お風呂のボディタオルが臭くなる『3つの原因』 ニオイを消すための方法まで解説

タオルのニオイが気になる女性

ボディタオルは、入浴時に体を隅々まで洗うために必須のアイテムです。1日の体の汚れをしっかりと落としてくれるアイテムだからこそ、ニオイの発生が気になりますよね。今回は、ボディタオルのニオイが発生しやすく原因をご紹介します。ニオイの原因を解明し、自分に合ったニオイの除去方法を実践しましょう。

お風呂のボディタオルのニオイ、チェックしていますか?

背中を洗う様子

毎日お風呂で使っているボディタオルは、石鹸がついているから汚れていないと思っていませんか?ボディタオルは、普通のタオルや衣類同様にメンテナンスをしなければ、次第に臭いが発生しやすくなります。

気になるニオイが付いたままのボディタオルを継続使用するのは、絶対NG!どうして臭いが出てしまうのか、原因を追究しましょう。

お風呂のボディタオルが臭くなる『3つの原因』

鼻をつまむ女性

お風呂のボディタオルが臭くなってしまう原因は、以下のものがあげられます。

1.生乾き臭

ボディタオルも生乾きの状態が長時間続くことで、ニオイが気になりやすくなります。生乾き臭は、放置していても収まることはありません。洗濯機で洗濯したあと外干しするなどして、ニオイの原因を除去しましょう。

2.使用した人の皮脂や垢が残っている

ボディタオルには、使用した人の皮脂や垢が付着するため、使用後のすすぎ洗いが重要になります。泡が出なくなるまでしっかりとすすぎ、入念にお湯で洗って汚れを除去しましょう。

石鹸カスや皮脂などがついたままの状態でタオルを放置してしまうと、タオルで雑菌が繁殖してしまうため臭いが出やすくなります。

3.洗濯していないため発生する汚れによるニオイ

ボディタオルは、毎日石鹸やボディソープをつけているため、清潔な状態を保ちやすいと信じ込んでしまうのはNG。

毎日すすぎ洗いをしていたとしても、少しずつタオルに汚れは蓄積されていきます。頃合いを見て、ボディタオルは洗濯機でメンテナンスを行いましょう。

ボディタオルのニオイを消すための方法

きれいなボディタオル

気になるボディタオルのニオイを消すための方法を実践し、気持ちよくボディタオルを使用しましょう。

  • 使用後、毎日お湯ですすぎ洗いをする
  • 酸素系漂白剤につけ洗いする
  • 逆性石鹼を使って洗う
  • 洗濯機に入れて、衣類と一緒に洗う

ボディタオルは毎日石鹼を使っているものですが、石鹼のすすぎ残しや皮脂などが残ったまま長時間放置してしまうと、臭いが出やすくなります。雑菌の繁殖を抑えるためにも、毎日使用後にしっかりとすすぎ洗いをしましょう。

定期的な洗濯機でのメンテナンスと乾燥を行うことで、ニオイの発生リスクを抑え込むことができますよ。柔軟剤を使ってしまうと、ごわごわになって水を吸収しなくなってしまうため、バスタオルなどを洗うときにボディタオルも洗いましょう。

まとめ

ボディタオルは、石鹸を使っているからこそ、最後のすすぎ洗いを怠るとニオイが発生しやすくなります。自分に合ったメンテナンス方法を実践し、ニオイしらずの気持ちのよいボディタオルを使用しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
タオルのニオイが気になる女性

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る