ベビーカーで事故に遭いやすくなる『絶対NG行為』5選

黒いベビーカー

実は最近、ベビーカーの転倒事故などベビーカーにまつわる事故が増えていることをご存知でしょうか。ベビーカーはお子様とお出かけする際に便利な反面、誤った使用方法は危険をもたらすこともあります。使用の際は、誤った使用方法は避け、正しく安全に使用することを心がけてください。

ベビーカーに関係する事故が多発…少しの不注意が原因

ベビーカーを押している女性

0歳〜2歳くらいまでのお子様がいるお母さん、お父さんは、日常的にベビーカーを使用していると思います。子どもとお出かけする時やお散歩する時にベビーカーがあるだけで、とても便利で快適ですよね。

しかし、実は近年、ベビーカーに関する事故が多発していることをご存知でしょうか。その多くが転倒や落下といった非常に恐ろしい事故ですが、これらは日常的にやってしまいがちな行為や少しの不注意が原因で起こっていることが多いと言われています。

ベビーカーで事故に遭いやすくなる『絶対NG行為』5選

ベビーカーによる事故は、親のやってしまいがちなある誤った行動や、ちょっとした不注意によって起きていることが多いです。子どもの安全のためにも、周囲の人々への安全のためにも、ここで紹介する絶対NG行為には十分注意しましょう。

1.ベビーカーのハンドルに荷物をかける

お子様とお出かけする際、ご両親が多くの荷物を持って出かけなければいけないことから、ベビーカーのハンドルに荷物をかけることのできるベビーカーグッズが多く販売されています。

しかし、実はハンドル部分に荷物をかけるためのアイテムは、ベビーカーを販売しているメーカーでは推奨されていないことが多いとご存知でしょうか。説明書を読むと、中にはハンドル部分に荷物などの重さのあるものをかけないように、と注意が記載されていることもあります。

ベビーカーのハンドルに荷物をかけることで、サッと物を取り出せるなどの利便性は高まります。しかし、ベビーカーのバランスが不安定になるため、ハンドルに荷物をかけることによる転倒事故が多発しているのです。ハンドルに荷物をかけるのではなく、ベビーカーに正式に採用されている荷物置き部分に収納するようにしましょう。

2.ベビーカーに乗せたままエスカレーターを利用する

時々、ベビーカーを開いた状態のままエスカレーターを利用している方を見かけます。中には、ベビーカーに子どもを乗せた状態のままエスカレーターに乗り込み、見ているこちらが不安になってしまうことも…。

ベビーカーに子どもを乗せたままエスカレーター利用する行為は非常に危険です。エスカレーターは段差になっていますし、突然緊急停止する可能性もあります。こうした環境、状況によって、ベビーカーのバランスが崩れ、子どもを乗せたまま落下してしまう危険性が指摘されています。

実際、ベビーカーに子どもを乗せたままエスカレーターを利用し、転落事故を起こしてしまったケースも報告されています。子どもが大怪我につながることはもちろん、死亡事故につながる恐れもあるため、絶対にやめましょう。

ベビーカーを持っている時にエスカレーターを利用する場合は、必ず子どもを抱っこ紐などで抱っこ、あるいは降ろしてからベビーカーを折り畳み、安全に注意を払いながら利用してください。

3.シートベルトを着用させない

意外と見かける危ない光景に、ベビーカーにきちんと子どもが座っているものの、シートベルトを着用していないケースがあります。

実は、シートベルトを着用せずにベビーカーを利用することで、スルッと子どもが落下してしまったり、ベビーカーを乗り越えてしまい落下する事故が後を絶ちません。

赤ちゃんや子どもにとって、ベビーカーの高さからの落下はとても危険です。ましてや、道路などで落下してしまうと、そこに自転車や車、他の歩行者などが通る可能性が考えられるため、大事故につながる可能性もあります。

ベビーカーを利用する際は、必ずシートベルトを子どもに合った長さに調節し、きちんと装着させてからお出かけしましょう。

4.停止中にタイヤのロックをかけない

信号待ちなどでベビーカーを停止している最中、皆さんはタイヤのロックやストッパーを利用していますか。意外とロックをかけずに停止しているという方が多いですが、こちらも事故の原因の1つとされています。

停止中にロックをせず信号待ちしていたところ、ハンドルを持っていた手からスルッとベビーカーが抜けてしまい、子どもを乗せたベビーカーだけが道路に飛び出しそうになったという危険な状況を体験したという声もあります。

ベビーカーは安全性に配慮されているため滅多にありませんが、耐久度によっては、ベビーカーのハンドル部分が取れてしまったり抜けてしまったりといった事態も起こり得ます。この時、ロックしていないとベビーカーだけが前へと進んでしまうため、事故につながるリスクが高まるのです。

停止中は必ずタイヤのロックやストッパー機能を利用し、もしもの状態に備えてリスク回避することを心がけましょう。

5.ベビーカーから目を離す

こちらは大前提ですが、ベビーカーからは基本的に目を離さないようにしてください。ベビーカーから一瞬、目を離した隙に、ベビーカーが勝手に前進してしまったり、子どもが隙間から落ちてしまったり、子供の指が挟まってしまったりする恐れがあります。

特に、一瞬目を離したすきにベビーカーの隙間に子どもの指が挟まってしまったという事故は多発しています。停止中でも必ず子どもの様子を確認しましょう。

子どもの命を守るために!ベビーカーを正しく安全に使おう

ベビーカー

ベビーカーは安全に配慮して作られていますが、『絶対的な安全』はありません。子どもの命を守れるのは、自分だけだという気持ちを持ち、ベビーカーは正しく使いましょう。

  • ベビーカーの取扱説明書は詳細まで読む
  • ベビーカー利用中は目を離さない
  • ベビーカー用フックの使用は避ける
  • 子どもを乗せるときは毎回シートベルトを着用する
  • シートベルトは子どもに合った長さに調節する
  • エスカレーターや階段は必ず子どもを降ろして折り畳んで利用
  • 信号待ちなどの停止中はタイヤのロックをかける

まずは今お使いのベビーカーについて、説明書をもう一度確認しましょう。意外と見落としている注意事項などが記載されている可能性があります。

また、先ほどお話ししたように、ハンドルにかけるベビーカー用フックはなるべく使用を避けてください。バランスが不安定になり、転倒の原因となります。

他にも販売されているベビーカーグッズは、意外とベビーカーのメーカー側で注意喚起されている物が多くあります。使用を検討している際は、必ず安全性を第一に考えて使うようにしましょう。

ベビーカーは正しく使用して楽しいお出かけを!

ベビーカーは子どもの安全に直結する用品なので、特に安全性に気をつけて使用しなければいけません。今回紹介したNG行為は避け、正しい使い方を再確認し、お子様と安全なお出かけを楽しんでください。

この記事のタイトルとURLをコピーする
黒いベビーカー

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る