『愛情表現が苦手な人』の性格や特徴5選!上手な付き合い方は?

愛情表現が苦手な人の特徴とは

愛情表現は、お互いの気持ちを伝えあう大切なコミュニケーションのひとつです。恋人や夫婦であれば愛情表現をこまめにして、お互いの気持ちを伝えあう習慣がある方が、円満な関係を築いていきやすいものです。しかし、愛情表現は誰もが得意なものではなく、不得意な人もいます。愛情表現が苦手な人の特徴や心理に触れ、理解を深めましょう。

愛情表現とは

ピクニックをするカップル

愛情表現とは、自分の気持ちを相手に伝えるひとつの手段です。言葉や表情、仕草などで自分の気持ちを相手に伝えると同時に、相手に対する自分の気持ちを再確認できるものなので、メリットの多い行為といえます。

しかし、愛情表現が苦手という人もいます。愛情表現が苦手な人の特徴や心理に触れ、相手の気持ちへの理解を深めましょう。

『愛情表現が苦手な人』の性格や特徴5選!

ハートを摘まむ

愛情表現が苦手な人には、以下のような特徴や心理が挙げられます。

1.言わなくても伝わっていると思い込んでいる

あえて自分が言葉に出さなくても、自分の気持ちは相手に伝わっていると信じ込んでいる場合、愛情表現が少なくなることがあります。

また、相手と恋人や夫婦といったすでに特別ともいえる関係になっている場合は、その関係を維持していることそのものが愛情表現につながると思っている人もいますよ。

2.恥ずかしくて愛情表現ができない

相手に対して自分の気持ちを伝えたり、相手を抱きしめるなどの行動を取ることそのものに恥ずかしさを感じている人もいます。

周囲の目が気になったり、自分が愛情表現を行うことに対してどこかむず痒いような感情を持っている場合は、恥ずかしさが勝る傾向です。

3.口下手でどんな言葉をかけるべきか判断できない

相手に対する気持ちはしっかり持っているにもかかわらず、どんな言葉をかけて相手に自分の気持ちを伝えるべきか悩んでしまうタイプの人もいます。

シンプルな言葉で自分の気持ちを相手に伝えることに対する抵抗を感じているケースもあり、なかなか自分の気持ちを言葉に出せず、結局諦めてしまうのです。

4.気持ちと反対の態度を取ってしまう

素直に自分の気持ちを相手に伝えるのが恥ずかしすぎて、自分の気持ちとは正反対の言葉や行動を取ってしまう人もいます。大好きなのにもかかわらず、特定の人に対してはツンとした態度を取ってしまうケースもありますよ。

5.スキンシップが取れない

愛情表現の一種に、スキンシップが挙げられます。ハグやキスといったスキンシップは、ハードルが高いと感じている人もいますよ。

  • 相手に触れるタイミングがわからない
  • 自分が相手に触れていいのかわからない
  • 嫌われたらどうしようなど

上記のような心理が働き、上手くスキンシップが取れないのです。

愛情表現が苦手な人とうまく付き合っていく方法

カップルの団欒

愛情表現が苦手な人と長く付き合っていくためには、以下のようなことに気をつけましょう。

  • 愛情表現をするよう、強要しない
  • 相手の愛情表現を細やかにキャッチして、感謝の言葉を伝える
  • 自分からの愛情表現を忘れない
  • 感謝の気持ちを、言葉で表現して伝える

愛情表現が苦手だと感じている人に対して、無理やり愛情表現をするような働きかけをするのはよくありません。相手の気持ちを追い詰め、心が離れていく原因につながります。相手の気持ちを考え、自分の気持ちを相手に伝えることに専念するのが吉!

愛情表現が苦手な人にとって、自分から行動を起こすのはかなり勇気が必要なこと。相手からの言葉や仕草を見逃さず、素直に受け取って自分の気持ちを伝えましょう。

まとめ

愛情表現をする場合、得意不得意や個人差があることが多くあります。相手からの愛情表現が豊富でなかったとしても、それを責めず、相手を丸ごと包み込んであげましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
愛情表現が苦手な人の特徴とは

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る