絶対に買いだめしてはいけない『7つのもの』

ショッピングカート

スーパーやドラッグストア、最近ではネット販売などで、食料品や日用品がまとめて安売りされている光景を見ますよね。「安売りしてる!」とつい買いだめしてしまいがちですが、それは本当に節約につながる『買いだめ』でしょうか。今回は、無駄遣いにつながりやすい絶対に買いだめしてはいけないものを紹介します。

「安売りしているから」と何でも買いだめするのは危険!

トイレッとペーパーの買いだめ

スーパーマーケットやドラッグストア、最近ではネット通販などで食料品や日用品を買いだめする人が増えています。中にはまとめて大量に購入することで少し安くなる商品も多くありますよね。

「安くなるからまとめて購入しよう」と節約のために買いだめしてしまいがちですが、安いからと何でも買いだめする行為は非常に危険です。

中には長期間使わず劣化してしまい、結果として無駄になってしまうものや、買いだめしてしまうことで余計に消費してしまい、出費がかさみがちになってしまうものもあります。買いだめする際はよく吟味して購入しましょう。

絶対に買いだめしてはいけない『7つのもの』

パックのレモネード

買いだめしがちなものの中には、ある理由から買いだめしない方が良い商品があります。ここでは、結果として余計な出費につながりやすい買いだめしてはいけないものを7つご紹介していきます。皆さんは心当たりありませんか。

1.お菓子

お菓子は大型スーパーやネット通販などで、箱売りされていることが多いです。まとめて購入することで、1個あたりの価格が安くなることが多く、一見「まとめて買いだめしておいたほうがお得」と思いがちです。

しかし、お菓子は魅惑的な食品です。家の中にあればあるだけ、普段よりも多く手に取ってしまう…と誘惑に負けてしまったという経験を持つ方も多いのではないでしょうか。

お菓子をまとめ買いすることで、普段より多く家にストックされているため、余計に食べてしまいがちです。すると、結果として消費量が普段より多くなり、新たに買い足す頻度も高くなるため、出費額が高くなってしまう傾向にあります。

2.缶やペットボトルの飲料

缶やペットボトルの飲料も重量がありますし、まとめ買いすることで安くなる商品が多くあります。そのため、買いだめしてしまおうと考えるご家庭も多いでしょう。

しかし、こちらもお菓子と同じく、多くあるといつも以上に消費するスピードが早くなりがちです。特にジュースやコーヒーなどはお茶やミネラルウォーターよりも嗜好性が高いため、つい手を伸ばしてしまう方も多いでしょう。

積極的に摂るべきミネラルウォーターやお茶などは買いだめしても良いですが、嗜好性の高い缶やペットボトル飲料は、結果として控えた方が節約になるケースが多いです。

3.カップ麺

災害時のストック品としても注目を集めているカップ麺ですが、こちらも必要以上に買いだめしてしまうと、つい手軽に食べられるカップ麺に手を伸ばしがちになります。

カップ麺を多めにストックしておき、料理するのが面倒に感じた日、「カップ麺でいい?」とカップ麺で済ましてしまった経験はありませんか。この手軽さを知ってしまうと、徐々にカップ麺を食べる頻度が高くなり、自炊率が下がってしまう人も多いです。

カップ麺だけでなくレトルト商品にも同じことが言えます。最近のレトルト商品は質も高く美味しいものが多いため、つい手を伸ばしがちです。しかし、節約面を考えるならば、あまり必要以上に買いだめするのは控えるべきでしょう。

4.お酒やタバコなどの嗜好品

<写真:477162630>

お酒やタバコなどの嗜好品も「買っておこう」と買いだめしてしまう人が多い商品の1つです。しかし、まとめ買いすることで安くなるからと買いだめした結果、「家にまだあるから」とつい今まで以上に手が伸びてしまった経験はありませんか。

その結果、お酒やタバコを以前よりも多く摂取するようになり、節約面はもちろん、健康面でも悪影響が出てしまったというご家庭も少なくありません。

お酒やタバコは節約や健康のためにも買いだめはせず、1回1回自分で購入するようにしましょう。そちらの方が抑止力も高いです。

5.カセットボンベ

災害時用などにストックしているというご家庭も多いカセットボンベですが、カセットボンベに関しては、長期間保管していると非常に危険な事態を引き起こす恐れがあります。

高温多湿の環境下や直射日光が当たる場所など、保管場所の環境条件が悪いと、内部の劣化によりガス漏れを発生する恐れがあるからです。実際に報告されているケースが多いため、カセットボンベは必ず5年以内に買い替えるようにしましょう。

6.ウェットティッシュ

ウェットティッシュもまとめて安売りされていることが多い日用品の1つです。いろいろな場所に使用できますし、買いだめしておいても損はないだろうと大量購入する人も多いでしょう。

しかし、ウェットティッシュは大量購入した結果、意外と使い切ることができず、いざ使おうとした時にはカラカラに乾いていた…なんて経験を持つ人もいるのではないでしょうか。

ウェットティッシュは保管状態や保管期間によって、中のウェットティッシュが乾燥してしまいやすい商品でもあります。普段から「そこまで頻繁に使わない」と感じる方は、無理に買いだめする必要はありません。

7.アルミホイル

アルミホイルは安売りしていたり、いただきものとしてもらったりすることも多い日用品の1つです。しかし、実は長期保存には向いていない商品だということをご存知でしょうか。

アルミホイルはキッチン付近に保管する人が多いと思いますが、実は湿気に弱い性質を持っているため、長期間保管していると劣化してしまいます。劣化するとアルミホイル同士がくっついてしまうため、使うことができなくなってしまうので、無駄になってしまう可能性があるのです。

普段から「そこまでアルミホイルは使わない」というご家庭は、1本のみ保有しておき、買いだめは控えるようにするのが無難です。

買いだめする時は使用頻度や必要性を考慮して

いかがでしたか。買いだめすることでお得になったと感じていても、実は結果として無駄な出費がかさんでいるご家庭は少なくありません。今一度、買いだめしている商品を「本当に買いだめするべきなのか」見直しを入れ、本当の意味で節約に繋げましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
ショッピングカート

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る