

火をつけっぱなしにすると、火事につながってしまいます。また、火を吹き消すのもタブーとされているので、火をつけたら手で扇いで火を消しましょう。

5.お墓参りにそぐわない行為

お墓参りにそぐわない行為とは、以下の通りです。

  • お墓で騒ぐ、走る
  • 他人のお墓に侵入していたずらする
  • 派手で露出度の高い服装でお墓参りをする…虫に刺される原因につながる

最低限度のマナーを守らなければ、周囲の人に迷惑をかけてしまいます。

お墓参りをするときのマナー

お墓に手を合わせる様子

お墓参りをするときのマナーは、以下のものがあげられます。

  • 騒がずお参りをする
  • ゴミは持ち帰る…お花の包み紙や引き抜いた雑草など
  • 使用後の水は、正しく処理する
  • 火の気をなくしてお墓を後にする
  • 劣化するもの、しているものをお墓に放置しない…枯れたお花やお供えしたものなど
  • 派手すぎない、動きやすい服装でお墓参りをする…原色で露出度の高い服装は控える

生前故人がにぎやかなことが好きだったからといって、大人数でわいわい騒ぎながらお墓参りをするのはよくありません。周囲の人への配慮を欠かさず、騒がずにお墓参りをしましょう。周囲に人がいなかったとしても、騒いでよいわけではありません。

服装や火の気などにも十分注意し、ご先祖様に失礼がないお墓参りの方法を知っておきましょう。

まとめ

お墓にまつわるタブーは、地域によって差があることも多々あります。それらに配慮しつつ、正しいマナーを身に着けてお墓参りをしましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
お墓にしてはいけないNG行為とは

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる