『人の話を聞かない人』の特徴4選!心理や接し方を解説

怒った女性

人の話を聞かない人と接することが多いと、物事の伝達が上手くいかないため疲れてしまいますよね。疲弊しないためにも、人の話を聞かない人の心理を把握しましょう。人の話を聞かない人の特徴も紹介しているので、どのような特性を持っているのかを知るときの参考にしてみてください。上手な接し方も、必見です。

人の話を聞かない人の心理

ふくれっ面

人の話を聞かない人がいると、情報伝達が上手くいかないことがあるため困りますよね。人の話を聞かない人は、どのような心理状態なのでしょうか。

  • 集中力にかけている
  • 相手に対する思いやりの気持ちが薄い
  • 自分の興味がないは聞く意味がないと思っている

人の話を聞かない人は、基本的に自分優先で、人のことにはあまり興味を持っていません。

『人の話を聞かない人』の特徴4選!

けんかする男女

人の話を聞かない人には、以下のような特徴がみられます。

1.自分が話したい欲求が強い

自分が話したいという欲求が強い人は、人の話を遮ってでも自分の話をしようとします。話を遮るということは、相手の話を聞いていないということにもつながるので、まずは相手の話たい欲求を叶えてあげてください。

一段落したらこちらが話し、遮られたら今話をしていることを伝え、少し静かにしてもらいましょう。

2.せっかちな性格

せっかちな性格の人は、のんびりと他人の長話を聞けるタイプではありません。要点を聞いたと感じたら、すぐに次の議題に移ろうと声を上げます。自分では話を把握したつもりでも、大切なことを聞き逃すことが多いので、同じことを何度も説明してほしいといってくることもあります。

3.相槌が多い

人の話を聞いていない人の中には、とにかく相槌を多く打つ人がいます。相槌が多いと、相手の話を聞いているような雰囲気を醸し出せますが、相手には話を聞いていないのがバレていることがほとんどです。

「今の話についての質問はないですか?」など、適度に質問コーナーなどを挟んで相手が本当に話を聞いているかを見極めてください。

4.人の話に興味がない

自分の興味のない話は聞く価値がないと感じている場合、全く話を聞いておらず右から左に聞き流しているケースもあります。

相手の話そものもに興味を持たないため、話した内容だけでなく、なにについての話し合いだったのかということも頭に残っていないことがあります。

人の話を聞かない人への接し方

考える女性

人の話を聞かない人への対処法は、以下のものが有効です。

  • 結論から伝え、手短に話す
  • 聞き取りやすいよう、ハキハキ話す
  • 要点を書いたメモを渡す
  • 話が聞けるような環境を整える
  • 話したことが伝わっているか、時間を置いて確認する

話を聞いていない人と正面から向かい合って一生懸命話したとしても、話を半分くらいしか聞いてもらえないので心身ともに疲れがたまりやすくなります。疲れ切ってしまわないためにも、一度話したくらいでは伝わらないと最初から割り切って接しましょう。

要点を書いたメモを渡しておけば、お互い同じ話を何度もしなくて済みますよ。頼んだことをやっていない場合は、頃合いを見て再度声掛けをしてください。

まとめ

話を聞かない人は、何度注意しても大きな変化が望めない可能性があります。相手の人柄や特性を把握して、ある程度割り切った付き合い方をする方が心身に負担をかけずに済みますよ。

この記事のタイトルとURLをコピーする
怒った女性

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる