電車の優先席でしてはいけないNG行為5選

優先席

電車やバスには、優先席が設けられています。体が不自由な人や妊娠中の人が優先的に利用できるシートですが、そのほかにも優先利用可能な人がいます。また、優先席の使い方が悪いと、周囲の人から冷たい視線を向けられてしまうかもしれません。誰もが気持ちよく利用できるよう、優先席の正しい使い方を身につけましょう。

電車の優先席に座るのは絶対NGなの?

優先スペース

電車やバスには、優先席が設けられています。車内がすいていて人もまばら、車内の人はみんな椅子に座っているといった場合であれば、優先席を健康な人が使用しても問題ありません。

しかし、優先席の使い方を間違えてしまうと、使うべき人が利用できず周囲の人から冷たい視線を浴びてしまうかも。そうならないためにも、優先席のNGな使い方を把握しておきましょう。

電車の優先席でしてはいけないNG行為5選

混雑時の車内

電車の優先席でしてはいけない、NGな使用方法をご紹介します。

1.荷物置き場にする

優先席に人が座っていなかったからといって、自分が持っている荷物を置いてしまうのはNG。座っていなかったとしても、荷物を置くと座席が埋まってしまうため、利用しにくくなってしまいます。手荷物が多い場合は、自分の足元に置くよう心がけてください。

2.健康でありながら席を譲らない

優先席に、心身に障害や不調を抱えていなくても利用可能です。しかし、健康なのにもかかわらず、混雑している電車の優先席に何食わぬ顔をして座り続けるのはNG。

急に体調を崩した人も座ってよい席なので、混雑してきたら席を立ってほかの人が使いやすいよう配慮しましょう。

3.優先席に座っている若い人に罵声を浴びせる

優先席に若い人が座っていると、「若者が座る席じゃない」「健康ならほかの席に座れ」など心無い言葉を浴びせる人がたまにいます。若い人であっても病気やけがをする上、見た目にはわからない病気もたくさんあるので、若い=健康と決めつけてしまうのはナンセンス。

年齢関係なく、健康な人は状況を見て優先席を譲る、という認識を持っておきましょう。

4.無理やり座って席を横取りする

優先席のシートがすでに満席なのにもかかわらず、わずかな隙間に割り込んで席を横取りするような行動を取るのは絶対NG。席を譲ってほしいのであれば、シートに座っている人に席を譲ってほしいと声をかけて譲ってもらいましょう。

割り込みは、優先席だけでなく、どんな場面でも周囲の人を不快な気持ちにさせる行為です。

5.席を複数取る

優先席は、ほかの座席同様に一人につきひとつのシートを利用しましょう。優先席だからといって寝転んだり、手荷物をすべて乗せてくつろいでいいというわけではありません。車内で人が倒れた、座っていられないほどの重病状態などの場合を除き、一人1シートの利用がマナーです。

優先席の正しい使い方

グリーンの優先席

優先席の正しい使い方は、以下の通りです。

  • 優先席に座るべき人に席を譲る…体が不自由な人・障害を持っている人・乳幼児連れの人・妊娠中の人・お年寄り
  • 車内で体調が優れなくなった人
  • けがをしている人

一見けがなどなく健康そうに見える人であっても、内臓に疾患を抱えていたり、目には見えない心の病気を抱えていることがあります。健康そうに見えるからといって、席を譲るよう強い口調で責め立てるような言葉を浴びせるべきではありません。

優先席を使う人、譲る人、双方を見ている人それぞれが優しく譲り合う気持ちを持ち合って、気持ちよく電車を利用するよう心がけてくださいね。

まとめ

電車は、不特定多数の人が利用する公共の乗り物です。みんなが安心して利用できるよう、譲り合いながら利用しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
優先席

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る