もしかしてストーカーされてる?3つのサインと適切な対処法

ストーカー被害は、どんな人でも会う可能性があります。自分には無関係だからと油断していると、もしかしたらストーカーの影がすぐそこまで迫っているかもしれません。今回は、ストーカーされているときに見られやすいサインについてまとめました。ストーカーに対する対処法についてもまとめているので、もしものときのためにチェック!

ストーカーは誰の身にも起こる可能性がある

ストーカー

ストーカーと聞くと、美人やかわいらしくて男性にモテるタイプの女性が合うものを思い込んでいませんか?他人事と思っていると、ストーカーに遭っているにもかかわらず、異変に気づけない可能性があるので要注意!

ドラマの中のことだと思い込まず、ストーカーに遭っている人が遭遇しやすいサインをチェックしておきましょう。

ストーカーされているときの3つのサイン

夜うろつく男

ストーカーされているときに遭いやすい被害は、以下のものがあげられます。

1.同じ人をいろいろな場所で見かける

面識そのものはないにもかかわらず、複数の場所で同じ人を見かけるときは要注意!

  • 学校や職場
  • 買い物先
  • 自宅近所など

日常的に訪れる場所に必ずいて、こちらの動向を観察しているとなると、ストーカーである可能性が高いです。できるだけ人が多い場所を歩き、被害に遭わないよう注意してください。車や自転車などで巻いてしまうのも一つの手段です。

2.面識がないにもかかわらず、何度もしつこく交際と面会を要求してくる

特に仲がよいわけではなく、面識そのものもないのに、しつこく交際を申し込んで来る相手は要注意!そのまま放置してしまうと、ストーカーになる可能性があります。交際だけでなく面会の要求をしてくる場合は、周囲の人に相談して、対処方法を考えましょう。

3.無言電話や手紙を送りつける行為が何度もある

スマホに見覚えのない番号や非通知の電話が何度もかかってきて、電話に出たにもかかわらず無言の場合、電話の相手からストーカーされている可能性があります。会ったこともないのに手紙を送ってきたり、ポストに入れてくる場合は、被害の証拠として保管しておきましょう。

ストーカーから身を守るための適切な対処法

手を取り合う女性

ストーカーから身を守るためには、以下の対処方法を試してみましょう。

  • 誰でも構わず、自宅やバイト先などプライベートなことを教えない
  • 一人で行動せず、常に誰かと一緒にいるよう心がける
  • 防犯グッズを身に着ける
  • ストーカーされているという証拠を集める
  • SNSに投降した画像などは、いったんすべて削除する
  • 早い段階で警察や弁護士に相談する

ストーカーは見て見ぬふりをしていると、行動がエスカレートする可能性があります。なにも行動を起こさずに放置しておくのは、よくありません。

ストーカーに気づいたら、できるだけ早く周囲の人に相談し、警察に届け出ましょう。軽率な行動は避け、警戒心を持って外出するよう心がけてくださいね。

まとめ

ストーカーは、誰にでもつく可能性があります。自分は関係ないと思い込まず、警戒心を持って行動しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる