女性が口にするべきではない『ダメな口癖』6選!性格が悪いと思われてしまうことも

バツ印を出す女性

女性の口癖の中には、周囲の人を不快にさせてしまうものがあります。自分が知らないうちに、周囲の人から距離を取られていたとなると悲しいですよね。そうならないためにも、口にすべきではないNGな口癖をご紹介します。つい言ってしまうものばかりなので、口癖になっていないかをチェックしてみましょう。

その単語、もしかして嫌煙される原因かも

頭を抱える女性

普段何気なく発している言葉の中には、周囲の人を不快な思いにさせてしまうものがあります。無意識のうちに使っている単語の中で、人から嫌われる単語が口癖になっているとなると困りますよね。

まずは、周囲の人から嫌われてしまう単語の種類をチェック!自分が使ってしまっていないかを、振り返ってみましょう。

女性が口にするべきではない『ダメな口癖』6選!

悩む女性

女性が口にすべきではない、NGなワードについてまとめました。

1.でも・だって

「でも」「だって」といった、言い訳や否定の意味合いを持つ単語は、周囲の人のやる気をそいでしまうNGワードといえます。相手の真剣なアドバイスに対しても、「でも」と切り返してしまうと、相手の気持ちが冷めてしまい、次回から話を聞いてくれなくなるかもしれません。

2.私って~だから

自分のことを話すときに、「私って~だから」という人がいますが、これは相手からの反感を買ってしまいやすい言葉です。無意識に使っていたとしても、自分のことを相手に押し付けるような物言いはNG。

「あなたのことは知らないよ」と思われてしまい、距離を置かれてしまうかもしれません。

3.瘦せている人がいう「最近太った」「痩せなきゃ」

痩せていてダイエットをする必要がない人が、「最近太った」「痩せなきゃ」と大きな声で言うと周囲から白い目で見られてしまうかもしれません。

遠回しにスタイルを自慢していると取る人もいる可能性があるので、自分の体形を正しく把握して、ダイエットは心の中で誓いましょう。

4.そんなこともわからないの?

相手を見下したような単語を口癖にしてしまうと、周囲に敵を作りやすくなってしまうので要注意!知識は人によって幅があるため、自分が知っていることを周囲の人が知らないということも多々あることです。

自分の知識が常識と思い込んでしまうと、口癖で周囲の人を傷つけてしまうかもしれません。

5.男なんだから・男だったら

性別のことを、声を大にしていってしまうのは、相手を傷つける行為につながります。腕力は男性の方が強い、など古い固定観念にとらわれ、それを相手に押し付けるような言葉は発するべきではありません。

セクシャルなことはデリケートなことなので、外見の性別だけで相手の性を決めつける行為そのものがNG!

6.彼氏ほしい・出会いがない・幸せになりたい

彼氏が欲しいといいつつも、自力で出会いの場に出向いていない。出会いの場はいろいろあるのに、白馬に乗った王子様を待っているようなスタイルは、周囲の人を不快にさせてしまいます。

幸せになりたい、彼氏が欲しいと本気で思うのならば、漠然と彼氏が欲しいというのではなく、出会いの場に足を運びましょう。

人から好かれる女性になるためにできること

膝を抱える女性

周囲の人から好かれる女性になるためには、以下のポイントに注意してみてください。

  • 人の悪口を言わない
  • 自分の口癖を知り、周囲の人を不快にさせるものではないかを考える
  • 相手に不快な思いをさせてしまう口癖がある場合は、話す前に言葉選びをする
  • 自分が言われて嫌なことは、言わないようにする
  • 相手の立場に立った言葉選びを行う

日常会話の中でも、人を不快にさせてしまう単語は潜んでいます。周囲の人の顔色ばかり窺う必要はありませんが、周囲の人と良好な関係を築くためにも口癖の改善や言葉選びをする習慣を身に着けておくことは重要!

まとめ

周囲の人を不快にさせてしまう口癖は、自分も損をしてしまいます。自分の口癖に問題はないか、定期的に見直して改善できる点がないかを振り返ってみましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
バツ印を出す女性

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る