子どもを叩いて育てるのが絶対NGな5つの理由

子どもを叩こうとしている大人

子育てをしていると、ついカッとなって手を出してしまったり、何度言っても聞かない子どもを叩くことで「ダメ」と教えようとする人は多いです。しかし、最近の研究では、子どもを叩いて叱る行為は一時的に効果があるだけで、その後に悪影響を及ぼすと言われています。

昔と今では推奨されている子育て方法が大きく変わっている

育児に疲れている様子の母親

現在、子育て中のお母さんお父さんの中には、昔自分が親にしてもらった子育て方法と現代で推奨されている子育て方法が大きく違うと感じる人もいるのではないでしょうか。

実際、ここ数年で子育てに関する情報には、大きな変化が見られています。

まず、女性が社会進出することで、保育所を利用することが当たり前になったことはもちろん、教育の幅が広がったことや子育てにおける便利グッズを活用していくことが推奨されたことも大きな違いです。

中でも大きく異なる点として、叱り方に違いが見られます。昔は悪いことをしたら頭を叩かれたり、お尻を叩かれたり、怒鳴って叱られたりする人も多かった印象です。

しかし、現在はこう言った親が感情的に怒る行為や叩く行為はNGとされています。

前者の方法で育ってきた親にとって、自分が育児をする際に「しつけのためでも叩いてはダメ」「怒鳴ってはダメ」と言われ、戸惑ってしまう人も多く見られます。

しかし、子どもを叱る際に『叩く』という行為を取り入れることで、子どもにさまざまな悪影響を及ぼすことが判明しているのも事実です。

子どもを叩いて育てるのが絶対NGな5つの理由

「子どもを叩いて育てるのは絶対にダメ」と言われていますが、具体的に子どもを叩くことでどのような悪影響を及ぼすのでしょうか。

ここでは叩いて育てられた子どもに見られる悪い影響について紹介します。

1.叩かれたことで自己肯定感が低くなる

最も信頼できるはずの親に、日常的に「しつけ」と称して叩かれて育った子どもは、自己肯定感が低くなる傾向にあります。

感情的に叩いて叱る行為は、子どもの視点で見ると恐怖で支配されている状態です。この行為を頻繁に受けることで、「自分が悪い子だからこんなに怖い思いをさせられるのだ」「人より劣っているから仕方がない」と肯定感が低くなってしまいます。

また、大好きな親に叩かれることで「親に愛されていない」「僕のことが嫌いなのかも」と思うようになってしまう原因にもなります。

2.攻撃性が強くなり自分より弱い者を叩くようになる

家で悪いことをした際、叩かれて育った子どもは、家の外で他者に対して攻撃的になる傾向が見られるという研究結果も発表されています。

自分より強者である親に叩かれることで、徐々に子どもも鬱憤が溜まってしまいます。すると、次は子どもが自分よりも弱いと感じる相手を見つけ、その相手をターゲットに叩くようになってしまうのです。

また、3歳半までに叩かれて育った子どもは、5歳を過ぎた頃から攻撃性が見え始めるようになるとも言われています。日常的に親から叩かれることで、その行為が習慣化してしまい、「叩く行為が当たり前のこと」という認識になってしまうのです。

3.精神的な傷が蓄積されて問題行動に走るようになる

幼い頃は叩かれて育っても特に問題行動を起こさずおとなしかった子どもが、思春期を迎えたあたりから問題行動を起こすようになるという話はよく報告されています。

今まで自分でも気付かぬうちに精神的な傷が蓄積されており、自己肯定感が著しく低くなってしまった結果、どうにか自分を優位に見せようと周囲の人間に当たるようになってしまいます。

中には非行に走ってしまったり、精神的に正し判断を下せなくなり犯罪に走ってしまうケースもあるため、親によって叩かれた記憶は子どもに大きな影響を与えると言えます。

4.親に対する恐怖心から必要な時に相談できない

小さいうちから「しつけ」として必要以上に叩かれて育った子どもは、親に対して恐怖心を抱いていることがあります。恐怖心で支配することで、家庭内では目立った悪さをしない子に育ったり、他の子よりもお利口に育ったりする子もいるかもしれません。

しかし、こうした成長は親の支配による恐怖心で抑制されていることが理由です。そのため、いざ家庭外で問題が起こった時、最も信頼できる親に気軽に相談できず、一人で抱え込んでしまう子も多くいます。

このような子どもは、相談することで「弱い」「それくらいどうにかしなさい」と言われるのでは、と被害妄想に囚われてしまい、なかなか言い出せなくなってしまうのです。

5.叩かれた反動で親に対する反抗心や憎悪が高まる

攻撃性が増す、問題行動として現れるというケースをご紹介しましたが、親から叩かれて育てられた反動によって、ある一定の年齢に達した時に、壮絶な反抗心や憎悪に変換されてしまうことも少なくありません。

場合によっては、「今までの仕返し」としてあえて親を困らせるために問題行動をとったり、親に対して暴力を振るうようになったりするケースも報告されています。

子どもが親とある程度良好な関係を築けていない状態は、年頃の子どもにとって非常に悪影響です。また、親にとっても苦しい結末を迎えることになるため、心の傷を深く負わせるような体罰は絶対にいけません。

他にもこんな叱り方はNG!効果がなく逆効果となることも

落ち込んでいる少女

叩くことで子どもを恐怖心で支配し、しつけとする行為は長い目で見て効果がないだけでなく、その後に悪影響を及ぼすこともあります。そのほかにも、以下のような叱り方は、自己肯定感を下げたり、叱っている目的を見失わせてしまったりするため、避けてください。

  • 理由を聞かずに全否定する
  • その子の人格を否定するような言葉を言う
  • 感情的に怒鳴って萎縮させてしまう
  • 他の子と比べて劣っているかのように叱る
  • 長々と説教する

子どものしつけは、親と子どものコミュニケーションの一環です。一方的に親側が罵声を浴びせたり、傷つけるような言葉を言ったりしてしまうと、子どもは納得して叱られている理由を受け入れることができません。

子どもの気持ちを理解した上でダメな理由を教える

基本的には、子どもが悪いことをした時に、まずは自分(親)の顔を見るように促し、その上で「こうしたかったんだね」「これがやりたかったのかな」など、子どもに寄り添う言葉をかけてあげてください。

こともに寄り添う言葉をかけることで、子どもは親は理解してくれていると本能的に感じ取ります。その後に「でも、今の行動はダメだね」と理由を添えて伝えます。

もちろん、この時にも「でも嫌!」と言うように再びかんしゃくを起こす可能性も大いにあります。しかし、親が自分の気持ちを理解してくれた上で、なぜダメなのかを教えてくれたことが大切です。

また、かんしゃくを起こしてしまった時は、とりあえず抱きしめて落ち着かせてあげるというのも1つの手段です。

つい手が出てしまった、怒鳴ってしまったら?

親も人間です。毎日「イヤイヤ!」とかんしゃくを上げて自分の意見を通そうとする子どもと向き合うことで、イライラが募り、つい手が出てしまったり怒鳴ってしまうこともあるでしょう。

そうした場合は、その後で「痛かったね。ごめんね」「怒鳴っちゃってごめんね」と自分の非を認めてその行動に対して謝ります。謝ってから「これは悪いことだから怒ったんだよ」と理由と共に、なぜその行動を取ってしまったのかを伝えてください。

親も失敗してしまうこと、自己嫌悪に陥ってしまうことは大いにあります。しかし、その後、正しいフォローをすることで、失敗しても「コミュニケーションの中のしつけ」として成立させることができます。

もちろん、毎回怒鳴ったり手を出してしまう行為は避けるべきですが、ついカッとなりこうした行動を取ってしまった場合は、以上の方法でしっかり子どもと向き合い、解決に導きましょう。

子どもを叱る時はコミュニケーションを図って

子育てにおいて、子どもを正しい道へ導く「しつけ」は特に難しい問題です。親も人間なので、感情的になってしまうことがあっても仕方がありません。ですが、毎回感情的に叩いていると、子どもの将来に影響を及ぼすことになるため、叱る時は「コミュニケーションの一環」であることを忘れないようにしましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
子どもを叩こうとしている大人

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る